« オーディオテクニカAT150Eの比較試聴 | トップページ | ヤフオクを利用するには物を見る目が必要です。 »

私のプア(貧乏)オーディオの現状

ジャズ新譜紹介を書く気にならず困ったものです。相変わらずジャズは聴いていますよ。嫌いになったわけではありません。ただしカートリッジの音を聴きたいからレコードを聴くことになり、CD(ジャズ新譜)を聴く頻度が落ちていることは確かです。

今日もオーディオ話になってしまいます。私のプア(貧乏)オーディオの現状を紹介しておきます。こんな安いオーディオ装置でオーディオを語っているので、私が書いていることは適当に読み流していただければ幸いです。

P182

レコードプレーヤー: パイオニア PL-380×2台 ヤフオク入手メンテ
カートリッジ: Z-1E、MP-150、F-8L、C-550Ⅱ、M95HE、AT150E ヤフオク入手
ディスクスタビライザー: オーディオテクニカ AT-618、MB RECORD-PUCK
フォノイコライザー: 自作(真空管式)
プリアンプ: 自作(FET式)
ヘッドホンアンプ: 自作(FET/TR式)
チュナー: ケンウッド KT-1010F ヤフオク入手
CDプレーヤー: ティアック CD-H750 新品購入
カセットデッキ: ソニー TC-RX711 ヤフオク入手
パワーアンプ(使用): オンキョー A-705DC(パワーアンプ部) ヤフオク入手メンテ
パワーアンプ(予備): ビクター JA-S75(パワーアンプ部) ヤフオク入手メンテ改造
スピーカー: ダイヤトーン DS-200Z ヤフオク入手メンテ
ヘッドホン: AKG K501 新品購入
RCAコード: オーディオクエスト、オヤイデ、パイオニア
スピーカーコード: S/A LAB SP-2020A
電源コード: S/A LAB自作、ベルデン自作、オヤイデ
スピーカースタンド: タオック SST-40H(鋳鉄製)
オーディオラック: ターゲットオーディオ AERⅡ-4T

・ヤフオク入手品は全て1万円以下。
・ヤフオク入手品で機能に問題があったものは自分でメンテナンスしました。
・機器のメーカーは全て異なっています。メーカーに拘りはありません。
・自作アンプは全てぺるけさんのホームページで紹介されているものです。
・特にヘッドホンアンプは秀逸で、これ以外の物に興味がなくなりました。
・CDプレーヤーは新品購入。デジタルは最新が良いのです。
・CD-H750は2013年に発売したのにもう生産中止。
・最下段のアンプは左側のみ使用。右側は置いてあるだけ。
・カセットデッキ以外の機器の上にはTGメタル/鉛インゴットを乗せています。
・ラックの棚板が弱いのでデュポンコーリアンのオーディオボードを入れています。
・レコードプレーヤーは脚で水平調整ができないので、ラック棚板の支持スパイクの高さ調整で水平をとっています。水準器でチェック。
・私のオーディオで最も高価な物はラックです(笑)。
・スピーカー/重し/スタンド/コンクリートどぶ板で総重量30数kg(1本)です。
・ラックとスピーカースタンドにはきちんとした物を使う主義。

使いこなしの要所はきちんと押さえているつもりです。オーディオは使いこなしが肝心ですからね。こんなんでも意外とまともな音で鳴っていると思います。

ぺるけさんのホームページはこちら⇒「情熱の真空管」
ぺるけさんのヘッドホンアンプの本は以下。

|
|

« オーディオテクニカAT150Eの比較試聴 | トップページ | ヤフオクを利用するには物を見る目が必要です。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/57577511

この記事へのトラックバック一覧です: 私のプア(貧乏)オーディオの現状:

« オーディオテクニカAT150Eの比較試聴 | トップページ | ヤフオクを利用するには物を見る目が必要です。 »