« メセニーのユニティ・バンド行ってみよう! | トップページ | 落ち着いて音楽に浸れる1枚 »

上原ひろみ&クリス・ポッターの話題

ブログにコメントをいただいた新情報について書きます。
最近の私は新譜を聴いて紹介することが主になっていて新情報集めがなかなかできないので、こういう情報をいただくととてもありがたいです。

まずはkimtさんからいただいた上原ひろみ情報。

9月5日に新アルバム『MOVE』が出ます。
情報はコチラ⇒ http://www.musicman-net.com/artist/18320.html
アンソニー・ジャクソン、サイモン・フィリップスとのザ・トリオ・プロジェクトの第2弾。

P193
このジャケ写はどうなの?ってご意見はあるでしょうね(笑)。前回も微妙でしたが、でもしょうがない、アメリカのセンスで作っているんだから。白黒のマニキュアはピアノの鍵盤のイメージなんでしょう。

私は去年1年のみのプロジェクトかと思っていたのですが、今年はこのプロジェクトで日本をメイン・ターゲットに活動を展開していくみたいですね。フジロック・フェスティバルにも出演。日本でガッポガッポ?お金儲けしちゃおうというテラークの企み(笑)。今やテラークのジャズ部門の稼ぎ頭がHiromiでしょうからね。

日本ツアーの最終日、東京国際フォーラムでのコンサート。盛り上がるでしょうね。観に行っちゃおっかな~。

アルバムはDVD付初回限定盤を買います!

次はとっぽぎーさんからいただいたアクシス・サキソフォン・カルテットの情報。

このサックス・カルテット、NHK-FM「ジャズ・トゥナイト」にクリス・ポッターがゲスト出演した際に出た話題です。クリポタが「ジョシュア・レッドマン、クリス・チーク、マーク・ターナーとのサックス・カルテットがエキサイティングだ。」とか言ってました。

YouTubeに今年のモスクワ・インターナショナル・ミュージック・フェエスティバルでのライブ映像がいくつかUPされているんです。お客さんがこんなに勝手に撮っちゃっていいところが大らかです。

左からクリス・チーク、ジョシュア・レッドマン、マーク・ターナー、クリス・ポッター。クリポタがアルト・サックスを吹いているのは初めて見ました。白のマウスピースが変わっています。この4人ですからね。何の問題もなくアンサンブル、ソロとこなしていきます。なかなか渋くてカッコいいですよね。クリポタのアルト・サックス・ソロは要チェック!

とっぽぎーさん情報によるとアレンジを担当しているのがパトリック・ジメルリ。この人はブラッド・メルドーとケヴィン・ヘイズのデュオ・アルバム『モダン・ミュージック』でアレンジと作曲とプロデュースを担当しています。現代ニューヨーク周辺のクラシック/ジャズの橋渡しをする人物なのでしょう。

こういうグループが東京JAZZに出演するようにでもなればもう少し芸術的なイベントになると思うのですが、今は商業的でどちらかと言えば若者向けお祭りイベントという色が強いところが日本らしいと言えばらしいと思っています。

CDが発売されるようであれば聴いてみたいグループですね。

日本ではメジャーな上原ひろみとマイナーなアクシス・サキソフォン・カルテット。
どちらも私にとっては興味をそそる対象です。

|

« メセニーのユニティ・バンド行ってみよう! | トップページ | 落ち着いて音楽に浸れる1枚 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん今晩は。記事にしてくださってありがとうございます^^

アクシスカルテットは本当に来日期待したいですね。
ジョシュアやメセニー共演のクリポタがいるので、東京ジャズもひょっとしたら…なんて笑

それはそうと私、パトリック・ジメルリ追っかけ体制になってしまいました。といってもまだ1作品しか聞いていませんけど…(変態変拍子(例えば19/16+20/16)満載の変態素敵なアンサンブルです)

93年のモンクコンペ・コンポーザー部門に入賞して、それ以来サックス奏者とコンポーザーの二足の草鞋を履いていた様ですが、最近は作編曲に専念している様ですね。

あと、再び彼のサイトからですが、とんでもないプロジェクトが控えている様です。10年代はこの人の一挙一動に目が離せなくなりそうです。

Work on new project for Nonesuch. Zimmerli is writing for a new orchestral project for Nonesuch, featuring Josh Redman, Brad Mehldau, Larry Grenadier, Brian Blade, and orchestra. The project is scheduled for release in early 2013.

