« お久しぶりでございます(笑)。 | トップページ | PL-380Aの2台目 »

DAコンバータを変更しました。

行ったり来たり。3歩進んで2歩下がる。みたいな(笑)。一筋縄では行かないのが私のデジタルオーディオ。DAコンバータはティアックUD-301で決まり。みたいなことを言ってましたよね。それなのにオンキョーDAC-1000に戻してしまうという。ちゃらんぽらんな私です。

UD-301はDSD音源が聴けるというのが売りなのですが、結局私はDSD音源を聴かずじまい。聴きたいという欲求が湧かなかったのです。実はハイレゾ音源すら増えていません。そこまでお金を払って聴く価値を私は見い出せていません。これはもうスタンスの問題。私がDAコンバータに求めているのは、リッピングした約1100枚のCD音源を気軽に良い音で聴けることです。

てなわけでDAC-1000。DAC-1000の方が物量は投入されています。私には不要なヘッドホンアンプが無くなって気分スッキリ。見た目の高級感もこちらが上。パソコン周辺機器的なUD-301よりオーディオ機器の匂いがするDAC-1000の方が私は好きです。

P58
ティアックCD-H750の上に乗せるとギリギリでラックに入ります。DAC-1000は主張が少ないシンプルなデザインなので、どんなCDプレーヤーと組み合わせても余り違和感がありません。

2度目の入手なのにもかかわらず、ドライバーのダウンロードに少し戸惑ってしまいました。なまじ慣れてしまったことで適当にやったのがその原因。まあ無事ドライバーはインストールできました。今回ドライバー側の設定は分かっていたので、24ビット192KHz再生はすぐにできました。

まずは音楽プレーヤーfoobar2000で再生。きれいで素直な音がするのですがちょっと軽いんですよね。ならばということで、UD-301の時に常用していたTEAC HR Audio Playerが使えると思ったのですが、オンキョーだと使えないんですね。残念。さてどうしたものか。以前音が気に入って使ったコルグのAudioGateは有料になりかなり高額です。

こういう時はネット検索ですよね。無料で高音質の音楽プレーヤー。いくつか検索して面白いものがありました。PlayPcmWin。メモリー上にPCMデータを配置してから再生するというものです。技術的な能書きは色々ありますがここでは説明しません。

P59

いやはや良い音ですね!! 高音はきれいだし低音がしっかり出るし中音に色艶があります。これで十分。私は音楽ファイルを開いて再生するだけなので特に難しいところはありません。再生する前にメモリーへ配置するのに少し時間がかかりますが、私の場合はアルバム聴きなのでアルバムを変える時だけの手間となり、どうということはありません。PCオーディオでは音楽プレーヤーが音質的に重要なので注意しましょう。

実はUD-301の時に時々発生していた最初にPCに接続した時に起こる音歪(UD-301の電源OFF/ONで治る)がDAC-1000では発生しないので安心です。またPCが省電力モードになる(画面のバックライトが消える)時の一瞬の音途切れが発生しないのも精神衛生上良いです。

ということで私はDAC-1000に交換して気分は上々です。これ以上いらないです。CDプレーヤー(トランスポートとして活用)も今となっては特に必要ではありませんが、CDを入れてサクッと鳴らすには便利なので残しておきます。

|
|

« お久しぶりでございます(笑)。 | トップページ | PL-380Aの2台目 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/63608140

この記事へのトラックバック一覧です: DAコンバータを変更しました。:

« お久しぶりでございます(笑)。 | トップページ | PL-380Aの2台目 »