« ヘンリー・スレッギルの独自な世界 | トップページ | 今日は駄話。 »

ブルーノート・レーベルのLTシリーズ発売

ブルーノート・レーベルの未発表音源LTシリーズが999円で発売されるそうですね。このLTシリーズについて、3年前に渋谷の 「discland JARO」 の店主柴崎さんとお話したことを思い出しました。

そのお話についてはここに書いてあります。⇒ジャズ三昧な1日!

「LTシリーズを番号順にレコードで出したら反響があるはず。」という話でした。あれから3年、どうやら番号順でもなくレコードでもないようですが、999円という低価格で33枚出るというのはめでたいではありませんか。

再発の内容についてはこちら。⇒ブルーノートBNLT999シリーズ

9月15日(土)には ジャズ喫茶「いーぐる」 でこんなイベントがあります。
●ブルーノート発掘音源「BNLT999シリーズ」聴きまくり大会
解説は行方均さん
興味がある方は是非ご参加を!

ところで999円といい33枚といい、3の倍数に拘ったのはなぜ?(笑) で、「お前は買うのか。」と聞かれれば、今のところ買う予定なしです。ブルーノートのレコードは既に主要どころは持ってますからね。それに今はどうせCDを買うなら新譜にお金を回します。

ちなみに私が持っているブルーノートの1500番台と4000番台は全部レコードです。CDは1枚たりとも持っていません。10年くらい前までは廉価CDを持っていたのですが、全部レコードに買い換えました。その頃、国内盤と言えどブルーノートの中古レコードはそれなりに高くて大変でした。今はだいぶ値崩れして当時より500円くらいは安くなっているはずです。

ブルーノートのオリジナル盤も28枚(内ステレオ盤4枚)持っています。準オリジナル盤扱いのリバティ盤も7枚持っています。オリジナル盤をプレーヤーに乗せ、カートリッジをおもむろに溝へ落す。至福の時間が始まります。と、こうなるとほとんど自慢話ですよね(笑)。すみません。でもやっぱりブルーノートを聴くならレコードなのですよ。むふふっ。

我が愛しのレコードプレーヤー2台、カートリッジはデノン(左)にシュアー(右)。
P141_2

話を少し前に戻して。

3年前の7月、「ジャズ三昧な1日!」はそれにしても濃密ですな~。「disklandJARO」でオリジナル盤と希少盤を買い、ジャズ喫茶「いーぐる」の「NYダウンタウンを中心とした新譜特集」に参加し、渋谷のジャズ喫茶「JBS」で真っ黒いジャズを聴くというジャズ漬けな1日でした。

P24_2 P15 P25

恐るべし、ジャズの魔力!

|

« ヘンリー・スレッギルの独自な世界 | トップページ | 今日は駄話。 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんにちは。


ブルーノートBNLT999シリーズはジャケットが嫌い!!
レコード発売当時からそうですが、
失敗したCTI&ECMのジャケットみたいで、
個性のない顔に全然興味がわいてきません。
(レコードは何枚か持っていますが・・・)


ビジュアルに作家性がないんでしょうね。
ん〜、内容的にも999円でも売れなさそうですね(笑)。

投稿: tommy | 2012年8月25日 (土) 15時48分

tommyさん
こんばんは。
>ブルーノートBNLT999シリーズはジャケットが嫌い!!
デザイナーtommyさんのお気持ちお察し申し上げます。
>レコード発売当時からそうですが、
>失敗したCTI&ECMのジャケットみたいで、
確かにそうですね。
>個性のない顔に全然興味がわいてきません。
私もジャケットは「何だかな~」と思います。
>ビジュアルに作家性がないんでしょうね。
はい。
>ん〜、内容的にも999円でも売れなさそうですね(笑)。
やっぱりレコードにすべきだと思います。
こういう市場はあくまでマニアでしょうから。
¥1500くらいで売って・・・ペイしないでしょうね(涙)。
もう事前事業のつもりでやっていただきたいです。

投稿: いっき | 2012年8月25日 (土) 19時47分

ほんとにそう思いますね。
ブルーノートレーベルはだいぶ稼がせてくれたでしょう?
社会貢献くらいでやってもらいたいものですね。

投稿: tommy | 2012年8月26日 (日) 01時39分

tommyさん
こんにちは。
>ブルーノートレーベルはだいぶ稼がせてくれたでしょう?
そうだと思います。
>社会貢献くらいでやってもらいたいものですね。
はい。

投稿: いっき | 2012年8月26日 (日) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノート・レーベルのLTシリーズ発売:

« ヘンリー・スレッギルの独自な世界 | トップページ | 今日は駄話。 »