« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

こんなのアリですか?

DD-100のトーンアームを生かせないものかということで無茶しました(笑)。

ハードオフで見て気になっていたレコードプレーヤーを買ってきました。
ベスタクスのPDT-4000、DJ用ターンテーブルです。
ジャンク品で「チェック時回転しました」というもの、1166円也。
お店でターンテーブルを手で回したら、
とにかく回転がスムーズだったので気になっていたのです。
ACサーボモーターだという情報があったので余計気になっていました。

P93

トーンアームの錘がなかったりしてこんな状態なので安いのでしょう。
買って帰って早速回転するか確認。
ACプラグをつないでスイッチを押しても回転しません?
これはゴミをつかまされてしまったかと、修理が面倒・・・。
しばらくがっかりして良くみると、後ろに電源スイッチがあるではありませんか。
スイッチONで無事回転しました。ふぅ~。

クオーツロックをONしておけば回転数を調整する必要はありません。
プラッターの下側にある2本のストロボパターンは33回転用(50Hz、60Hz)。
滑らかな回転はさすがACモーター。
電子ブレーキ付きなので回転は素早く停止します。

モーターの回転数検出機構が上から見えます。
モーターには上蓋がないようです。
ローターを抜くにはこのプラスチック板を剥がすのでしょうか?

P94

裏返すと脚は底板に取付けられています。
取付け位置が左右対称ではなく、重量バランスを考慮しているのは珍しい。

P95_3

底板の厚みはそこそこあってしっかりしています。
最近のレコードプレーヤーDENONのDP-500Mと似た筐体構造です。

P96

マニュアル機なので中身はシンプル。
モーターと回転を制御する基板くらいしかありません。
驚いたのはモーターとトーンアームを厚い鉄板に取付けて一体化してあること。
モーター支点とトーンアーム支点を明確化するメカニカルショート構造です。
DJターンテーブルも侮れませんね~。

P97_2

このモーターが強固でなかなか良いです。
手荒に扱われるDJターンテーブルなのでひ弱なモーターではダメなのでしょう。
電源トランスは筐体に直接ネジ止めされていて振動対策がないようですが、
実はモーターとトーンアームを固定する鉄板の方が、
ゴムを介して筐体に防振取付けされているのです。

P98

この鉄板がなかなかの厚さで頼もしい。
モーター駆動用トランジスタを鉄板に取付けて放熱しています。
トーンアームから出る線はシールドなどなくコネクタ基板に直付け。

P99

トーンアームを取付けているナットを外せばトーンアームは外せます。
外してビックリ! トーンアームは重い金属円柱がベースになっています。
ベスタクスがこんなところにお金をかけていることを知っていましたか?
こういうことが音の良さ(音溝の忠実な音声変換=ハイファイ)につながります。

P100

筐体上部のプラスチック部分はインサイドフォースキャンセラーと、
アームレストだけなのでトーンアームを支えるのとは無関係です。
アームリフターがないのはDJ用だからでしょうしコストカットもあるでしょう。

P101

何っ!この中途半端な穴は。
メカニカルショート構造を生かすには下の鉄板に取付けたいところです。
トーンアームの取付け中心位置はモーター軸中心から215mmです。
DD-100はこの距離が220mmなのであと5mmずらす必要があり、
つまり鉄板の穴も広げなければなりません。

P102

木の部分はカッターで少しずつ切取りました。
鉄板が厚いので穴を広げるのに一苦労。
何とも雑な作業です(笑)。

P103_2

裏からネジ止めするのですが、1カ所鉄板が干渉し上手くナットが締められず。
おかげでトーンアーム取付け位置が少し内側になっています。
面倒なので取り敢えずこのまま。
トーンアームから出る線もノイズ対策などせず放置(笑)。

P104

何とかトーンアームは取付けられたのですが見た目はヒドイものです。

P105

こんなものですがオーディオラックに収めてしばらく使うことにしました。
特に問題なく使え、十分まともで良い音を聴かせてくれます。
モーターやトーンアームがまともな物なので当然でしょう。
それにしてもベスタクスのデザインセンスはダサ過ぎでしょっ!
この日本的な侘び寂び漂うダサさ(笑)はある意味強烈な個性です。

P106

レコードプレーヤーを使用しない時、
ダストカバーはDD-100から外したものを取り敢えず乗せています。
そのうち手ごろな大きさのダストカバーを入手して取付ける予定。

DD-100の筐体及びモーターはガレキとして廃棄してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DD-100その後

トーンアームのがたつきがひどいと思っていたレコードプレーヤーDD-100、
実はそうでないことが分かりました。

DD-100はリサイクルしても大した値がつかなそうなので、
トーンアームでも交換して遊んでみることにしました。
モーターはいまいちなのになぜか廃棄しようと思えないこのレコードプレーヤー。

で、トーンアームをとりあえず外してついでに分解してみると、
何と水平回転部分はワンポイントサポート方式ではありませんか。
この尖がったニードルの上にアーム本体が乗っかっています。

P86_2

乗っかっているだけなのでアームを大きく動かすと外れてがたついてしまうし、
水平回転部の許容される傾きが小さいので少し傾けると当たってしまうのです。
ニードル部分は金属パーツを介して固定されています。
インサイドフォースキャンセラーとアームリフターを取付ける部分はプラスチック。

ニードルを受ける部分がこちら。

P87

この部分はプラスチックだと思ったのですがアルミ削り出しでした。

この裏側のネジを外せばバラせます。
写真は再組付け後のものなのでネジロックが剥がれています。
アームベース部もアルミ削り出しでした。

P88_2

というわけで結構しっかり作られているトーンアームなのでした。
アームコードを再度ハンダ付けしてこのまま使うことにしました。
トーンアームから出ている線が細くて老眼の私には辛い作業です。

P89_2

回転制御回路もちょっと修理。
モーターコイル駆動トランジスタの脚が真っ黒けだったので交換しました。

P90

2SB562Aと2SD468Aが使われています。
両トランジスタともに秋月電子の通販で現行品が買えます。

P91

トランジスタの交換でトルク不足が改善されるかも?
と思ったのですが改善されませんでした。

このトーンアームは高さ調整もできます
なかなか優秀なトーンアームだと思います。
モーターがお粗末なのが残念。

P92

普通に聴けたのはトーンアームに問題がなかったからですね。
改めて聴いて十分音楽は楽しめると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »