« 空や雲の写真 | トップページ | 近所にある芸術の森公園へ行きました。 »

想像を上回る違いでした。

昨日「e-onkyo music」から1通のメールが届きました。宣伝メールです。「上原ひろみの最新アルバムやポリスのあの名盤がハイレゾで聴ける!」というタイトル。早速サイトへアクセスしてみると、上原ひろみの『MOVE』24bit192KHzのハイレゾ音源で販売されているではありませんか!これは買わねばなるまい。

これです⇒ http://www.e-onkyo.com/music/album/uml81424/

テラークの最新優秀録音がハイレゾ音源で聴けるという。一体どんな音なのでしょうか?そしてこれはもうCDとの音質比較にはもってこいの音源です。現代感覚における高音質をハイレゾとCDではどのように実現しているのかが分かるからです。なので早速購入しました。

P34

アルバムの演奏内容についてはこちら⇒ いやはや何ともエネルギッシュ!

昨日は深夜だったのでヘッドホンで聴きました。まず最初に分かったことはレベルの低さです。CDと同じ音量にするにはボリュームを上げなければなりませんでした。次に感じたのはちょっとそっけない音だということです。果たして良い音なのか? でもすぐに「なるほどな。」と納得することになります。

こいうことです。CDの音はメリハリがありエッジが効いているのです。それに対してハイレゾ音源は素直で自然に鳴っているのです。まあこれは過去にも体験済みで、CDからSACDになると音が素直になるのと同じなわけです。言い方を変えるとアナログの音に近くなります。理論的にはそうなるだろうということは分かっていましたが改めて音として体感できました。

昨夜はヘッドホンだったので今日はスピーカーで聴いてみました。結果は当然の如く同じでした。比較すれば誰が聴いても分かるレベルの違いだと思います。この違いは想像を上回るものでした。音の佇まい/質感が全然違います。オーディオ的にはハイレゾ音源のほうが間違いなく良い音です。自然な質感は魅力的です。ただしこれはメリハリがある音を良しとする人には物足りない音かもしれません。そしてSHM-CDは所詮CD。

(注) 念のためfoobar2000で非圧縮リッピングした音(PCで192KHzにUPサンプリングして再生)がCDプレーヤーのデジタル出力と大差ないことを確認した上で、非圧縮リッピング音源とハイレゾ音源をAudioGateで再生して比較しましたが、差は歴然であったことを報告しておきます。

再生環境を書いておきます。
PCはSONYのノート型VAIO(音楽用にカスタマイズしていません)
OSはWindows7
再生プレーヤーはコルグのAudioGate
DACはオンキョーのDAC-1000
USBケーブルは普通の安物
CDプレーヤーはマランツのCD5003(最廉価品、トランスポートとして使用)
CD5003デジタル出力をDAC-1000へ入力、4倍オーバーサンプリングして再生
プリアンプは自作FET差動方式
パワーアンプは自作真空管6V6GTプッシュプル方式
スピーカーはクォードの12L2(小型)
ヘッドホンアンプはオーディオテクニカのAT-HA21
ヘッドホンはAKGのK501
ハイレゾ音源はWAVファイル、CDはSHM-CD

P106

高音質再生ならば、これからはもうSACDではなくてハイレゾ音源なのでしょうね。テラークの場合はDSD録音なので、DSD音源(発売されれば)をDSD-DACで再生するのがベスト。これはもうスタジオのマスターテープの音そのものということになるでしょう。テラークというわけではありませんがDSD音源も既にちらほら販売されています。

先日買ったドナルド・フェイゲンの新譜『サンケン・コンドス』のハイレゾ音源。良い音ですけれどそれほど違いがわからないというようなことを書きましたが、CDと直接比較すればより良い音で鳴っていることは分かるでしょう。まっ、こちらは比較のために音が良くないCDをわざわざ買おうとは思いませんが。

PCオーディオ&ハイレゾ音源、高音質を求めるオーディオ・ファンはもう着手すべき時期なのかもしれませんね。PCオーディオを敬遠する時期は終ったと感じます。

|
|

« 空や雲の写真 | トップページ | 近所にある芸術の森公園へ行きました。 »

オーディオ&アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。

24bit192KHzのハイレゾ音源でジャズを楽しむのはいい気分ですよね。


んで、今回の比較はCDプレーヤーマランツのCD5003の音とハイレゾ音源の比較だと思います。メリハリがありエッジが効いている音はCDプレーヤーのメーカーの音作りで、CD音源本来の音ではないのではないか?と考えます。音楽性にも影響しそうだもんね。
最近はそのような音ではない場合が多いのに気づき、ハードディスクに非圧縮でリッピングしてから聴くようにしています。
それだけでもCDプレーヤーで聴いた比較感想は、いっきさんの今回の感想とまったく同じです(表現として・・・アナログっぽい音に近づいていく)。


