« SL-1500を観察 | トップページ | またしてもレコードプレーヤーをゲット! »

EPC-270C-Ⅱの比較試聴

甲府は雪が降ってきました。かなり寒いです。

ダストカバーがほしくて入手したレコードプレーヤーに付いていたカートリッジEPC-270C-Ⅱの比較試聴をしましたので報告します。

いつものように2枚のリー・リトナー『オン・ザ・ライン』(ダイレクトカットディスク)を2台のレコードプレーヤーで同時にかけて、自作フォノイコライザーの入力セレクタで瞬時切替しながら比較する方法です。比較の相手は私のリファレンスZ-1E。レコードプレーヤーはテクニクスSL-1200とデンオンDP-2000モーター/ビクターUA-7045トーンアーム/デンオンDP-77キャビネットです。レコードプレーヤーの音質差は無視できます。

左 : ビクター Z-1E(針:アーピス現行楕円針DT-Z1E)
右 : テクニクスEPC-270C-Ⅱ(針:純正楕円針EPS-270ED)

P104

出力はEPC-270C-Ⅱの方が少し小さいです。音質は両者同傾向というか同じと言って良いと思います。接合ダイヤの粗さ/濁りがあってそれが元気良さに聴こえます。ただし高音の出方はEPC-270C-Ⅱの方がやや控えめなので、Z-1Eの方が鮮やかに聴こえます。高音がやや控えめなのは経年なりの劣化なのではないかと思いますし、シェルリード線がごく普通のものだからかもしれません。松田聖子のサ行は楕円針なので良好。チェックレコードのトレースは標準針圧1.75gで大振幅はやや歪みますが、針圧を上限値2gにすればほぼ問題なくトレースします。

単品売りで\10,000くらいのカートリッジはビクターZ-1E、デンオンDL-108D、ソニーXL-15、そしてテクニクスEPC-270C-Ⅱを聴きましたが音質的には大差ないです。これ以下のプレーヤーに付属したような廉価品MM型(アルミパイプカンチレバーに接合ダイヤ)もたくさん聴きました。PC-200、Z-1S、DL-8、MT-24、・・・、特に音が良いというものはありませんでした。ドングリの背比べです。また古い(新古品も)針は多かれ少なかれ劣化していて、昔の針だから音が良いというわけでもなく、私としてはナガオカ、JICO、A'pisなどの現行針で聴けば良いのではないかと思っています。音質的にはどれでも良くてデザインが気に入ったものを1個か2個持っていれば十分。

注意点としては、このクラス~以下で出力がかなり大きい物の中には、ハイ上がりでやたら元気良く聴こえる物があるので、ハイファイを求める人には不向きだと思います。

私にはお気に入りのZ-1EがあるのでEPC-270C-Ⅱは手元に置いておく必要はないです。どういう音か分かったのでもう十分。なのでリサイクルします。

|
|

« SL-1500を観察 | トップページ | またしてもレコードプレーヤーをゲット! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/69164716

この記事へのトラックバック一覧です: EPC-270C-Ⅱの比較試聴:

« SL-1500を観察 | トップページ | またしてもレコードプレーヤーをゲット! »