« 元祖白人ラップ曲《ラプチュアー》 | トップページ | 上原ひろみの『ヴォイス』 »

今日はプログレなジャズ

今日は70年代プログレな気分濃厚なジャズを紹介します。

P59 エレファント9『ウォーク・ザ・ナイル』(2009年rec. rune grammofon)です。メンバーは、ストーレ・ストーレッケン(fender rhodes,hammond organ,syn)、ニコライ・ハングシュレ・アイレットセン(el-b)、トーシュタイン・ロフトフース(ds)です。ノルウェーのキーボード・トリオ。

このグループの2作目。昨年初めくらいに出たのですが、値段が高かったので安い輸入盤をHMVのマルチバイで買おうとするうちにタイミングを逸し、結局入手が今に至ってしまいました。

サウンドは70年代のプログレッシブ・ロックのイメージ濃厚。1作目ではジョー・ザビヌルの曲を取り上げていたし、ストーレッケンがウェザー・リポートのトリビュート・バンド的な「キューカムバー(スラムバー)」をやっていたことから、ウェザー・リポートのプログレ版かなと思っていたのですが、今回の2作目を聴いた感じはむしろ「エマーソン・レイク&パーマー」といった感じです。

こんなプログレ・バンドを北欧ノルウェーのミュージシャンがやっているのが何とも面白いです。基本はプログレですが、さすがにそれだけではなく、ミニマル・ミュージックや音響系要素を取り入れたサウンドになっているイマジネイティブな曲もあります。このアルバムはジャズ好きよりプログレ好き、それも若者に受けるだろうと思われます。たまにはこんな音に浸るのも気持ちが良いです。

YouTubeにこのバンドのライブ映像があるのでUPしておきます。

サウンドはE・L&Pですが、ステージは今時のシンプルなものです。

さて、では比較のためにE・L&PのほうもUPしておきましょう。

1972年の日本のライブです。派手なステージングが時代を感じさせます。

ついでにキース・エマーソンのキーボード・ワークもみておきましょう。

そしてウェザー・リポート。
上記のうようなロック要素を上手くジャズに昇華しているのがウェザーですよね。

やっぱり私はウェザーのサウンドが一番好き!

さて、単純に比較はできないことは承知で問います。
キース・エマーソンとジョー・ザビヌル、あなたはどっちが上だと思いますか?

えっ、私はどう思うかですって?ザビヌルに決まっているじゃないですか(笑)。

話は最初に戻って、エレファント9はなかなか楽しいですよ。

アルバム名:『WALK THE NILE』
メンバー:
STALE STORLOKKEN(rhodes, org, synth)
NIKOLAI HAENGLE EILERTSEN(el-b)
TORSTEIN LOFTHUS(ds)

|
|

« 元祖白人ラップ曲《ラプチュアー》 | トップページ | 上原ひろみの『ヴォイス』 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

オイラは、キース・エマーソン!!!
歴史的なシンセのパイオニアとしてのキースに1票。
  
まぁ、順番だから仕方がないですね。最初にやった者勝ち!!
ザヴィヌルがキースやチックを参考にしたと思うけど、
キースがザヴィヌルやチックを参考にしたとは思わない。

好きな音楽のジャンルによって評価が違うでしょうね。
オイラは、EL&Pが大好きな時期がありましたからね。

プログレッシブ・ロック好きとしては、キースやザヴィヌルよりもリック・ウェイクマンが上だす(笑)。

投稿: tommy | 2011年4月12日 (火) 03時30分

tommyさん

こんばんは。

>オイラは、キース・エマーソン!!!

そうだと思いました。

>歴史的なシンセのパイオニアとしてのキースに1票。

それは私も同じ評価です。

>ザヴィヌルがキースやチックを参考にしたと思うけど

キースの影響はザビヌルにもチックにもあるでしょう。
ザビヌルとチックはお互い様でしょうね。

>好きな音楽のジャンルによって評価が違うでしょうね。
>オイラは、EL&Pが大好きな時期がありましたからね。

そうですよね。
私は中学生の時(1976~78年)にプログレ大好きな友達からクリムゾンなどのレコードを借りて聴いたんですが、良さがいまいち分かりませんでした。なにせ当時の私はABBAとかビリー・ジョエルが好きだったんですから(笑)。その友達からはツェッペリンとかハードロックも盛んに薦められ、レコードも借りて聴きました。
一方でキッス、フリートウッド・マック、チープ・トリックとかが好きな友達がいて、学校で「ミュージック・マガジン」「ロッキング・オン」とかしょっちゅう読んでいましたよ。この辺りはラジオでよく耳にしました。
もう一方ではフォーク派の友達がいて、かぐや姫、吉田拓郎、小室等などを進めるわけです。そいつらはギターを弾いて、学園祭でライブをやったりしてました。で、やっぱりレコードを貸してくれて良さを説くわけです(笑)。
という感じで中学生時代は周りに音楽が溢れていました。懐かしい思い出です。

>プログレッシブ・ロック好きとしては、キースやザヴィヌルよりもリック・ウェイクマンが上だす(笑)。

それはマニアックなご意見ですね。

投稿: いっき | 2011年4月12日 (火) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/39540494

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はプログレなジャズ:

« 元祖白人ラップ曲《ラプチュアー》 | トップページ | 上原ひろみの『ヴォイス』 »