« サブのレコードプレーヤーを交換することにしました。 | トップページ | 映画のサウンドトラックのようなアルバム »

果てしなき廉価MM型カートリッジ探究

まだまだ続きます。廉価MM型カートリッジ探究。

まずはオーディオテクニカのAT-E50/M、前の記事のレコードプレーヤーPL-380に付いていました。以前登場したAT-E30の一つ上の機種です。かなり前に製造中止。現行品の交換針はないので針が消耗すればそれでおしまい。

P193

本体メッキ部やマグネシウムヘッドシェルには腐食が多く、掃除してもこれ以上きれいになりませんでした。これはオーディオテクニカ・トーンと言うのでしょうか。高音が勝った音です。表現力については他のこのクラスの廉価MM型カートリッジと大差なし。私はこういう音があまり好みではないでので、処分品リストへ直行(笑)! かなりモダンなデザインもどうやら好みではありません。

同じくオーディオテクニカのAT120Eaも入手してみました。このシリーズの音が聴いてみたかったのです。本当はAT150Eaが聴きたいんですがヤフオク相場が高いのでこれでお茶を濁してみました(笑)。比較的新しい機種ですが既に製造中止になっています。交換針も入手不可。

P194

AT-100シリーズの最下位機種です。交換針はそれほど高くないのに、無垢ダイアモンド角柱の楕円針です。カンチレバーはアルミストレートパイプ。AT15Ea用のマグネシウム製ヘッドシェルに取付けてみました。シェルリード線は恒例のPCOCC。

いつもの比較試聴に行ってみましょう。2枚のリー・リトナー『オン・ザ・ライン』(ダイレクトカットディスク)を2台のプレーヤーで同時にかけて、自作フォノイコライザーの入力セレクタで瞬時切替試聴。比較の相手はこのところの私のリファレンスZ-1S。

左 : ビクターZ-1S(針:JICO現行丸針DT-Z1S)
右 : オーディオテクニカAT120Ea(針:純正品)

P195

出力レベルはAT120Eaの方がかなり小さいです。この2機種は質感が異なりますね。AT120EaにはZ-1Sのような中音の張りがありません。高音はきれいで良く出ています。低音も厚みがあるのですがちょっとブヨブヨの弾力系。以前使っていたMC型のAT33LTDも同傾向の低音で、この手の低音は私の好みではありません。高低音に比べて中音が引っ込み加減で全体的にはソフトな音だと思います。これも私にとってはマイナス要因。

これはクラシックに向いているような気がします。女性ボーカルにも良さそうです。松田聖子はサ行が耳触り良く、細かいニュアンスが出ます。でもジャズを聴く音ではありませんね。特に古いジャズには向かないです。なるほどね~。現代的な聴きやすい音で価格からしたら上質の音だと思いました。

とりあえず傾向が違う音なので持っていましょうか? でもこれは私のようなジャズ聴きにとっては中途半端な音ですね。結局処分リストか(笑)。

|
|

« サブのレコードプレーヤーを交換することにしました。 | トップページ | 映画のサウンドトラックのようなアルバム »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/55061893

この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなき廉価MM型カートリッジ探究:

« サブのレコードプレーヤーを交換することにしました。 | トップページ | 映画のサウンドトラックのようなアルバム »