« こんなものを格安ゲット | トップページ | 予告編 ゲットしてしまいました。 »

シュアーM44-7は良いカートリッジです。

レコードプレーヤーXL-500ⅡについていたシュアーM44-7の比較試聴をしました。2枚のリー・リトナー『オン・ザ・ライン』(ダイレクトカットディスク)を2台のレコードプレーヤーで同時にかけて、自作フォノイコライザーの入力セレクタで瞬時切替試聴。比較の相手はリファレンスZ-1E。

左 : ビクター Z-1E(針:アーピス現行楕円針DT-Z1E)
右 : シュアー M44-7(針:純正現行丸針N44-7)

P201

出力はM44-7の方が当然大きいです。Z-1EとM44-7の音質は良く似ていて、明るく元気でカラッとした音。帯域バランスは僅かに異なり、M44-7の方が丸針故に少し高音が弱く、そのため低音寄りの音に聴こえます。M44-7は高出力カートリッジにありがちなハイ上がりにならないところが良いです。細かいことが気にならず聴いていて楽しくなる音です。私はこういう音が好き。

これまでこのクラスの国産カートリッジをたくさん聴きましたが、新古針や中古針だとなぜかこういう音にならず、どこか明るさや楽しさに欠ける音になりがちでした。少し前にZ-1Eのサウンド・ジュエル新古針を聴いて、アーピス現行針のように鳴らないことも書きました。まただいぶ前にZ-1S(JICO現行丸針)とM44G現行品の音質の共通性についても書きました。今頃になってやっと現行針のありがたさが分かった気がします。

松田聖子のサ行はほぼザラつかず、チェックレコードのトレースは問題ありません。音質傾向はM44Gとほとんど変わらずに、サ行の歪があまり気にならないのは私にとって朗報。ちなみに針圧は2.5gに設定しています。針圧範囲は1.5~3gなので高めに設定しました。

M44Gでサ行の歪が気になるからと、針圧を上限以上に設定するという話もありますが、それなら初めからM44-7にすれば良いのではないかと思います。私にはスタイラス径0.6milと0.7milの音質上の違いがよく分かりません。丸針なので針圧高めでも音溝を痛めることはほとんどないでしょう。デノンDL-103の針圧も2.5gです。これくらいかけたほうがトレースは安定し、かえって音溝は傷めません。

ということで、M44Gは普通のリスニング用に使えるけれどM44-7はDJ用という、私の勝手なイメージは払拭されました。M44-7は普通のリスニングにも好ましい音です。接合ダイヤにアルミパイプカンチレバーのMM型カートリッジの定番としての良さがあると思います。ただし繊細でハイファイな音ではありませんし、音に情緒を求める方にも向きませんので、そのあたりは了解願います。

P202

シュアーM44-7は楽しく音楽を聴くのに良いカートリッジだと思います。

|
|

« こんなものを格安ゲット | トップページ | 予告編 ゲットしてしまいました。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/59715175

この記事へのトラックバック一覧です: シュアーM44-7は良いカートリッジです。:

« こんなものを格安ゲット | トップページ | 予告編 ゲットしてしまいました。 »