« DP-2500と戯れる。 | トップページ | DP-2500をオーディオラックの定位置に置きました。 »

DP-2500はなかなか良いです。

「いまいち」と書いたレコードプレーヤーDP-2500ですが、
修理してまともな音が出るようになると、今度は「なかなか良い」になりました。
私のラックのレコードプレーヤー定位置に収まる日は近いかもしれません。

バーがないアームリフターを良く見るとネジ頭が切れていました。
ネジをペンチで回したら簡単に外れました。

P129

アームリフターごと交換しようと考えていましたが、
DENONのジャンクレコードプレーヤーからバーだけ外してこちらに取付けも可能。

もう一つの不具合。
インシュレーターのゴム劣化。
お椀をひっくり返した形のゴムカップでインシュレーションしています。
ゴムがへたって簡単に中央が沈んでしまいます。

P130

2個はまだ硬度がそこそこあり、2個はかなり軟化してしまっています。
モーターが付いた重い側のインシュレーターの劣化が進んでいます。

ヤフオクで別のレコードプレーヤーのインシュレーターをゲット。
ネジサイズは同じだと思いますが外径は微妙な感じ。
はてさてDP-2500に上手く取付けられるでしょうか?

以前入手したDP-2800の場合は大理石キャビネットで重かったため、
へたったのは当然と思いますが、それほど重くないDP-2500でダメとなると、
DENONのこの構造のインシュレーターは多かれ少なかれ劣化しているでしょう。

なくなっていたプラスチッククリーナーが届いたのでダストカバーを磨きました。
透明度は確保できましたが深い傷がいくつかあって、
プラスチッククリーナーで表面を研磨したくらいではとれません。

P131

でもここまできれいになれば私は十分。
透明ではなくグレイスモーク色なのでシックな感じです。

がたつきをなくしたトーンアームは、
VMS20E MkⅡの1g針圧で少し波打ったレコードを問題なくトレースさせます。
このくらいの感度が確保できていれば良いと思います。

P132

修理していくうちにDP-2500がかなり気に入ってきました。
しかし定位置に収めるのはもう少し修理してからです。

|
|

« DP-2500と戯れる。 | トップページ | DP-2500をオーディオラックの定位置に置きました。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/65149088

この記事へのトラックバック一覧です: DP-2500はなかなか良いです。:

« DP-2500と戯れる。 | トップページ | DP-2500をオーディオラックの定位置に置きました。 »