« 秋葉原の平方電気が・・・ | トップページ | 気に入ったカートリッジでレコードを聴くのは楽しい! »

カートリッジMG-27Lの交換針が届きました。

先日紹介したカートリッジMG-27Lの交換針が届きました。交換針メーカーA'pisの超ラインコンタクト針A-1PHです。

A'pis Japan の通販で交換針を買うのは今回が初めて。送料無料ですぐに送ってきてくれました。針は昨日届いていたんですよね。思わず次から次へレコードを聴いてしまいました。こんなパッケージになっています。

P8

「レコードの寿命がのびる PH STYLUS ライン・コンタクト」だそうです。ケースの底の部分にはPH針の特徴が書かれた小さな紙片が仕込まれていました。OR-1PH/AP-1PH用の針ですが、MG-27Lにも問題なく装着できます。

P9

カンチレバーはアルミの2重パイプになっていました。以前紹介したビクターMD-1016用の針はJICOの物を購入しましたが、やっぱりアルミの2重パイプでした。今時の国産交換針のデフォルトはこれなのかもしれません(その後JICOとA'pisの針をいくつか入手して、2重パイプではないものがあることが分かりました)。スタイラスチップは接合型。安いのでこれは当然でしょう。シェルリード線はいつものオーディオ・テクニカのPCOCCに交換。

P10

はいっ、やっぱり素直な音ですね。どこかが突出するような音ではなくバランス重視。MM型らしい鳴り方でレコードに入っている音をそのまま拾っている感じです。パイオニアのPC-200(針PN-400)と比較してみました。MG-27Lの方が明るく鳴って出力も大きく、ビクターMD-1016に似た感じに聴こえます。(その後エージングにより音が落ち着き、印象が変わりました。MD-1016のような華やかな音ではありません。)

はるか昔のカートリッジの交換針が今も売っていて、当時の音そっくりそのままという訳にはいかないでしょうけれど、現役として楽しめるのは嬉しいことです。シュアーにしてもオーディオ・テクニカにしても、オーディオ用MM型カートリッジのラインナップを整理縮小してしまった昨今、交換針メーカーには頑張ってほしいですね。

|
|

« 秋葉原の平方電気が・・・ | トップページ | 気に入ったカートリッジでレコードを聴くのは楽しい! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/53066620

この記事へのトラックバック一覧です: カートリッジMG-27Lの交換針が届きました。:

« 秋葉原の平方電気が・・・ | トップページ | 気に入ったカートリッジでレコードを聴くのは楽しい! »