« レコードプレーヤー探訪 SL-7D | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

レコードプレーヤー探訪 HT-500

その昔結構人気があったレコードプレーヤーを解剖してみました。
Lo-DのHT-500です。
ハードオフでカートリッジとヘッドシェルがないジャンク品(1,080円)を入手。
その後ヤフオクでカートリッジとヘッドシェル(取扱説明書も)付属のジャンク品を
安く落札して聴けるようにしました。

これはお掃除後の状態でそこそこきれいになりました。


P111

こちらはヤフオク入手のジャンク品で脚が1個不足。
脚はプラスチック製、薄めの底板への取付で高さ調整不可。

P112

フルオート機ですが中はスッキリ整理されています。

P113_2

以前入手したHT-400と比較してみました。左:HT-400、右:HT-500
価格差4,980円以上の差があるように感じます。
HT-500は戦略機で価格以上の物量が投入されていたと考えれば、
HT-400が価格相応なのでしょう。

P114

顕著な差はキャビネットの板厚とモーターの大きさ。
肝心な部分がコストカットされてしまうのが世の現実です。
その他HT-500はプラッターとアームパイプに制振材料を採用しています。

フルオート機構用に専用モーターがあり、合理化されたメカになっています。

P115

モーターがキャビネットの板にしっかり取付けられているのは良いです。
プラッター外周の飾りとモーターカバー部はプラスチック製。

P116

モーターはLo-Dお得意のユニトルクモーター。
軸受けも含めしっかり作られています。

P117

フルオート機構は簡単に取外せて、組立コストの低減ぶりが分かります。

P118_2

アームベース部は価格なりのプラスチック製。

P119

がっかりしたのはトーンアーム。
アームパイプに制振材(V.C.METAL)を使っているのは良いのですが、
アームの回転部分がプラスチック製でした。
こちらは捨てるので一部を折って材質を確認しました。
アームを支える「C」字型の支柱はアルミ製で何とか強度を保っています。

P120

アルミプラッター上部にステンレス盤を貼り、
材質(共振周波数)の違いによる接触面の摩擦を利用して制振しています。
プラッターを叩くと「コツコツ」と鳴るのでアルミだけとの違いは良く分かります。
ユニトルクモーターはトルク変動が少ないので、
外周部を厚くして慣性モーメントを稼ぐようなことはしていません。

P121

フルオート機能は問題なく動作しました。
音楽を楽しむにはこれで十分ではないでしょうか。
私としてはトーンアーム周辺のプラスチック多用が気に入りません。

P122

ハードオフへ持っていったら取説付きということもあり、
そこそこ高値で売れたので元は取れました(笑)。

|
|

« レコードプレーヤー探訪 SL-7D | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/74663413

この記事へのトラックバック一覧です: レコードプレーヤー探訪 HT-500:

« レコードプレーヤー探訪 SL-7D | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »