« デノンのカートリッジは大幅値上げされたんですね。 | トップページ | 良い雰囲気のボーカルです。 »

CA-800Ⅱのメンテナンス その3

パワーアンプとして調子良く使っていたヤマハのCA-800Ⅱから、とうとうブチブチノイズが不定期に発生するようになってしまったのは報告しました。代役として控えのビクターJA-S75を使用していたのですが、どうもいまいちしっくりこないのでCA-800Ⅱをメンテナンスすることに。

その前に、電源ランプが切れてしまったので既に交換しています。10年位前に秋葉原で入手した新品の麦球と小型ソケットがあったのでそれを使いました。ソケットにはリード線が付いているので基板の所で半田づけすれば良いのですが、その基板を取り外すのがめんどうなので線を途中でつなぎました。電球が緩むのを避けるため自己融着テープで巻いてからゴムのランプホルダーへ挿入。これで十数年は切れないはず。

P67
さて、本題のノイズ対策です。パワーアンプ基板に実装されている足が真っ黒になったトランジスタがその原因だろうということは容易に想定できます。初段差動アンプとカレントミラーの3個がそれです。使われているのは2SA763(WL)。このトランジスタは廃盤なので代替品にします。ヘッドホンアンプを作った時に2SA1015(GR)を10個買ったのを思い出しました。規格を見るとこれで代用可能です。

差動アンプに使う場合、本来はhfeが揃ったペアトランジスタを使用するのが望ましいのですが、私が持っているのはバラ。半導体チェッカーでhfeを測定して値が近いものを使うことにしました。この測定では実際に使う状況と異なるので目安程度ということになりますが、厳密に揃えなくても音を聴いて分かるほど歪は増えないと思います。

P68
交換したのは中央付近の緑の電解コンデンサの上と右。この際なので全半田もやり直しました。半田ゴテを当てて半田をちょっと追加する程度です。再半田はそれ程手間はかからないのですが大変なのはその後、フラックスの除去です。無水エタノールで洗浄します。ヒューミシール(防湿剤)も一緒に取れてしまいますがそのままでも特に問題はないはず。

P69_2
左右の基板とも同じように交換。元通り組み直して出力オフセット電圧とアイドリング電流の調整しました。ここで問題発生。B級増幅のアイドリング電流は調整できるのですが、A級増幅のアイドリング電流は左チャンネルだけ必要な電流を流せません。A級増幅は使わないのでこのままでも困らないのですがちょっと気になります。

ということで、バイアス回路のトランジスタで足が真っ黒だったものを交換することに。2SC458(C)が使われていて、これは手持ちがあるのですがDP-3000修理用にとっておきたいので、やっぱりヘッドホンアンプを作った時に買った2SC1815(Y)で代用することにしました。規格は問題ありません。温度特性は異なるのでしょうが、フルパワーで使わないしA級増幅も使わないので問題はないでしょう。問題がなかった右チャンネルも交換。

元々実装されていたのが旧パッケージなので、新パッケージにするとトリッキーな実装が必要になります。これは温度補償用トランジスタなのでトランジスタの平面部分をヒートシンク側にしなければならないからです。なので一度は交換をためらいましたが上記の問題が発生したため交換。足をクロスさせて実装しました。

P70_2
組み直して再度アイドリング電流を調整。B級増幅は問題なし。A級増幅はやっぱり左チャンネルが上手く調整できません。ヒートシンクが付いたバイアス用トランジスタが触れなくなるほど熱くなるのも気になります。が、原因を探るのがめんどうになったので、A級増幅はアイドリング電流を流さないよう調整ボリュームを絞り切ってこのまま使用することに。ひょっとするとA級増幅切替スイッチが接触不良なのかも? いつかまた様子を見る予定です。

今回交換したトランジスタは以下の8個。

P71
しばらく使用して様子をみていますがブチブチノイズは発生しなくなりました。トランジスタ交換で高音がスッキリしたかも? 今はこのCA-800Ⅱの音が気に入っています。中音がしっかり出て押し出し感が強いのでジャズを聴くのに向いているんです。ビクターのJA-S75は高音がとても爽やかで中音が少々引っ込み加減。これはこれで良い音でこちらの方がハイファイな感じはするとは思いますが、今の私にはちょっとしっくりこないのです。

トランジスタを8個交換しただけで、大したコストはかからずにまた良い音を聴けるようになりました。CA-800Ⅱにはまだまだ頑張ってもらいます。気に入ったオーディオ機器を修理しながら使うのもこれまた楽し。

|
|

« デノンのカートリッジは大幅値上げされたんですね。 | トップページ | 良い雰囲気のボーカルです。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/53510916

この記事へのトラックバック一覧です: CA-800Ⅱのメンテナンス その3:

« デノンのカートリッジは大幅値上げされたんですね。 | トップページ | 良い雰囲気のボーカルです。 »