« ゴールデンウィークの昇仙峡へ行ってきました。 | トップページ | この手のカートリッジはもういらないはずなのに・・・。 »

《天使の絵の具》再び

以前ブログにコメントをいただいて思い出した《天使の絵の具》。
この曲のせつね~メロディーが好きです。

YouTubeにTV番組で飯島真理が歌うバージョンがありました。1982年か?
《天使の絵の具》はアニメ「超時空要塞マクロス」のエンディング曲。
飯島真理はマクロスのリン・ミンメイ役の声優もしていました。

アイドルしてますね~。たまに音程が微妙に怪しいような?
国立音大出(ピアノ科)です。

こちらは1997年、マクロス放送15周年バージョン。

テンポを少し落として大人っぽくなっています。
ギター中心のロックっぽいアレンジになっていますね。
サビの途中に入る東洋風メロディーのピアノがいい味を出してると思います。
旦那のアレンジか? 旦那はアメリカ人で2人はロス在住。

オリジナルバージョンは清水信之の80年代”チャラチャラ”シンセアレンジ。
私はあの頃の”チャラチャラ”シンセが好きです(笑)。
ちなみに清水信之は平松愛理と結婚して今は離婚しています。

こちらはライブの模様。
歌う前のトークがいかにもアニメアイドルです。
当時のアイドルライブの典型。

この歌《まりん》も好きです。
イントロのシンセフレーズは松田聖子《夏の扉》のイントロに似ています。
こちらも80年代”チャラチャラ”シンセが活躍。

「泣き虫 毛虫 はさんで捨てた いじけ虫ともさようなら」
このフレーズが耳にこびり付いています。
私の場合上記の頃から数年後にレンタルCDをカセットにダビングして
カーオーディオでよく聴きました。

で、時代変わって2008年。
その後のマクロスヒロイン中島愛で《星間飛行》。
この曲については何度も書いていますのでもう書きません。

このライブの雰囲気が上の飯島真理のライブとクリソツ。
このような文化は80年頃に確立していたというのを実感します。
私のようなアラフィフ世代は懐かしい青春とオーバラップするはず。

80年代と言えば、
”オールナイトフジ”などにより女子大生が注目されるようになった頃。
飯島真理もデビュー当時は女子大生でした。
その妹分的な女子高生の”おニャン子クラブ”なんてのもありました。
ご存知のように”おニャン子クラブ”は”AKB48”の元ネタです。

それから80年頃というのは、ウォークマン、レンタルレコードの登場を機に、
音楽を携帯し、レコード/CDを買わない文化が世の中にもたらされた頃です。
その後音楽のB.G.M.化が進みレコードを聴く時代から活用する時代になります。
私がフュージョンという言葉を否定的に使う時はそういう音楽を指します。
家庭用テレビゲーム機が登場したのもこの頃。
テクノポップ(打込み音楽)が最初に流行ったのもこの頃。

(注)
その数年前からその頃まで
”FMエアチェック”というのが若者の間に流行っていました。
それはFMラジオ番組(音楽番組)をカセットテープに録音することで、
つまり音楽を無料で手に入れる行為です。
それは今ネットから音楽を無料でダウンロードするという行為と同等の発想。
この手の文化もその頃生まれていたのです。

私が就職して社会人になった86年頃、
私達が”新人類”と言われたことは何度か書きました。
ウィキペディアによるとその”新人類”として、
芸能界では泉麻人、秋元康、石橋貴明、松田聖子、小泉今日子などを例示。
”おたく”と最初に呼ばれたのも私達の世代です。
ウィキペディアによると”新人類”≒”おたく”なんて意見もあります。

80年頃は人々の中に大きな意識変化があったのだと思います。
今の若者文化はあの頃の意識変化の延長線上に位置するものと考えます。
今「変わった変わった」と言われることも、
私に言わせれば80年頃に起こった変化に比べれば小さいように思えます。
とは言いながら、SNSの存在は大きな違いだと思います。
ここ数年言われる80年代リバイバルについては「何を今更」という感じ。

それから、アラフィフ世代を更に上の世代と一緒にオジサンとして括り、
古い世代には若い世代の考えが分からないと言われると、
私は「それは違うなあ」と思えてなりません。
だってその若者達は”新人類”の2世だったりするのですから。