CDプレーヤーの音が誉められた音ではないことは、どのCDをリッピングしてみても確かなことです。ホントにすぐに分かります。
んで、昨日ツイッターで書いたのは、同条件での比較が知りたいということだったのです。CDから非圧縮でリッピングした16bit/44.1kHzのCD音源と24bit192KHzのハイレゾ音源をコルグのAudioGateで再生した場合の、いっきさんの感想が知りたいという意味だったのです。まぁ、リッピングソフトも吟味しないとならないので、メンドクサイことですね・・・。


実際、手持ちのCDもすでにいい音で入っていることが多いです。それに気づかされるのがPCオーディオ&ハイレゾ音源入門です(笑)。

投稿: tommy | 2012年11月17日 (土) 23時33分

tommyさん
こんばんは。

CDプレーヤーマランツのCD5003の音ではありません。
CD5003は単なるトランスポートとして機能しています。
音を決めているのはDACです。
CD5003内臓DACはもっとメリハリがある一般受け狙いの荒い音であることは既に確認済みです。
DAC-1000の4倍オーバーサンプリングの音はもっと上質です。アナログに近い音でその差はすぐに分かるレベルです。
非圧縮リッピング(リッピングソフトfoobar2000)してPCで192KHzにUPサンプリングした音は、CDプレーヤーからデジタル出力した音とほぼ同じで差はほとんど分かりません。
私が比較しているのは同一DACへのCDプレーヤー(トランスポート)のデジタル出力とハイレゾ音源のPCのデジタル出力です。
まあ、同様のことをやってみていただければ、リッピングレベルの話でないことが分かります。
ハイレゾ音源の音をきちんとした外部DACでアナログ変換して聴いてみることをお勧め致します。

tommyさんが比較されていると思われる古いデノンCDプレーヤー(デノンのCDプレーヤーは音作りそのものが派手なのは色んな所に書かれています。最新機種でも音質傾向は引き継がれています。)のアナログ出力の音とPCへリッピングした上でのPC内臓DACのアナログ出力の音での判断と一緒にしないで下さい。

投稿: いっき | 2012年11月18日 (日) 00時24分

いっきさん。PCオーディオの見解のズレなんでしょうね。


DAC-1000が4倍オーバーサンプリングの上質なDACであろうと、CD5003が読み込み、それをリアルタイムに処理をしなければならない機械的な宿命は変わりません。変換し不都合なエラーを修正するという機械なのですから・・・可能なら関与させない方がいいに決まっています。
リアルタイムに再生する必要がないハードディスクデータのほうがはるかに安定してデジタル信号を取り出せることとデータエラーが少ないことは明確です。


要はCDプレーヤーを音楽再生時に関与させていることが、ハイレゾ音源データとの比較にならないのではないのかという考えるのです。CDプレーヤーを使うことはCD音源の正確な再生をしているとは思えないから〜まだハードディスクがましだという考えます。まぁ、いろいろ下準備が面倒ですが、いい音で聴きたいから仕方がない(笑)。


また、コルグのAudioGateもクセのある再生プレーヤーですから、比較フォーマットは揃えた方が分かりやすいのでは?と思います。


そんなことを思うのは、もう全てをハードディスク再生に移行しているからです。CDプレーヤーで聴くことはもうありません。

投稿: tommy | 2012年11月18日 (日) 02時10分

おっしゃりたいことは分かりますが、リッピングしたからと言ってハイレゾ音源の音質にそれほど迫るわけではありません。

投稿: いっき | 2012年11月18日 (日) 07時43分

その結論は、了解!

んで、どれだけハイレゾ音源が魅力的だったかは、いっきさんが次の上原ひろみのアルバムはどっちを買うかを待ちたいと思います。また、ドナルド・フェイゲンで「ヴジュアルはいらない」と言っていましたが、上原ひろみでもそう判断するのか楽しみ・・・!上原ひろみは両方買うかもね?(笑)。

容量4.6GBの音源データをどこに保存しておくかという問題はあるよなぁ〜。DVDディスクにも入らない。実用的ではないなぁ。

投稿: tommy | 2012年11月18日 (日) 12時34分

ご了解いただきありがとうございます。
上原ひろみの次回アルバムはいつもと同様初回限定DVD付CDを買いまして、ハイレゾが出るならハイレゾも買います。
容量4.6GBの音源データは外付けHDにバックアップを取れば良いと思いますが、どうしてもDVDというのならば5曲と4曲に分割して2枚に収録、もしくはブルーレイ1枚で良いのではないかと思います。
十分実用的でしょ(笑)。

投稿: いっき | 2012年11月18日 (日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/47876644

この記事へのトラックバック一覧です: 想像を上回る違いでした。:

« 空や雲の写真 | トップページ | 近所にある芸術の森公園へ行きました。 »