« カッコいい大人のフリー・ジャズ? | トップページ | シカゴのジャズに浸る。 »

明日は「ジャズ・ヒップホップ学習会 第4回」

明日5/28(土)は ジャズ喫茶「いーぐる」、「ジャズ・ヒップホップ学習会 第4回:ジャズが失ったもの、ヒップホップが発見したもの」があります。ゲストは原雅明さん、中山康樹さんとの対談形式で講演します。

私は「ジャズ・ヒップホップ学習会」の過去3回は全て出席、今回も行きます。

原さんは「音楽から解き放たれるために --21世紀のサウンドリサイクル」という本を書かれていて、私も読み始めていますがなかなか興味深いことが書かれています。

今まだ3分の1くらいしか読んでいないうえに、取り上げているミュージシャンも聴いたことがない人が多数なため、今はおぼろげながら内容を把握しつつある状況です。

それでもここに書かれていることが、実は私が興味を抱いていたジャズのポスト・モダン状況と共通性を持っていることに気付き、明日はその辺りがもう少し見えてきたら面白いんではないかと楽しみにしています。

この本が出たのが2009年、ジャズのポスト・モダン問題が議論されたのも2009年、実は同じような事って、同じような時期に顕在化するという面白さに今(2年後)気付いた私。

う~ん、なかなかこれは面白い展開になってきた予感!

|
|

« カッコいい大人のフリー・ジャズ? | トップページ | シカゴのジャズに浸る。 »

「いーぐる」連続講演」カテゴリの記事

コメント

いっきさん
明日のジャズ・ヒップホップ学習会は僕も出席します。最後の質問楽しみにしてます。

投稿: ウッチー | 2011年5月27日 (金) 12時39分

ウッチーさん

こんばんは。
ウッチーさんもいらっしゃるんですね。
よろしければ私に声でもかけてやって下さい。
最後の質問、果たしていかがなりますでしょうか?
中山さんにご指名されちゃうのかな~?

投稿: いっき | 2011年5月27日 (金) 20時14分

いーぐるで声をかけようかと思いましたが人見知りな性分なもので断念。いっきさんの感想楽しみです。早くブログに書いてください。最後はやはり中山さんにいじられましたね『笑』

投稿: ウッチー | 2011年5月29日 (日) 22時13分

ウッチーさん

こんばんは。
いえいえ、無理して声をかけなくてもいいですよ。
私もどちらかといえばシャイで人見知りですから?
お気持ちはわかります。
レポートはもうしばらくお待ち下さい。
中山さんに質問して、しっかり説得されました(笑)。
中山さんにいじっていただけるなんて幸せ者です。
私、以前から中山さんのファンですから。

投稿: いっき | 2011年5月29日 (日) 22時55分

いっきさん
後藤さんがジャズの耳で聴くとラップはかったるいという発言や中山さんのラップをぬきにするとジャズに聴こえる発言は意外でした。ただ即興で曲を構築するのはバップたも今のヒップホップのDJも変わらないのだなと思いましたが、そのヒップホップも前進を止めてしまってる的な意見があり共感すると共に今音楽は前進してないのか?という不安にも襲われました。ジャズの伝統芸能的な所も好きですし一方で最先端の音楽も聴いてみたいと思ってます。今や新しい音楽は生まれないんですかね?

投稿: ウッチー | 2011年5月29日 (日) 23時19分

ウッチーさん

>後藤さんがジャズの耳で聴くとラップはかったるいという発言や中山さんのラップをぬきにするとジャズに聴こえる発言は意外でした。

私はお2人の気持ちが分かります。
ただ私はラップをそれほど疎ましく思っていませんが。

>ジャズの伝統芸能的な所も好きですし一方で最先端の音楽も聴いてみたいと思ってます。

私もどちらも聴きます。
それはブログをお読みいただいているのでお分かりだと思います。

>今や新しい音楽は生まれないんですかね?

それを考え出すと

>今音楽は前進してないのか?という不安にも襲われました。

ということ=”不安に襲われる”ですね。
になりますので、私は深刻に考えてもしかたがないんじゃないかと思います。
今の音楽を楽しめればいいんじゃないでしょうか?
あまりにいい加減発言ですみません。m(_ _)m

投稿: いっき | 2011年5月30日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/40148596

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は「ジャズ・ヒップホップ学習会 第4回」:

« カッコいい大人のフリー・ジャズ? | トップページ | シカゴのジャズに浸る。 »