« 不器用な人だと思う。 | トップページ | 心地よいトロンボーンの調べに酔う »

真空管アンプ自作に関する悲しい状況

今日はオーディオネタです。

6V6プッシュプルアンプを製作してから、私の中では真空管アンプ自作のプチマイブームが来ています。6V6アンプはその後順調にエージングが進み、具合良く音を鳴らしてくれるようになりました。色々な思惑がありチョークコイルを手持ちの別のものに載せ換えて今に至っています。

P44 ちょっとした問題も発見。チョークコイルを載せ換えた際に、再度各部の電圧を測ったら、NEC製6SL7GTの電圧配分がおかしいことが分りました。増幅においては一応機能しているのですが、かなりズレているのでちょっと気分が良くありません。なのでこいつはボツにすることにしました。今はフィリプスECG製のものに戻しました。これで6SL7GTの予備球はなくなってしまったわけで、安くて良さそうなものを入手しておきたい気分になっています。

さて、更に私の悪だくみは展開しています。前から懸案だった300Bシングルアンプの組み直しです。実は前に使っていた遊休中のシャーシがあるので、そちらに組み直そうとしています。電源トランスとチョークコイルを変更したいので、追加のシャーシ加工は必要です。そんなわけで、上京した際に秋葉原へ行っては足りない部品とかを買っています。

前々回上京した時は、秋葉原へ行って300Bのカソードバイアス抵抗:DALE(など)の1kΩ/10Wのシリコンコート巻き線抵抗を探して何件かお店を回りました。なぜか1kΩだけがどこのお店にもないのです。何件か目のお店に入った時のことです。軽くお店の中を見渡した後、私と店主の間にこんな会話が交わされました。

私 「1kΩ、10Wの巻き線抵抗ありませんか?」
店主 「家にはありません。そういう抵抗ならXX無線に行けばありますよ。」
私 「そこら辺の店に行ったんですが1kΩはどこにもないんですよ。」
店主 「まとまったオーダーでもないと今は作りませんからね。」
私 「そうですか。よく使う値だと思うんですけど。」
店主 「今はアンプを作る人がいないんですよ。皆真空管を挿しかえるだけです。」
私 「そうなんですか?数年前は自作する人は結構いたように思うんですが?」
店主 「最近はいませんね。」
私 「寂しいですね。」
店主 「・・・・・」

2人の間に重い空気が流れました。そういえば節電のために照明がいくつか消してあり、お店の中は暗かったのです。それにお店には私以外お客さんがいません。土曜日の2時半頃、数年前ならな何人かお客さんが居ても良い時間帯です。「これはやばい。」というわけで私はそそくさと退散。お店を出た私は寂しい気持ちになりました。

う~む、最近は真空管アンプを自作する人がいなくなったんですね。確かに他の真空管店に入った時もお客さんがいないお店のほうが多かったです。長引く不景気+東日本大震災の影響もあるのでしょう。秋葉原の真空管関連のお店はだいぶお寒い状況のようです。私みたいに真空管アンプを自作する人間にとってはますます良くない状況になっていくみたいですね。

古い真空管はどんどん値上がりするし、鉄と銅の塊であるトランス類は金属高騰のあおりを受けて値上げしなければメーカーはやっていけない状況になっているみたいですし、抵抗やコンデンサーは需要がないためにどんどん廃品種になってしまいますし、自作派にとっては誠に厳しい状況です。

そういえばヒノオーディオで店舗統合のための在庫一掃セールをやっていました。あと、ラジオ会館1階にあったテレオン第1店も7月に閉店になりましたね。ラジオ会館を建てかえるからだそうですが、建てかえ後の再出店はないらしいです。実はテレオン第1店で何度か買い物をしています。以前使っていたオンキョーのプリアンプとか、今使用中の前のCDプレーヤーを買いました。そのCDプレーヤーを下取りしてもらって今のCDプレーヤーを買ったのがテレオン第3店。今や秋葉原のオーディオ店もなかなか大変なのです。

私が好きな電気街秋葉原、長続きしてほしいものです。

|
|

« 不器用な人だと思う。 | トップページ | 心地よいトロンボーンの調べに酔う »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/41673289

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管アンプ自作に関する悲しい状況:

« 不器用な人だと思う。 | トップページ | 心地よいトロンボーンの調べに酔う »