« 寺久保エレナカルテットのライブを聴く。 | トップページ | スマートで大人のジャズ »

美しくも逞しいピアノです。

昨日の早朝は大興奮でした。
なでしこJAPANやりました。
ワールドカップで優勝です。世界一です!
おめでとう!!
サッカーファンとしては誠に嬉しい。
前半のアメリカ、圧倒的な強さでした。でも決められなかった。
運が良かったとも言えますが、運も実力のうちです。
”叩けよ さらば開かれん”
先制されても取り返す。驚異のねばり。
宮間、澤、あそこで決めるかー!凄すぎます。
延長を引き分けた時点で日本の方に勝機はありました。
PK戦。キーパー海堀が最初の一人を止めたことで一挙に流れは日本へ。
この流れ、もう誰にも止められません。
そして日本の優勝は決まったわけです。
勝利の女神が微笑んでくれたのです。
バンザーイ!バンザーイ!
今の日本を勇気づけ元気づけてくれたなでしこJAPAN。
ありがとう。

以上時事ネタ。

今日紹介するのはピアノ・トリオ。

P186 ジョージ・コリガン『パスト・プレゼント・フューチャー』(2003年rec. Criss Cross)です。メンバーは、ジョージ・コリガン(p)、ヴィセンテ・アーチャー(b)、ビル・スチュアート(ds)です。普通のピアノ・トリオです。タイトルは“過去、現在、未来”。なでしこJAPAN、苦闘の歴史がワールドカップ優勝となって報われ未来に繋がる。う~む、強引(笑)。

このピアノ・トリオ、美しくも逞しいコリガンのピアノが主役です。1曲目《ソフィストケイテッド・レディー》はリ・ハーモナイズしたメロディーを間に入れて洗練度を増しています。単純にメロディーを弾かず、リフレインしながら重ねるようにテーマを綴っていくのが素敵です。バラード演奏ではなく、ドラムがガッツリ煽っているのもいいですね。

美しくも逞しい!なでしこJAPANみたいじゃないか。って、また出ました。m(_ _)m ピアノ・ソロに入ってもピアノをしっかり鳴らして行きます。メガネのインテリ風貌とは裏腹に、かなりピアノを叩いていて特に左手が強靭。ピアノ・ソロの前に入るベース・ソロも力強く迫ってきます。これは”哀愁とガッツ”です。

2曲目は何と《赤とんぼ》。日本の童謡が少しのリ・ハーモナイズが加えられて素敵なメロディーになっています。哀愁メロディーと洗練。日本の童謡侮り難し。美しくも逞しいピアノ、強靭なベース、キレの良いシンバルワークと張りのあるスネアとタムでガンガン煽るドラム。懐かしくも元気が出ます。

3曲目《イースト・オブ・ザ・サン》はワルツのリズムで軽やかにステップを踏むように3人が跳ね踊ります。単なる叙情的美メロ演奏にならないのが良いと思います。

5曲目のタイトル曲は、明るいメロディーの前半と雲行きが怪しくなる後半が良いコントラストをなしています。現代ピアノ・トリオなんですけれど、あんまり難しく考えずスインギーにやっているのが良い感じですね。スインギーとはいっても決して懐古的ではありません。

6曲目は私が大好きな曲、ジャコ・パストリアスの《スリー・ビューズ・オブ・ア・シークレット》。この曲が入っているだけで買いたくなっちゃいます。これはピアノ・ソロです。美しい曲なのでほとんどいじらず、緩急を付けることでドラマチックに弾いて行くのが素敵です。この曲は左手の低音弦の響きが素晴らしいです。オーディオ的にもかなりイケてます。ハンマーが弦を叩きその後減衰して行くのが見えるような音です。ブラボーッ!

7曲目《シネマ・パラダイス》はバラード。これはそのまんま弾くとベタな甘いメロディーなのですが、ガッツも込められているので凛とした部分が感じられます。芯が一本通っています。

8曲目《ホリデイ・フォー・ストリングス》には、コルトレーンの《カウントダウン》のラストのフレーズの一部分が挟まれているのですが、これってコリガンのアレンジですよね?スインギーに飛ばす飛ばす。イエ~ィ!

ラスト(10曲目)は《インビテーション》。私、この曲も好きなのですが、最初に聴いたのはジャコのビッグバンド。この曲は私の中ではジャコに直結しています。これもガッツ溢れる演奏。ビルスチュのシンバル&スネア&タムが飛び跳ね回ります。背後で唸るベースも素敵。ドラム・ソロもカッコいいですね。

実はこのアルバムを久々に聴いたのですが、すっかり見直してしまいました。
美しくも逞しい、哀愁とガッツのピアノ・トリオ。いかがですか?

アルバム名:『PAST - PRESENT - FUTURE』
メンバー:
GEORGE COLLIGAN(p)
VICENTE ARCHER(b)
BILL STEWART(ds)

|

« 寺久保エレナカルテットのライブを聴く。 | トップページ | スマートで大人のジャズ »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私も昨晩聞いていました、このアルバム。アカトンボが入っているやつですね。本当に偶然でした。

投稿: pierre37xxx | 2011年7月21日 (木) 22時06分

pierre37xxxさん

はじめまして。こんばんは。

>私も昨晩聞いていました、

奇遇ですね。
この《赤とんぼ》は結構気に入ってます。
日本の童謡もなかなか良いメロディーです。

投稿: いっき | 2011年7月21日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しくも逞しいピアノです。:

« 寺久保エレナカルテットのライブを聴く。 | トップページ | スマートで大人のジャズ »