« フレディ・ハバードの日本企画アルバム | トップページ | なかなか面白い趣向の新譜です。 »

来年発売の気になる5枚

今年もあと1週間と少々。
来年の話はちと早いかもしれませんが、気になるアルバムが5枚発売されます。

まずは何と言ってもこれ。
クリス・ポッターの『サイレンス』
ギリシャの詩人ホメーロスが残した叙事詩『オデュッセイア』にインスパイアされて制作したという作品

続きまして、アルバム発売に合わせた来日なんでしょうね。
ウェイン・ショーターの『ウィズアウト・ア・ネット』
2011年暮れのショーター・カルテット欧州ツアーのライブを中心に収録。

お次は、私注目のサックス奏者。
ルドレシュ・マハンサッパの『Gamak』。
デヴィッド・フュージンスキー(g)、フランソワ・ムタン(b)、ダン・ワイス(ds)とのカルテットは、はてさてどんな音になっているのでしょう?
何でこんなに高いんだっけ?

まだまだいきます。
今や超売れっ子ドラマー。メセニーはじめたくさんのバンドで叩いてます。
アントニオ・サンチェスの『ニュー・ライフ』
内容は未だ不明ですが気になります。

ラスト。
この人は必ずしもフォローしてませんが今回のは良さそう。
ケンドリック・スコット・オラクルの『コンヴィクション』

このバンドでの録音ってことですよね。
テイラー・アイグスティは良いけれど、ジョン・エリスはもうひとつか?

来年も楽しいジャズライフをめざします。

|

« フレディ・ハバードの日本企画アルバム | トップページ | なかなか面白い趣向の新譜です。 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさんこんばんは。こういうCDを聴く前の記事も良いですね!

ケンドリック・スコットのオラクル1stはアマゾンで中古で買おうとしたらとんでもない値段がついていたので、自分も特に追いかけているわけではないですが、念のため買っておこうかなと思います。
クリポタは…ひと悶着起きそうなメンバーですね。あとクレイグ・テイボーンとのコラボは解消したわけではないんですかね?

来年はマリア・シュナイダーとブライアン・ブレイド・フェロウシップの新作も出る(らしい)ので60年代~70年代生まれ世代の快進撃はしばらく続きそうですね。

投稿: とっぽぎー | 2012年12月25日 (火) 00時19分

とっぽぎーさん
こんばんは。

>こういうCDを聴く前の記事も良いですね!
ありがとうございます。

>ケンドリック・スコットのオラクル1stはアマゾンで中古で買おうとしたらとんでもない値段がついていたので、
確認したら確かにとんでもない価格ですね。

>念のため買っておこうかなと思います。
ですよね。

>クリポタは…ひと悶着起きそうなメンバーですね。
はい(笑)。

>あとクレイグ・テイボーンとのコラボは解消したわけではないんですかね?
どうなんでしょう?
ECMでは先輩格のテイボーンに、ここはご協力いただいたのかもしれません?

>来年はマリア・シュナイダーとブライアン・ブレイド・フェロウシップの新作も出る(らしい)ので
それらも楽しみですね。
私はマリア・シュナイダーにそれほど入れ込む気はないので、今のところ『コンサート・イン・ザ・ガーデン』しか持っていません。

投稿: いっき | 2012年12月25日 (火) 00時41分

今思ったんですが、マリア・シュナイダーは音楽家、評論家、ファンがすごいすごい言い過ぎていて、ちょっと近づきがたい雰囲気ありそうですよね。エヴァやもののけ姫がブームになった頃みたいに(どちらも好きですが)。

テイボーンはレーベルメイトとして参加でしょうか。
これはcom postのクロスレビューで取り上げてほしいですね笑

投稿: とっぽぎー | 2012年12月25日 (火) 13時32分

とっぽぎーさん
こんばんは。

>今思ったんですが、マリア・シュナイダーは音楽家、評論家、ファンがすごいすごい言い過ぎていて、ちょっと近づきがたい雰囲気ありそうですよね。

世間一般はジャズ全般をそういう風に捉えていますよね。
そんなジャズを象徴しているのがマリア・シュナイダーだと思います。
一方で近づきがたい雰囲気を払拭したいとか言いながら、結局は近づきがたい雰囲気を作って悦に入っているのがジャズマンでありジャズ評論家でありジャズファンだと思います(笑)。

>エヴァやもののけ姫がブームになった頃みたいに(どちらも好きですが)。

そういう雰囲気だったんですか?
エヴァは少し後になって深夜番組をまとめて見ましたし、もののけ姫は未だに見ていないので、そういう風潮があったとは知りませんでした。

>テイボーンはレーベルメイトとして参加でしょうか。

かも?という感じです。

>これはcom postのクロスレビューで取り上げてほしいですね笑

取り上げてもいいんですが、¥1000の昔のものがいいなんていう品がないレビューならば読む気がしませんけどね(笑)。

投稿: いっき | 2012年12月25日 (火) 20時17分

エヴァやもののけ姫はライターや評論家がいろんな解釈やコメントをぶつけて素直に観れなかった風潮があったようななかったような…すいません、半分知ったかぶりでした笑


あと最近のクロスレビューは作品を本当に気になる人だけが聞いて、興味のない人は新譜レビューで参加するって方式の方が良いんじゃないかと思いました。6,7人もちょっと多すぎですよね。それにカートにしろフライングルータスにしろ、そのアルバム一枚だけで評価する見解なら他の媒体がありますしね。

投稿: とっぽぎー | 2012年12月25日 (火) 20時41分

>あと最近のクロスレビューは作品を本当に気になる人だけが聞いて、興味のない人は新譜レビューで参加するって方式の方が良いんじゃないかと思いました。

クロスレビューはできるだけ多くの人がした方が良いのではないかと思います。色々なことがあぶりだされて面白いじゃないですか?

>それにカートにしろフライングルータスにしろ、そのアルバム一枚だけで評価する見解なら他の媒体がありますしね。

フライング・ロータスについては同じように感じましたが、ニーズがあるようなので、それに応えているのなら良いと思いました。

投稿: いっき | 2012年12月25日 (火) 22時41分

>クロスレビューはできるだけ多くの人がした方が良いのではないかと思います。色々なことがあぶりだされて面白いじゃないですか?

確かにおっしゃるとおりです。
それから、あぶり出されるのは作品側だけじゃなくて、評者ひとりひとりの音楽観やスタンスも含めて、と受け取りました。
これなら出来るだけたくさんの評論家に参加してほしいかもしれません。com postメンバーだけじゃなく。

投稿: とっぽぎー | 2012年12月27日 (木) 02時09分

とっぽぎーさん
こんばんは。

温かく見守っていきたいと思っています。
あとは更新をもう少し頻繁にしてほしいですね。

投稿: いっき | 2012年12月27日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年発売の気になる5枚:

« フレディ・ハバードの日本企画アルバム | トップページ | なかなか面白い趣向の新譜です。 »