« 普通の黒いジャズ。これがいい! | トップページ | 『アフロ・ディズニー』を読み終えた。 »

「ジャズ耳の鍛え方」読了

ジャズ喫茶「いーぐる」マスター後藤雅洋さん著『ジャズ耳の鍛え方』を読了。
我ながら遅読ぶりに呆れます。
第3章まで読んだところで熱くなってブログに記事を書きました。

これは問題作である!「ジャズ耳の鍛え方」

第4章からはちょっと趣向が変わりましたので、
第3章まで読んで一区切りとしたのは正解だったようです。

第4章 ジャズの楽しみ方

要はジャズをしっかり聴きなさいということですが、
そうはいっても中々できないかもしれないので、
・歌から入るジャズ入門
・スタンダードナンバー聴き比べ
・ブラインド・ゲーム
というステップを提案しています。

余談ですが、
映画にしてもTVドラマにしても、
観るほうはしっかり観ろと言われなくてもしっかり観ていると思います。
でも音楽はうっかりするとB.G.M.として聴き流してしまいます。
たぶん強制的に観ないことができる目と強制的に聴かないことができない耳の
機能の違いからくるんじゃないかと思います。
耳は聴こえていても意識に上げないほうがデフォルトに近いんでしょうね。
文明の発展とともに雑音は増加の一途。
聴かない(意識に上がらない)は益々強められ、
音楽はB.G.M.化していくだけなのかも?
大胆な推論でした(笑)。

特にブラインド・ゲームについては詳しく解説されています。
これまでの一般的な言い方は”ブラインド・フォールド・テスト”。
テスト(試験)では堅苦しいので、ゲーム(試合)に言いなおして、
試合というか遊び感覚にしています。
昨年末には「いーぐる」で「ブラインド・ゲーム」が実施されました。
行動派の後藤さんならではですよね。

・パーカー派、パウエル派、トリスターノ派
・ジャズにおける楽器の奏法について
・キーワード編(テーマとアドリブ、スイング感、グルーヴ感、ライブVSアルバム)
・効果的アルバム・コレクション法
・ジャズ耳入門者向け名盤30
・ミュージシャン別コレクションの問題点
・「聴いた感じ」に基づく分類法

というジャズを楽しむ上でのポイントも丁寧に説明してあります。
いずれも私にとっては「なるほどそうですね。」というものでした。

第5章 ”搦め手”からジャズの面白さに近づく

”搦め手”って何て読むかわかりますか?意味はわかりますか?
私は自信がなかったからネット検索してしまいました(笑)。
”からめて”と読みます。意味はネット検索してみてね。

・ジャズ・レーベルとプロデューサー
・白人ミュージシャンVS黒人ミュージシャン または「黒さ、白さ」について
・B級ということ=判官びいき
・海賊盤が照らし出したジャズの二面性
・オーディオについて「CDかアナログか?」

ジャズ仲間で何かと話題になるあれこれについて
後藤さんの見解が述べられています。
私は後藤さんの著書やネット上でのご意見をだいたい知っていますので、
それらがわかりやすく書かれていると思いました。

〆、または”あとがき” - 「ジャズ耳」から「耳ジャズ」へ

第5章と〆は、後藤さんが日頃発言していることのまとめだと思いました。

〆のところでは「頭ジャズ」と「耳ジャズ」という言い方で対比しています。
難しさには二つあり、
ひとつは、哲学や思想、高等数学などの難しさ
もうひとつは、スポーツ習得に要する多大な時間や、職人技の難しさ
前者がもっぱら頭にかかわる難しさだとしたら、
後者は「身体技法」習得の困難さです。
と言っています。
そしてジャズの難しさは後者だとしています。
「頭で理解するもの」ではなく「身体でわかる」ものだと。
それが「耳ジャズ」だとしています。
私も大きく反対はしませんが、
それだけでは割り切れない領域があると思います。