ウィキペディアによると”新人類”の親とその子供は
親子の葛藤が少なく親子間の文化の壁が小さいのだそうで、
”友達親子”(一卵性母娘)型家族が増えた世代とも書いてあります。
つまり私達は若者の考えが意外と分かっているのではないかということです。
そう言えば中島愛が”新人類”2世ですね。
それからNHK朝ドラ「あまちゃん」では新人類母とその子供を描いていました。

ちなみに私は飯島真理と同じ1963年生まれです。
ジャズサックス奏者の菊地成孔も1963年生まれ。
お笑いのダウン・タウンの2人も1963年生まれ。
DJのジャイルス・ピーターソンは一つ下の1964年生まれ。
《星間飛行》を作曲した菅野よう子も一つ下の1964年生まれ。
それまでと違った感覚を保有する世代だと思うのは私だけでしょうか?

最後に、「起動戦士ガンダム」に登場する”ニュータイプ”は正に私達です(笑)。

話がとんでもない方向に行ってしまいましたね。
まあそんなことを普段考えていたりするのです。

|
|

« ゴールデンウィークの昇仙峡へ行ってきました。 | トップページ | この手のカートリッジはもういらないはずなのに・・・。 »

J-POP」カテゴリの記事

コメント

いっきさんこんばんは。

天使の絵の具といえば、「天使の絵の具2012」はご覧になりましたか?

https://www.youtube.com/watch?v=8wS4hXhI5nA

当時のマクロスフリークからしてみれば、めちゃ感動な映像ですよ。

マクロス後日談というべきか。

おばちゃん(?)になったミンメイ。

移民船団の艦長となった早瀬美沙。

彼女を護衛する、渋い大人になった一条クン。

カッコ良過ぎです、みなさん。

飯島真理は、私はマクロス声優時代からのファンで、さらに、ファーストアルバムが坂本龍一がプロデュースということで、アルバムは予約して買いました。

《まりん》も好きでしたね。

♪いじけむしともさようなら

の後にはいるオブリガート的なシンセの3音に坂本臭を猛烈に感じてイカしたアレンジだと思ってました。

でも、ファーストアルバムは聴き込んでいるうちに、4曲目の《ラヴ・シック》がベストかな、と思うようになってきて。

この曲は、彼女が教授(坂本氏)にデモンストレーションする際に、ピアノで弾き語りで聴かせたという曲だそうなのですが、これを聴いた教授が髪をかきあげながら(いつもの癖ですね)、「わっかんねーなぁ」と言ったという、イワクつきの曲なのだそうです。

この「わっかんねーな」は、好意的な受け止め方だったのではないかということは、気合いのはいったアレンジでも感じ取ることができますね。イントロのストリングス風の音色のアレンジや、坂本風としか言いようのない、歌のブレスに挿入される数音の「間の手」的メロディ。
地味ですが、そうとう練り上げられたアレンジだと思います。

高校生になった私は、飯島真理のイベントやコンサートに何度か足を運びましたが、音楽や、歌や、歌声は好きなのですが、実際に「生」の彼女の姿や言動、立ち居振る舞いを間近に見ていると、人間的にはあまり好きなタイプではないなーということを痛感しました。

もちろん、音楽は大好きで今でもよく聴くし、ミュージシャンとしてはファンなのことには変わりないのですが、MCなど、音楽以外においての彼女の姿、態度が、なんというか、あまり好きにはなれそうもありませんでした。こういう細かなところに人間性ってモロ出ちゃうんだなぁという場面を何度も目の当たりにしたというか。詳しく書くと悪口になってしまうので割愛しますが、まあ、一言でいえば「持ち上げられ」過ぎてしまったんでしょうね。


>親子の葛藤が少なく親子間の文化の壁が小さいのだそうで
あ、これは言えてると思います。
さきほどまで、居酒屋で息子と飯を食って語り合っていたのですが(もちろん息子はノンアルコール)、映画から音楽からドラマから恋愛に関して、息子と話し込んでいました。
こういう日が週に3日ぐらいのペースであるのですが、まあ、なんというか友達感覚ですね。

