« 落ち着いた出来でなかなか良いです。 | トップページ | これについては特に異論はないでしょう。良いです! »

難産の末に出来上がった真空管アンプ

今回はなかなか上手く出来ませんでした。真空管6EM7を使ったプッシュプル・アンプです。昨年久しぶりに2台のアンプを作り上手くいったので、今回も楽勝だと思ったら大間違いでした。おかげで途中DAコンバータにうつつを抜かしてしまうことに(笑)。

当初計画したアンプは故浅野勇さんの「魅惑の真空管アンプ(下巻)」に掲載されているものでした。電源回路は少しリファインしますが、増幅部はそのままコピー。部品は出来るだけ手持ちのものを使い、出力トランスだけ春日無線変圧器(秋葉原)のKA-6635PULを新調。このトランス、安いのにオリエント・コアを使っているのが魅力。小型なところも気に入ってます。こうなる予定でした。

P86

6EM7は複合管(電圧増幅部と電力増幅部を内蔵)なので実は4本だけでプッシュプル・ステレオ・アンプが作れます。ただしNFBをかけるとゲインが不足するとのことで、前に6J5を置いてゲインを稼ぐ回路構成になっています。デザイン上のアクセントとして6J5はメタル管にしてみました。なかなか渋く決まってますよね。

さて、配線が終わり特性を調べると、NFBなしではやっぱり帯域が狭いです。そこでNFBをかけようとしたら、ちょっと多くかけると低域発振が起きます。う~む、出力トランスが今のものなのでスタガー比が上手く取れていないようです。やむを得ず低域発振しない程度のNFBにして、波形を確認した後いざ音出し。おやっ!今度はハムノイズが盛大に出ているではありませんか。傍熱管でこんなにハムノイズが出るなんて・・・。音楽はいい塩梅で聴けるんですけどこのノイズでは使えません。ゲインも高過ぎます。私はこんなにゲインは入りません。

ここからが大変です。ハムノイズの原因究明です。アース・ポイントの取り方が悪いのではないか?グランドにループが出来ているのではないか?真空管が不良なのではないか?電源のコンデンサの容量不足なのではないか?電源トランスと出力トランスが近すぎるのではないか?などなど。

アース・ポイントは取り直したけれど変わらず、グランドにループはありません。電源コンデンサを追加したり交換したりしても変わりません。試しにということで、前段の6J5をバイパスしてみました。これは効果があり、かなり減ったのですが無視できるほどにはなりません。この状態でNFBをかければゲイン的にはそれほど問題ないことも分かったのですが、そのための変更をすると回路がシンプルではなくなります。

しかたがないので6J5を挿さずバイパスして使用。音そのものは結構いけてます。でも見た目がカッコ悪いし、ノイズが少なくなったとは言えやっぱり気になります。で、6J5は新品を買い直すことにしました。そうすればノイズが減るかもしれないからです。6J5が届くまで悶々とした日々を過ごしました。

やっと6J5が届いたので早速挿して聴いてみると・・・。全然ノイズは減りません。やっぱり、真空管不良ではなかったのね(涙)。茫然自失。これは久々の難産アンプです。昨年の成功に浮かれていた自分が甘かったです。想定外とはこのこと。にしても最近はすっかり気長になりました。あんまり焦らなくなしました。もうちょっと何か対策を考えようと、ネットを検索して回路を探したり、持っている本からヒントを得ようとしてみたり、あれこれあれこれ。

そして、閃きました!6EM7の電圧増幅部は使わないことにしました。電力増幅部だけ使いましょう!もったいないけれどこれもありです。電圧増幅部と位相反転部は昨年作った6V6プッシュプル・アンプの回路をそっくりそのまま流用したらいいんじゃないかと。少々不安がありました。6V6に比べ6EM7はバイアスが2倍深いのです。電圧増幅部の出力電圧が不足したり全体のゲインが不足するかもしれません。

でも”案ずるより産むが易し”。実行に移しました。足りない部品を注文してしばらく待つことに。こんなことをしている間にDAコンバータをリニューアルしてPCオーディオで遊んでいたのです。部品は届いていたのですが6EM'との格闘はしばし休戦。DAコンバータとの戯れが一通り終わったところで6EM7に取り組みました。

回路変更は即々終了。今度は如何に? 外観はこんな感じになりました。

P87

とりあえずNFBをかけずに聴いてみました。全然ハムノイズがないです。ふう~っ。ゲインはちょっと不足気味ですがNFBを浅めにかければ問題ないでしょう。”産むが易し”。結局NFBは-6dBとしました。最大出力は約8W、損失は少々オーバー。このくらいなら大丈夫でしょう。完成でーす! 6EM7の電圧増幅部が不良だったのでしょうかねっ?それはもうどうでもいいやっ。ノー・プロブレム。

P88

中身はこんな感じです。ゆとりがありますね。6V6プッシュプル・アンプとよく似た兄弟アンプになってしまいました(笑)。世の中上手くいかないことはあるものです。そんな中でもどうにか解答を見つけ出す。ここが肝心。今回はすっかり社会勉強をさせられてしまいました。6EM7めっ。憎たらしいやつじゃ(笑)。

今は何食わぬ顔で音楽を奏でてくれております。やっぱりかわいいやつじゃ(笑)。
オーディオ遊びは果てしなく続くのでした・・・。

|
|

« 落ち着いた出来でなかなか良いです。 | トップページ | これについては特に異論はないでしょう。良いです! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/44618603

この記事へのトラックバック一覧です: 難産の末に出来上がった真空管アンプ:

« 落ち着いた出来でなかなか良いです。 | トップページ | これについては特に異論はないでしょう。良いです! »