« 廉価カートリッジ探究の途中経過 | トップページ | いつものネタです。m(_ _)m »

タンゴISOが廃業!!

今日のNHK-FMの「東京JAZZ」中継、結構楽しみました。数日前に興味が湧かないとかって言ったはずですが・・・?

さて、ここ半年くらい真空管アンプ自作から離れ、メーカー製の古いトランジスタアンプのメンテナンスを楽しんでいたので全然気づかなかったのですが、何と真空管アンプ用トランスメーカーのタンゴISOが9月20日で廃業するそうです。ビックリ仰天!

数年前から真空管アンプ自作人口の減少は感じていたのですが、まさかこんなオチが来るとは思ってもいませんでした。自作人口の減少もさることながら、自作にお金をかける人が減ったというのが要因でしょうね。秋葉原のヒノオーディオが倒産したり、この業界もキビシィーッ!

タンゴISOは比較的リーズナブルな価格でトランスを提供する良心的なメーカーでした。資材の調達コストはかさんでいたはずなのに。その価格でも今や売れないんでしょうね。最近は円安なんで辛いはずですよ。噂によればタンゴISOも値上げしたとか。同業のタムラトランスなんかは数年前に思いきり値上げしてます。タンゴISOが今の環境下ではもう営業を続けられないという判断に至ったのは十分理解できます。

どうやら6月中旬くらいにラストオーダーを受け付け、その時に凄くたくさんのオーダーがあったらしく、今は生産に追われているらしいです。今後タンゴISOのトランスはプレミアが付いてヤフオクとかで取引されるんでしょうね。そういうのを狙ってラストオーダーしている人もきっといるはず。やだねー。

かつて旧タンゴトランス(平田電機製作所)が廃業し、旧タンゴトランスの有志が集まってタンゴISOを起こし、真空管アンプファンのためにトランスを作ることになった経緯があります。そのタンゴISOがまた廃業です。時代の流れを痛感しますね。

私も去年作った真空管アンプのトランスはタンゴISOをやめ、ノグチトランスや春日無線変圧器のよりリーズナブルなものを購入しました。そういう部分には出来るだけお金をかけずに楽しめば良いと思ったからです。今回の成り行きはよく分かります。凄く寂しい状況だと思います。

私は真空管アンプの自作を当分する気はなく、実は3台持っていた真空管アンプを整理して、手元にはもうこれ1台しかありません。6V6GTプッシュプルアンプ。これは全てのトランスがノグチトランスのものです。

P30

実際このアンプも今は使っていません。ラック下段に少し見えるヤマハCA-800Ⅱ(一部メンテ済みジャンクアンプ)で音楽を楽しんでいます。私のオーディオはどんどんグレードダウン。今やどこまでコストを抑えてオーディオを楽しめるかを追及する始末(笑)。これはこれで楽しいのです。

あ~あっ、う~む。

|
|

« 廉価カートリッジ探究の途中経過 | トップページ | いつものネタです。m(_ _)m »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/53191186

この記事へのトラックバック一覧です: タンゴISOが廃業!!:

« 廉価カートリッジ探究の途中経過 | トップページ | いつものネタです。m(_ _)m »