息子は最近、「モテ期」らしく、外国人の彼女をふくめ、複数の女の子と楽しい交流があるようなのですが、恋愛とかセックスの話まえ、親子ともども赤裸裸に話しまくってますから、「友達親子」の最たるものなんじゃないかと思っています。

「あまちゃん」親子は、まだ親子親子というか、主従関係が明確なような気がしますが、でも見ていて微笑ましかった、というか、小泉今日子がカッコよ過ぎでしたね(笑)。

いっきさんと飯島真理や菊地成孔が同い年だというのも、なんとなく納得。

年下の私から見ると、なんとなく同じような匂いというか、失礼かもしれませんが、天然ではない「努力トンガリチック」なテイストが、ほのかに見え隠れしているような気がするのです。

あ、べつに悪い意味ではありませんので、お気を悪くされたらゴメンナサイ。

今上映中の『イニシエーションラブ』の主人公たちも、たぶん同世代の人たちですよね。

投稿: | 2015年6月12日 (金) 01時03分

雲さん
こんばんは。
お久しぶりです。
そして長文に感謝です。
「天使の絵の具2012」はブログにUPした動画をサーフィンする中で見ています。
残念ながらマクロスフリークではない私にはそこまでの感動はありませんでした。
私が一番ときめいたのは巨大移民船のメカデザインです。
メカ好きには何ともそそるものがあります。
坂本龍一好きの雲さんの飯島真理の音楽評はなるほどなあと思います。
ぶっちゃけると私は飯島真理の容姿や立ち居振る舞いなどかなり苦手です。
声や歌い方もどちらかというと苦手です。
私は当時、小泉今日子が好きでした。
部屋にポスターを貼った最初で最後のアイドルがキョンキョン(笑)。
「あまちゃん」は、もし小泉今日子のような人と結婚していたら今頃こんな感じに尻にしかれていたかもと思って見ていました。
雲さんと息子さんの友達親子っぷりはよく分かります。
私達の世代の先に位置する典型と思っています。
「努力トンガリ」の「努力」は昭和育ちの証しです(笑)。
何しろ子供の頃は「努力と根性」は当たり前として育てられましたから。
それに嫌気がさしたのが「新人類」ですが、それでも子供の頃に聞かされた「努力と根性」が染みついてしまっているのです。
「イニシエーションラブ」は初めて聞いたのでググって見ましたがどうやら同世代のようです。
色々面白いですね。

投稿: いっき | 2015年6月12日 (金) 23時17分

いっきさん

こんばんは。
お返事ありがとうございました。

>「天使の絵の具2012」はブログにUPした動画をサーフィンする中で見ています。
>残念ながらマクロスフリークではない私にはそこまでの感動はありませんでした。

あらら、そうでございましたか。
微妙にツボが違ったようですね。

>私が一番ときめいたのは巨大移民船のメカデザインです。

ああ、あの生物的な曲線がなんとも、なんともですね。


>ぶっちゃけると私は飯島真理の容姿や立ち居振る舞いなどかなり苦手です。

やはり、そうでしたか。
今のアイドルでいえば、AKB(HKT)の指原莉乃に通じるフテブテシサに近いものを感じましたね。

そういえば、ふたりとも、ぷっくら頬が共通点かもw

>私は当時、小泉今日子が好きでした。
>部屋にポスターを貼った最初で最後のアイドルがキョンキョン(笑)。

ほおほお、そうだったんですか。

私は、デビューしたての頃のキョンキョンは、キッチュ過ぎてあまり注目していなかったんですが、髪をショートカットにして(事務所に断りなく勝手に切っちゃったみたいですね)、『宝島』に取り上げられた頃から、ほおほお、ニューウェーヴな宝島が注目するんだから、じつはスゴい人なのかもしれない、などと思うようになりました。

でも、当時(今でも)大好きな純ちゃん(戸川純)を擁していた雑誌のムードとは、ちょっと一線を画するかな?とじゃっかん違和感も感じましたが、とにもかくにも、今も昔も笑顔がステキな方ですよね。

