« レコードプレーヤー探訪 SL-2000 | トップページ | 今年もありがとうございました。 »

レコードプレーヤー探訪 FR-D4

SL-2000用の脚を確保するためにサンスイのFR-D4を入手。
ハードオフジャンクで550円。
脚だけ取って捨てるので紹介する気はなかったのですが、
面白いところがあるので紹介。

コンピューターライズド・フル・オートマチック。
フルオート動作をコンピューターで制御しています。
ダストカバーなし。

P179_20211227161001

単なる電子制御をコンピューター制御と言っているのかと思ったら、
本当にマイコンが実装されていました。
マイコンはMB8844。
ネット検索したら富士通のNMOSシングルチップ4ビットマイコンでした。
マイコン実装によりきめ細かい動きの管理と
より安全な動作インターロックが可能になっています。

P192_20211227160701

サンスイロゴはサンスイプレーヤー用にカスタマイズ
されているということを表しているのでしょう。

話は横道にそれますが、
学生時代のマイコンボードを使った機械語プログラミング授業を思い出し、
何とも懐かしい気分です。
ちなみに今はGUIツールでシーケンサ(PLC)のプログラミングをやっていて、
この間30数年の電子技術の進歩は恐るべきものだと感じます。

筐体は薄いプラスチック。
定価37,500円なので、コンピューター制御にお金がかかり、
筐体剛性など物量投入すべき部分はコストカットされています。

P180_20211227161301

脚は底板ではなく筐体の方に取付けられていて、
ある意味ではパイオニアの低重心構造と同じ。
本当のところは低い(薄い)筐体の中に脚を収める工夫。

P181_20211227162401

底板も薄いプラスチックで補強リブも必要最小限。

P182_20211227162401

筐体はお粗末としか言いようがありません。

中身は写真左下のフルオート制御基板が目立ちます。
弱い筐体が割れないよう、電源トランスはブラケットを介して
取付けネジを増やし分散配置して筐体に直取付け。

P183_20211227162701

トーンアームは専用モーターで駆動。
ゴムベルトは溶けて切れていました。
ゴムベルトを新しくすればトーンアームは動くと思います。
アームとメカを切り離す円盤クラッチ機構などがあるので、
意外と複雑な構造になっています。
信号線のシールドカバーも省略してコストカット。

P184_20211227162701

これがコンピューター制御基板。
面積の半分くらいは定電圧電源回路なので、
コンピューター実装の効果により、
トーンアーム制御回路の規模と素子数は少なくなっています。
水晶振動子が実装されていますが、
それはモーター回転制御用ではなくマイコンのクロック用。

P185_20211227162701

モーターは小型で回転制御基板と一体化。
ここもコストカットのしわよせが・・・。

P186_20211227162701

20極30スロットモーターはKP-M350のものと似ていますが、
スロット、マグネット共により小型です。

P187_20211227165001

廉価モーターではありますが、何か気になる存在。
当時サンスイはトリオなどいくつかのメーカーが採用した
20極30スロットモーターでレコードプレーヤーを作っていたみたい。
前に紹介したSR-525もこのバリエーションのように思います。

SR-525のモーター。
コイルの巻き方が少し異なっています。

P193_20211227165801

KP-M350のモーター。

P158_20211227165901

FR-D4のモーターはこんなところまでコストカット。
ローターがはみ出していますw。

P188_20211227170001

プラッターは外周を厚くせず慣性モーメントはそこそこ。

P189_20211227170201

本体他はガレキ処分。
モーターとプラッタで遊んでみました。
トーンアーム制御基板にあった定電圧電源に変えて、
秋月電子の定電圧電源基板で回しています。

P190_20211227170401

プラッターとモータ軸の勘合部分が同じなので、
こんなこともできます。

P191_20211227170801

KP-M350のプラッターと交換できます。
下に行くほど細くなるプラッターはカッコ悪いかな?
気分チェンジにはなるかも。

FR-D4を使う気にはなれないけれど、
色々面白いことが分かりました。

|

« レコードプレーヤー探訪 SL-2000 | トップページ | 今年もありがとうございました。 »

レコードプレーヤー探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レコードプレーヤー探訪 SL-2000 | トップページ | 今年もありがとうございました。 »