« ジュエルトーンJT-120 | トップページ | スピーカー交換をめぐるドタバタ »

続けて青色カートリッジを入手

まだまだ聴きたいカートリッジはあります。

今度はソニーのXL-30未開封新品を入手しました。

例のサイトで見て聴きたかったものです。

ソニーはXL-15とXL-25Aを聴きましたが上級機の音が気になっていました。

XL-35とXL-45は落札価格が高値推移なので無理。

ならばということでXL-30。

未開封新品で5500円ならお買い得でしょう。

P124

未開封だけあってきれいです。

かなりコンパクトなボディーのローマスカートリッジ。

シールドケース部分が紫色!お洒落です。

スタイラスはもちろん無垢ダイヤ。

P125

薄い角柱ダイヤはオーディオテクニカAT120Eaやオルトフォン520や530似。

アルミテーパードカンチレバーは中にカーボンがクラッドされています。

上位機種のようなテンションワイヤーはありません。

早速聴いてみました。

P126

これは私にとってかなり良い音です。

高音はきれいで良く出るし低音もしっかり出ています。

何より音が元気なところが◎。

ソニーのカートリッジは仕様だと出力が小さいのですが、

これを聴く限りそれはあまり感じられません。

ハイファイでありながら元気がある、私はこういう音が好きです。

正直あまり期待していなかったので嬉しい誤算。

これは手放せない気がします。

|
|

« ジュエルトーンJT-120 | トップページ | スピーカー交換をめぐるドタバタ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

家のシスコンがソニーでした。3ウェイのフロア型スピーカー、カートリッジはたぶんXL15相当だと思います。
大学時代は視聴覚ライブラリーに入り浸り、レコードを聴きまくりました。プレーヤーにはカートリッジがついてなくて、手続きをするとカートリッジを渡され、装着して聴きました。
アームからいちいち外しておく意味合いがわかりません。フルオートのソニーのプレーヤーで、ストレートアームだったはずです。
ソニーのカートリッジ、落札相場が高いですね。
XL30は軽いですが、45とかは重いですね。開発部に派閥があったのしょうか

投稿: サンセバスチャン | 2017年4月30日 (日) 09時00分

サンセバスチャンさん
こんばんは。
大学時代の視聴覚ライブラリー、面白いところがあったんですね。
カートリッジで視聴制限をかける方法、なるほどなあと思います。
そういうものはルーズになりがちですから、大学という場所もあるわけで、理にかなった方法だと私は思います。
ソニーのカートリッジはヤフオクで根強い人気があると思います。
XL-30はXL-□5系列より後に作られたもので、当時の情勢に合わせて軽く作られたのだと思います。
XL-30の下の同形状XL-20は自社のストレートアームレコードプレーヤーに付属していました。
上位のXL-50とXL-70はこれまた当時の流行りのコンコルド系の形状になっていました。

投稿: いっき | 2017年4月30日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/70416812

この記事へのトラックバック一覧です: 続けて青色カートリッジを入手:

« ジュエルトーンJT-120 | トップページ | スピーカー交換をめぐるドタバタ »