でも、私は笑顔(=陽、健康的)の小泉今日子よりも、ほの暗いムードの中森明菜が好きでした、そういえば。

彼女も、デビューの頃はあまり注目していなかったんですが、アルバム『不思議』と『クリムゾン』で完全にやられてしまいました。

私の中では、マイルスでいえば、この2枚は『ビッチェズ・ブリュー』と『ジャック・ジョンソン』のようなもんですね(謎)。


>「あまちゃん」は、もし小泉今日子のような人と結婚していたら今頃こんな感じに尻にしかれていたかもと思って見ていました。

わっはっはっは。想像すると絵が浮かびまくりです。

なにせ、沢尻会や長澤会、(神田)うの会をぶっ潰して、今や女優の飲み会連合の頂点に位置する「小泉会」のテッペンのお方ですからね(ちなみに、幹部は米倉涼子とのこと)。

飲酒量もハンパではないようです。


>「努力トンガリ」の「努力」は昭和育ちの証しです(笑)。
>何しろ子供の頃は「努力と根性」は当たり前として育てられましたから。

そうですね、私らの世代も、まだその風潮は受け継いでおりまする。
しかし、私と同年生まれの方々には、いっきさんと同世代の方々ほど突出した人がいないのですよ。

あ、いたか。
ブル中野、長山洋子、相楽晴子、小川直也、 菊池桃子、濱田マリは同学年ですが、うーん微妙(笑)。

私、自分が努力するのは嫌いなんですが、人の努力する姿を見るのは、わりと好きです。
巨人の星やあしたのジョーは暑苦し過ぎて、好きになったことは一度もないのですが、ちばあきおの『キャプテン』なんかにはグッときましたね。

ジャズだと、ロリンズの「橋」や、パーカーの「山籠もり」のエピソードなんかも好きです。コルトレーンにいたっては、音そのものが努力のエピソードそのまんまですもんね。だから鬱陶しいと感じつつも惹かれるものがあるのかも。

>「イニシエーションラブ」は初めて聞いたのでググって見ましたがどうやら同世代のようです。
やっぱりそうでしたか。
松田翔太が、もういっきさんになっているのかと思うと、ちょっと感慨深いものがあります。

あの時代を強引に一言にしてしまうと、私にとっては「カセットテープの時代」です。
カセットテープに音楽を編集して録音していたあの頃が懐かしく、次から次へと新しいことが毎日生み出されているようなワクワク感があって非常に楽しい時代でした。

そういえば、先日、カセットプレイヤーがついに壊れてしまって、何百本もあるカセットがついに再生することができなくなってしまいました……。

投稿: | 2015年7月 6日 (月) 01時20分

雲さん
こんばんは。
今度は長いご返事ありがとうございます。
かいつまんで。
サッシーはそれほど嫌いではないです。
飯島真理を苦手だと感じるのは、私にとって元AKBの前田敦子を苦手と感じるのに近いような気がします。
分かってもらえないと思いますが・・・。
女性としての色気の出し方がソーマッチといいますか・・・。
私にとって中森明菜もそっちの部類。
私はサッパリした人の方が好きです。
小泉今日子については雲さんが言う「笑顔(=陽、健康的)」が正に好きな理由です。
母親が病気がちでありながら明るかったので、そういう女性に惹かれたのでしょう。
マザコンが入っていると思います(笑)。
なお私はどうやら妹キャラ(実際は兄ですが)らしいので、小泉今日子に尻にしかれるのは大歓迎です(笑)。
雲さんがあげた同世代、微妙というか中途半端というか。失礼。
「巨人の星」と「あしたのジョー」はTVマンガ(当時アニメと言わなかった)をよく見ていました。
スポ根ですよね。「アタックNo.1」とかもありました。
カセットテープの時代ですか。
なるほどそういう括り方もありですね。
カセットプレーヤー、まだ新品売っていますよ。
ちなみに私は努力していることを人に見られることをカッコ悪いとは思っていません。

投稿: いっき | 2015年7月 7日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/59903137

この記事へのトラックバック一覧です: 《天使の絵の具》再び:

« ゴールデンウィークの昇仙峡へ行ってきました。 | トップページ | この手のカートリッジはもういらないはずなのに・・・。 »