投稿: とっぽぎー | 2012年7月 4日 (水) 22時32分

とっぽぎーさん
こんばんは。
>記事にしてくださってありがとうございます^^
どういたしまして。
>アクシスカルテットは本当に来日期待したいですね。
はい。
>東京ジャズもひょっとしたら…なんて笑
ひょっとして? 集客力ないでしょうからね・・・。
>私、パトリック・ジメルリ追っかけ体制になってしまいました。
やりますね~。
>変態変拍子(例えば19/16+20/16)満載
それは確かに変態です(笑)。
>最近は作編曲に専念している様ですね。
なるほどそういう方だったのですか。
>とんでもないプロジェクトが控えている様です。
ノンサッチ・レーベルはアートなレーベルですから、その強力メンツと合わせて考えるとかなり期待できるプロジェクトになりそうですね。
>10年代はこの人の一挙一動に目が離せなくなりそうです。
なるほど。
パトリック・ジメルリ、名前からしてインテリですもんね(笑)。

投稿: いっき | 2012年7月 4日 (水) 23時44分

いっきさん、こんばんは。

>>日本ツアーの最終日、東京国際フォーラムでのコンサート。盛り上がるでしょうね。観に行っちゃおっかな~。

僕も先行予約で国際フォーラム2日間申し込もうと思っています。
いろんな音楽サイトを見ると、チケット争奪戦云々とか書いてありますけど、国際フォーラムAホールだし大丈夫でしょう。

その代わり11月に行われる「THE DUKES OF SEPTEMBER RHYTHM REVIEW」
(Donald Fagen(STEELY DAN)、Michael Mcdonald(元DOOBIE BROTHERS)、Boz Scaggsの3人が中心のバンド)のコンサートのチケットを断念しました。
AOR界のスター3人のステージも魅力的なのですが、何せチケット代が高いので(\12,000)、上原さんのトリオなら2回で\14,000くらいですからね。

投稿: kimt | 2012年7月10日 (火) 19時52分

kimtさん
こんばんは。


>いろんな音楽サイトを見ると、チケット争奪戦云々とか書いてありますけど、国際フォーラムAホールだし大丈夫でしょう。


そうでしょうね。先行予約なら何とかなりそうな気がします。


>Donald Fagen(STEELY DAN)、Michael Mcdonald(元DOOBIE BROTHERS)、Boz Scaggsの3人が中心のバンド)のコンサートのチケットを断念しました。


そのメンバーはかなり気になりますね。
\12,000!気になるメンバーですが私もそこまで出して見る気にはなりません。

投稿: いっき | 2012年7月10日 (火) 20時27分

いっきさん、こんにちは。

先程上原さんトリオの国際フォーラム2日間のチケットの予約を済ませました。e+のメールサーバーが混みあっているのか申し込み受付完了のメールはまだ届いていませんが。
良い席が当たると良いな。結果が楽しみです。

投稿: kimt | 2012年7月18日 (水) 13時17分

kimtさん
こんばんは。
>先程上原さんトリオの国際フォーラム2日間のチケットの予約を済ませました。
おっ、素早いですね。
>良い席が当たると良いな。結果が楽しみです。
良い席が当たるといいですね。

投稿: いっき | 2012年7月18日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上原ひろみ&クリス・ポッターの話題:

« メセニーのユニティ・バンド行ってみよう! | トップページ | 落ち着いて音楽に浸れる1枚 »