« ピカソ展を見てきました。 | トップページ | なかなか良い物をゲットできました。 »

またしても入手してしまいました。

最近落札したいリーズナブルなカートリッジがヤフオクに出ないのでうずうずしていました。そんな中、ついうっかり落札してしまったのが今回のAT15Ea/Gです。以前入手して音が分かったので手放したんですけどね。実はこのAT15Ea、ヤフオクで入手して聴いて手放すということを既に3回も繰り返しています。今回4度目の入手です。何やってんでしょうね(笑)。送料も含めて3800円だったのでかなりお得感ありです。

P16

経年なりの汚れはありますがまあこんなものでしょう。スタイラスは問題なくカンチレバーに変形はありません。少し慣らし運転した後でいつもの比較試聴をしてみました。一度やっているのですが再確認です。

2枚のリー・リトナー『オン・ザ・ライン』(ダイレクトカットディスク)を2台のレコードプレーヤーで同時にかけて、自作フォノイコライザーの入力セレクタで瞬時切替試聴。比較の相手はリファレンスZ-1E。

左 : ビクター Z-1E(針:アーピス現行楕円針DT-Z1E)
右 : オーディオテクニカ AT15Ea(針:純正楕円針ATN15Ea)

P17

出力はAT15Eaの方が少し小さいです。AT15Eaの高音は無垢ダイヤならではのきめ細かさがあり、Z-1Eと比べると少し控えめに鳴ります。低音はZ-1Eより多めに感じられますがどっしりするほどではなく、安定感のある感じに鳴ります。前回はもう少し高音がシャキッとしてほしいように思ったのですが、今回聴くとこれで十分な気がします。前回はちょっと高音寄りを好んでいたのかもしれません。松田聖子のサ行は良好でチェックレコードのトレースは問題ありません。

接合ダイヤのカートリッジと比べるとさすがにハイファイで品位は上がります。それでいてそこそこ元気があるのでこれはこれで良い音だと私は思います。今度ばかりはしばらく持っていようかと思いつつあります。一時期は高値傾向にあったAT15Eaですけれど、最近は価格が落ち着いているように思うので、入手したい人は今が狙い目かもしれません。シェルリード線も交換せずオリジナルの形態で聴いていこうと思っています。

P18
AT15Eaはキャッチーなところはないけれど、バランスがとれた日本製らしい良いカートリッジだと思います。

この他に未開封のソニーXL-15とず~っと聴きたかったオルトフォンのVMS20EMkⅡを入手したので追って報告します。乞うご期待!

|
|

« ピカソ展を見てきました。 | トップページ | なかなか良い物をゲットできました。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、不知火もなれでございます。

「AT15Ea」、いいですね~。私の主力カートリッジだったりします(ぉ)
個人的な基準機はMM系はこれ、MCは「DL-103」じゃないかと思ってますw

ヘッドシェルを「JELCO」の2ピンロックタイプにして、シェルリードも自作単線に変えるなど、いろいろとかわいがっていますw

確かに同社の「AT100」シリーズに比べれば高域は大人しめですが、おっしゃるっとおりバランスの良いカートリッジだと思います。

跳ね上げ式のスタイラスガードを取っ払い、はめ込み式のスタイラスノブを本体と密着させると、更にいい感じに鳴ってくれますw

投稿: 不知火もなれ | 2015年9月28日 (月) 16時56分

不知火もなれさん
こんばんは。
「AT15Ea」は良いカートリッジですよね。
そう言っている割には何度も手放していますが(笑)。
私も一時期は「AT15Ea」と「DL-103」を使っていたことがありました。
当時は現行スタンダード機という思いで使っていました。
そこまで愛情を込めて使っていらっしゃるなら良い音で鳴っていることでしょう。
私はどうも最近薄情なのでそれなりに鳴ってくれている感じです。

投稿: いっき | 2015年9月28日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/61796345

この記事へのトラックバック一覧です: またしても入手してしまいました。:

« ピカソ展を見てきました。 | トップページ | なかなか良い物をゲットできました。 »