« オフセット電圧が調整できないのは意外な理由でした。 | トップページ | DP-1000のお掃除 »

またしても変更(笑)。

なかなか落ち着きません。
私のレコードプレーヤー。
DP-1600の本体にビクターのトーンアームは良いんですけれど・・・。

クォーツロックではないし、ストロボランプは商用電源で点灯しているため、
ストロボパターンが微妙に流れていて、流れが大き目になると気になり、
つい調整したくなり気分的に落ち着かないのです。

そこでこんなものをハードオフで買ってきました。
DENONのDP-1700ジャンク品。

P1

ターンテーブルは動作するということですが、
トーンアームなしなので3240円でした。
ヤフオクで1500円くらいで落札して送料を含めれば同じくらいの金額。

ターンテーブルDP-1000は33回転、45回転共に問題ありませんでした。
でもほしかったのはキャビネットです。
これに今手元にあるDP-2000を載せようという魂胆。
DP-2000はクォーツロックなので安心です。

P2

キャビネットはきれいな部類です。
前オーナーはこれに違うトーンアームを載せていたようで、
アームレスト取付け穴やアームベース取付けの木ネジの跡があります。

P3

積層構造ではありませんがしっかりした作りです。
脚も4つ付いています。
キャビネット構造はDP-790やDP-1600とほぼ同じ。

DP-2000をそのまま載せられると思ったのですが・・・、
何か所かぶつかって収まりません。
ということでキャビネットをノコギリで切ったりカッターで削ったりしました。

P4

違いがわかりますか?
これで搭載可能です。
掃除をしたらかなりきれいになりました。
トーンアームを取付けるへこみ部分をマジックで黒色に塗りました。

ターンテーブルとトーンアームを取付けるとこんな感じになります。
DP-1000とDP-2000の取付けネジ穴位置は共通です。
アームレストの取付け位置は変更しました。

P5

下側から見るとこんな感じになります。

P6

DP-1700の脚は高さが低く、DP-1000より高いDP-2000を載せると
底が着いてしまいます。
なので脚はビクターのレコードプレーヤーから外したものに交換。

DP-1600のウォルナット仕上げよりこちらの白木のほうがカッコイイです!
DP-1700に付いていたダストカバーは傷がひどいので、
DP-1600から外した物をこちらに取付けました。

P7

このDP-2000は電子ブレーキの利きが少し甘く、
たぶん減速方向のサーボが弱いのだろうと思いますが、
回転はきちんとロックするので大きな問題はないでしょう。

ちなみに左側に見えるレコードプレーヤーもDP-2000ですが、
こちらは電子ブレーキがきちんと利く物です。
ただしヤニ汚れがひどく掃除するうちにシルク印刷が全て剥げてしまいました。

これで安心して音楽に浸れます。

P9

DENONのターンテーブルは良いですね~。
今度こそこれで落ち着くか・・・。

いらないDP-1000を掃除してヤフオクでリサイクルすれば、
このキャビネットの元は取れるでしょう。
DP-1600本体もヤフオクでリサイクルします。

|
|

« オフセット電圧が調整できないのは意外な理由でした。 | トップページ | DP-1000のお掃除 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/71348979

この記事へのトラックバック一覧です: またしても変更(笑)。:

« オフセット電圧が調整できないのは意外な理由でした。 | トップページ | DP-1000のお掃除 »