« レコードプレーヤー探訪 SL-71D | トップページ | レコードプレーヤー探訪 SR-F430 »

レコードプレーヤー探訪 SL-D3

使う気にはならないけれど触れておきたかった
テクニクスのプラスチック製レコードプレーヤー。
ハードオフのジャンク品、SL-D3を入手してみました。
動作するみたいでしたがダストカバーの取付金具がないということで540円!
この値段ならばらして遊んで捨てても惜しくはないでしょう。

ハードオフのジャンクは無造作に積んであるのでダストカバーは傷だらけ。
本体には意外と傷がなく汚れも少なめです。

P162

後ろの両側にある四角い部分にダストカバー取付金具が入っていません。

P163

テクニクス定番のDCモーター。
とにかくたくさん生産してこなれたパーツなので安定性は抜群。
私はこのモーターが結構好きです。

P164

ローターマグネットはプラッター側に取り付け。
外周部の肉厚はそれほど厚くないので慣性質量は少なめです。

P165_2

脚はゴム製で高さ調整はできません。
脚取付ネジは底板の固定ネジも兼ねています。

P166

この底板は厚みがあって重量もあります。
安い割にはなかなか良い配慮です。

P167

本体は薄いプラスチック製でリブで補強しても強度不足は否めません。
振動の吸収特性に優れた音響素材TNRCによる防振構造とのことですが、
私は強度を最優先にする主義なのでプラスチックはどうも・・・。

P168_2

こんな複雑なフルオートメカなのに未だに正常に動く技術は優秀。
モーター軸を下に伸ばしてギヤを介してトーンアーム駆動力を得ています。

P169

ということでフルオートメカが正常動作するのでお掃除しました。
トーンアームにもがたつきはありません。

P170_2

こうして見ると意外と悪くなく、これはこれで良いと思えてきました。
ならばダストカバーを取り付けたいということで、
このレコードプレーヤーを買ったところとは別のハードオフへ。
ちなみに私の家は2件あるハードオフの中間くらいの位置にあります。

ジャンクレコードプレーヤーSL-B303がありました。
ダストカバーの付け根が折れていてベルトがなく動かないもの。324円也。
これなら金具だけ取ってあとは捨てても惜しくないです(笑)。

P171

外観は意外ときれいです。
後ろの両側にダストカバー保持金具が入っています。

P172

この黒い金具がほしかったのです。

P173

一応中身を確認しておきましょう。
底板は薄い板で脚は本当にオマケ程度。

P174

これもフルオートですがDL-D3とは少し異なるメカです。
薄いプラスチックの本体はSL-D3と同材質のもの。

P175

面白い機構がありました。
プラッターに付いている仕掛けなんですけど分かりますか?

P176

本体側はこんなメカ。

P177

プラッターの裏にはこんなメカ。
劣化したゴムベルト(純正品ではなさそう)がプラッターに付着したままです。

P178

ゴムシートには穴が開いています。
どうやらこの爪でレコードのサイズを検出するようです。

P179_2

光で検出する方式は知っていましたが、メカ式があるとは知りませんでした。
高いゴムベルトを買って修理する程のものではないのでこれは捨てました。

無事ダストカバーが取り付けられたので改めて聴いてみました。
音に特に気になるようなところはなく音楽を十分楽しめます。

P180

プラスチック製は主義に反するなんて書いていましたが、
フルオートですし、これはこれで使い心地が良いレコードプレーヤーです。
プラスチック製だからダメというものではないと改心しました(笑)。
これを常用機にしようかとも思いましたが結局リサイクル。

すぐ手が届くところに音楽を置いておきたい私は、
最近こういうオーディオ機器が良いと思えるようになりました。
ただしカートリッジはある程度お金をかけないとダメです。
たくさん聴いてそれは確たるものになっています。

|
|

« レコードプレーヤー探訪 SL-71D | トップページ | レコードプレーヤー探訪 SR-F430 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/73300762

この記事へのトラックバック一覧です: レコードプレーヤー探訪 SL-D3:

« レコードプレーヤー探訪 SL-71D | トップページ | レコードプレーヤー探訪 SR-F430 »