« 映画のサウンドトラックのようなアルバム | トップページ | マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2013 »

更にこんなものもゲットしてみました。

ヤフオクは一期一会なので出た時に落としておかないと後悔することになります。でついついやっちゃいました。今回もカートリッジほしさにレコードプレーヤーごと\1,200で落札。その後ヘッドシェルが\1,200で売れたので送料だけでこれがゲットできたことになります。ほしかったのはオーディオテクニカのAT-150Ea。でも届いてみるとAT150Tiでした! レコードプレーヤーは使えるシロモノではなくガレキ行き決定。

ヤフオクの商品説明と写真から針はダメそうだったのですがやっぱりダメ。オーディオテクニカの古いヘッドシェルに付いていました。この前入手したAT120Eaの針ATN120Eaを挿してカートリッジ本体に異常がないかを確認。

P197

この針でも結構良い感じで鳴ります。AT120Eaにくらべて本体がしっかりできています。ベース部分がアルミ合金製なので重量が重たいですし見た目も高級感があります。

P198

ネットで検索すると、AT150Tiはチタンテーパードカンチレバーを採用したスペシャルモデルとのことでした。今回入手したものは針がダメなのでこの機種のスペシャルな部分は体験できません。この機種の説明や仕様などを見ると、どうやら本体は現行品AT150MLXと同等品のようです。ネット上には針をATN150MLXにすればAT150MLXと同じ音になるという記述もありました。

これはラッキーです。今回入手したAT150Tiに新品の交換針ATN150MLXを付ければ、2万円台後半で実売されているAT150MLXの新品を入手したのと同じことになります。交換針は最安1万4千円くらいなのでだいぶ安くて済みます。

取り敢えずATN120Eaを付けた状態でいつもの比較試聴をしてみました。オルトフォンのヘッドシェルに真鍮ネジで取付けて、シェルリード線はPCOCCです。2枚のリー・リトナー『オン・ザ・ライン』(ダイレクトカットディスク)を2台のプレーヤーで同時にかけて、自作フォノイコライザーの入力セレクタで瞬時切替試聴。比較の相手はこのところの私のリファレンスZ-1S。

左 : ビクターZ-1S(針:JICO現行丸針DT-Z1S)
右 : オーディオテクニカAT150Ti(針:ATN120Ea)

P199

Z-1Sに比べて出力はやはり低いです。ただAT120Eaにあったような中音の張り不足やソフトな感じはしません。中音もしっかり出て高音がきれいに良く伸びてバランスからすると低音が控えめです。低音が控えめなのでAT120Eaにあった低音の緩みはあまり感じられません。高音優勢のオーディオテクニカトーンだと思います。でも嫌味はなくてなかなか上質な音。ベース部分などの高剛性やPCOCCコイルが効いているように思います。

これは現行針ATN150MLXを付けて聴いてみたくなりました。オーディオテクニカ現行VM型の中では今や最上位機種。廉価カートリッジばかりではなく、上位機種を一つくらい持っていても悪くはないでしょう。

|
|

« 映画のサウンドトラックのようなアルバム | トップページ | マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2013 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/55124653

この記事へのトラックバック一覧です: 更にこんなものもゲットしてみました。:

« 映画のサウンドトラックのようなアルバム | トップページ | マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2013 »