« C-210Mを入手してみたのですが・・・。 | トップページ | こんなものを落札してしまいました。 »

今手元にあるカートリッジはこの4個

最初にちょっと雑談。NHKニュースウォッチ9のキャスターが今期から変わってしまいました。お気に入りの井上あさひアナが交代。独特のキャラが大好きだったんですけどね。がっかりです(涙)。

さて本題。手元にあるカートリッジは相変わらず流動しています。前回の報告から半数をチェンジ。ということで今は以下の4つ。

P100

写真左から
1.オーレックス C-500M (針:オーレックス N-550Ⅱ 無垢特殊楕円)
2.ビクター Z-1E (針:アーピス DT-Z1E 接合楕円)
3.ヤマハ CG-6500 (針:JICO 88-100Q 接合シバタ)
4.オルト ORT-1D (現在針なし、PH針A-1PHを入手する予定)

今回は高価格のナガオカMP-150とオーディオテクニカAT150MLXを手放してしまいました。ハイファイ寄りの音質に振れつつあった私の好みが元の廉価品の音質に戻されたからです。手放した具体的な理由は以下のとおり。

MP-150は元気が良くて解像度も高めなのですが、高音寄りのバランスが気に入らなくなってしまいました。比較試聴をしたらオーディオテクニカのAT150Eに似たような帯域バランスでした。それ故宣伝文句の「広帯域のパワフルサウンド」なのです。まあそれでもAT150Eよりは耳障りな感じはなく色気があったので持っていたのですが・・・。とうとう手放すことに。ついでに交換針JN-P110も処分。

AT150MLX(本体はAT150E)はオーディオテクニカ現行MM型最上位機種だけあって、無駄な音が出ないモニター調の高解像度な鳴り方は気に入りました。でも普段聴くのには他のカートリッジになってしまうので、音が分かったからもういいかなということで手放しました。滞在期間3ヵ月。値上がり後の今なら高値で落札されるという魂胆もありました(笑)。結果は目論見どおり。m(_ _)m

オルトフォンのOmegaは出力低めでトレース性能少々不満ということで放出。私はこの手の仕様のカートリッジはZ-1Eがあればいいです。他にSV-40X、C-280M、C-210M(針はウルトラEX)、AT10G互換針が手元を過ぎて行きました。魅力不足ですね。

ハイファイ系はC-550Ⅱ(相当)だけになってしまいました。帯域バランスが程よく、適度にハイファイで適度にメリハリがあり、自然な音が気に入っています。私が好む中庸の魅力を備えたカートリッジで聴いていて安心感があります。なお他のカートリッジで東芝/ナガオカのウルトラC/EX針を聴きましたが、それほど魅力的な針ではないことが分かりました。このカートリッジは無垢ダイヤ針N-550Ⅱでないとだめでしょうね。

Z-1Eは接合ダイヤにアルミパイプカンチレバーの明るく元気な音が気に入っています。CG-6500(接合ダイヤシバタ針)は中低音がしっかりしたザックリ系の音でありながら、トレース性能が良いところが気に入っています。普段聴くにはこれら2個を気分次第で使い分ければ十分。ORT-1Dは現行唯一のPH針(A-1PH)が使えるカートリッジとして持っていようと思っています。

今後の展開として、テクニクスの205ファミリーのどれかが聴いてみたいのですが、ヤフオクで高値が続いているので入手する気が起きません。中古品にそこまで出す価値はないと思っています。後はオルトフォンの2M Blueが聴いてみたいです。ヤフオクで手頃な価格の物が出るのを待っています。

オルトフォンVMS-20EmkⅡ、エンパイア4000D/系も改めて聴きたいのですが、ヤフオクでは訳が分からない高値が続き落札する気が起きません。そんなに良い物なのでしょうか?まあ単に名前だけで高値なのです。音質が分かって聴いている人はほとんどいませんから(笑)。良く聴こえるのは先入観。カモメマークのM44(本体)と同じことです。

|
|

« C-210Mを入手してみたのですが・・・。 | トップページ | こんなものを落札してしまいました。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/59476241

この記事へのトラックバック一覧です: 今手元にあるカートリッジはこの4個:

« C-210Mを入手してみたのですが・・・。 | トップページ | こんなものを落札してしまいました。 »