« ブルーノート・レーベルのLTシリーズ発売 | トップページ | 突然ですが、「シーン」について考えてみました。 »

今日は駄話。

最近の澤野工房って今何やってるんだろう?売れてるのかな?
なんてことが突然頭に浮かびあがり検索してみると、
面白い事実を発見。

澤野さんって私の大学の先輩でした!
卒業した学科は違いますけど。

ここにその記事があります。⇒ 梨大倶楽部

「澤野工房」を始めたきっかけがなかなか面白いです。

大学の入学祝金で買った真空管アンプがジャズを聴くきっかけとは。
大学に入ってからジャズを聴いたということや、
オーディオで何を聴くかということからジャズに入った私と似てます。
ただし私の10数年前のこと。

岡島デパートの近くにジャズ喫茶「デイトナ」なんてあったんですね。
甲府の商店街は”下町”?
確かに梨大からは降りていくけれど、私は”下町”と言ったことはないです。
ちなみに私は生まれも育ちも甲府市。

ただし甲州弁は子供の頃から大嫌いなので使わないようにしてました。
やっぱり末尾の「じゃん」だけは結構出てしまいますね。
そうは言っても微妙なイントネーションは甲州弁なのでしょう。

話は戻りまして、4年間は同じ甲府の空気を吸っていたということで、
澤野さんには親しみを感じました。

澤野さんもミュージックショップ・サンリンへ行ったのかな~。

1973年卒業。
その頃私は戦車や軍艦のプラモデルに凝っていました。
昔から凝り性なので友達のお兄さんに見習い、
塗料(レベルカラー)を買ってきては塗っていました。
親からはシンナーが良くないとか言われつつのことです。

当時の塗料と言えば、
レベルカラーとパクトラタミヤともう一つが思い出せない。
う~~うっ。何だっけなー。
ビンじゃなくてカレー粉の缶を小さくしたような缶に入っていたやつ。

懐かしい思い出話はこれくらいにしておきましょう。

澤野工房の存在を知ったのは
寺島靖国さんの「新しいJAZZを聴け!」だったと思います。
で、最初に買ったのが確かこれ。

P26_2

ウラジミール・シャフラノフ『ムーヴィン・ヴォヴァ!』
ウラジミールか?ウラジーミルか?
それはどうでも良くて、
まっ、難しいことは言わすスインギーなピアノを楽しみましょう。
寺島さんによれば、《あなたと夜と音楽》は「名演と呼ばずしてなんと呼ぶのか」。

シャフラノフってF1ドライバーのアラン・プロストに似てると思うのですが・・・。

シャフラノフはあと寺島有名盤の『ホワイト・ナイツ』と
『ポートレート・イン・ミュージック』の3枚だけ持っています。
シャフラノフは最近あの忌まわしき(笑)ヴィーナスに移籍したんでしたよね。
今はご縁がないピアニストです。

ジャズにまつわる色々な話は面白いです。

|
|

« ブルーノート・レーベルのLTシリーズ発売 | トップページ | 突然ですが、「シーン」について考えてみました。 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/46834963

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は駄話。:

« ブルーノート・レーベルのLTシリーズ発売 | トップページ | 突然ですが、「シーン」について考えてみました。 »