« M97xEの比較試聴 | トップページ | やっと手に入れたSL-1200! »

またオルトフォンのカートリッジを落札しちゃいました。

カートリッジが増えすぎて困ったものです。
またオルトフォンのカートリッジを落札してしまいました。
OM30です。
5000円開始の競合者なしで落札。
オルトフォンのMM型は人気がないですね~。

ネットを調べてもいつ頃のものか良く分かりません。
ピンボケ写真、ご容赦願います。

P72

VMS型LM30の後継機のMM型だろうと思います。
”30”という型式なので針はファインライン無垢ダイヤで間違いないでしょう。

P73

薄い無垢ダイヤブロックです。
このスタイラスが廉価品とは一味も二味も違う良い音を聴かせてくれます。
Stylus30は今でも海外で販売されています。

P74

このタイプは本体に錘が埋まっていて重くなっていますがそれでも軽いです。
なので重めのヘッドシェルと組み合わせてちょうど良いです。

比較的新しいのでダンパの劣化も少なく針の性能をきちんと発揮します。
シンバルなど金属を叩く音がきれいに出ます。
ファインライン針の効果でしょう。
良い音でクオリティが高いカートリッジです。

オルトフォンのファインライ針は530MkⅡとOM30の2機種になりました。
どちらも人気がないのでヤフオクで安く入手できてラッキー!

|
|

« M97xEの比較試聴 | トップページ | やっと手に入れたSL-1200! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

LM30はどうもルックスが好きではありません。一時期、あのようなカモノハシスタイルが多かったですが。
じゃあなにがかっこいいんだと言われるのも困りますけど。オルトフォンは純正のシェルが似合うように思います。
シュアーはSMEやヤマハの穴のいっぱい空いたタイプが趣があります。
昨夜はオルトフォンのM15とVMS20を聴き比べましたが、同じようなカートリッジでも出力が違いました。

投稿: サンセバスチャン | 2016年12月16日 (金) 21時15分

サンセバスチャンさん
こんばんは。
私はこのモダンなデザインが結構好きです。
同系統のシュアーMLシリーズも気に入っています。
私は逆にペラペラな強度不足シェルは使う気が起きません。
同じようなものでもコイルの巻き数や磁石の強さが違うので出力は異なって当然でしょう。
いずれにしても楽しみは尽きません。

投稿: いっき | 2016年12月17日 (土) 23時06分

『もう森へなんか行かない』という、とても暗い歌がありまして、これをカートリッジをとっかえひっかえ聴いていました。右側からエレキベース、左側からアコギとヴァイオリンが聞こえます。
いくつか聴いていると、明らかに団子になっているとか、駄目なものがわかりますが、それから後は僅差になります。
雨の日に最初この歌を聴いたときは、何かに取りつかれた気分になりました。
ヘッドシェルの話しですが、樹脂のものもありますね。銀色のものは梨地クローム仕上げがほとんどですが、チタン色もあります。
黒いものは、ブラッククロームがほとんどですが、ペイントがあれば美しいと思います。

投稿: サンセバスチャン | 2016年12月18日 (日) 11時18分

サンセバスチャンさん
こんばんは。
私は同じ曲(歌)を一度に何度も繰り返し聴くのは嫌いなのでそういう視聴方法はしたことがありません。
ジャズレコードで同曲別テイクが並んでいるのも嫌いなのでほとんど聴きません。
暗くても何か嵌る時がありますよね。
樹脂シェルは論外ですね。
振動を忠実に変換するという観点から強度不足は排除しなければなりません。
ヘッドシェルの色は強いて言えば銀色より黒色が好きです。

投稿: いっき | 2016年12月19日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/68803575

この記事へのトラックバック一覧です: またオルトフォンのカートリッジを落札しちゃいました。:

« M97xEの比較試聴 | トップページ | やっと手に入れたSL-1200! »