俗にいう右脳的なものと左脳的なものです。
本当に右脳と左脳で分かれて機能しているのかはともかくとして、
左脳の”論理的なもの”と右脳の”感覚的なもの”という
頭には大きくわけて二つの思考方法があり、これらをどう扱うかです。
私には”感覚的なもの”がひっかかるのです。
頭(脳)の感覚的なものも一緒に「頭ジャズ」として排していいのか?
耳(感覚器官)には右脳の感覚的な領域も含まれていると解釈すべきか?
今の言い方には、感覚的思考についてあやふやな表現になっている気がします。
重箱の隅を突くようですが、私には疑問なのでしょうがありません。

この件については「いーぐるnote」にでも質問するとしましょうか?

※後藤さんからコメントをいただいたので、コメントをチェック願います。

〆のところにあるコルトレーンのジャズについては、
後藤さんのご意見に同意します。

『ジャズ耳の鍛え方』
ご興味がある方は是非ご一読をおすすめします。

なお、読まなかったとしても、”死刑”も”おしおき”もしません(笑)。
よしなに!

|
|

« 普通の黒いジャズ。これがいい! | トップページ | 『アフロ・ディズニー』を読み終えた。 »

」カテゴリの記事

コメント

いっきさん。やっと読み終りましたね。

内容的にはスゴクいい本だったと思うし、気分的にも分かる。
でも理論的に考えると「?」な回路が何ヶ所かあります。

確かにベッタリジャズ聴いているけど、思考回路までジャズではない(笑)。
もっとすっきりさせないと分かりにくいところも多かった。

最近では体にジャズがないミュージシャンがジャズをプレイしていると思ったり、いろいろ思うことは多いけど。
これはもう括れないんでしょうね。
ん〜、後藤さんの理論も、きっと今の人たちには当てはまらないと思います。すでに分からないエリアのような気がする(笑)。

投稿: tommy | 2011年1月31日 (月) 01時50分

tommyさん

こんばんは。

>思考回路までジャズではない(笑)。

感覚的なものを論理的に説明せざるを得ないところがそんな風に感じさせるのではないでしょうか?
やむを得ないと私は思いますが?

>もっとすっきりさせないと分かりにくいところも多かった。

それも丁寧な説明故の結果でしょうね。
なかなか難しいところだと思います。

>最近では体にジャズがないミュージシャンがジャズをプレイしていると思ったり、いろいろ思うことは多いけど。
>これはもう括れないんでしょうね。

端から対象外だと思います。ジャズもどきは(笑)。

>ん〜、後藤さんの理論も、きっと今の人たちには当てはまらないと思います。

若い人にどこまで擦り寄る必要があるのか?
こっちのサイドに興味がある人だけ来てくれればいいんじゃないかと思います。
なんか最近もうめんどくさい(笑)。

投稿: いっき | 2011年1月31日 (月) 20時29分

>若い人にどこまで擦り寄る必要があるのか?
>こっちのサイドに興味がある人だけ来てくれれば
>いいんじゃないかと思います。
>なんか最近もうめんどくさい(笑)。

まったく、そのとおりだと思う。
オイラ、この頃は「自分さえ良ければOK!」よ(笑)。
音楽に情熱がある人は、もう何らかの音楽を選んでいる分けで、
浮遊層みたいなのを取込んでも違うよね(笑)。

音楽がそれ程意味を持たない人生も理解してあげよう〜
トホホッ(笑)。

投稿: tommy | 2011年1月31日 (月) 21時56分

お~っ、意見の一致をみて嬉しいです。

>なんか最近もうめんどくさい(笑)。
とは書きましたが、私は以前からブームに乗るような俄かジャズファン(≒浮遊層みたいなの)はいらないと言ってきたんですが、むしろtommyさんはこれまで逆のことをおっしゃっていませんでしたか?
一致したのなら話は早いです。

ブログにしても、私は初心者とか特定の人は想定せず、私のブログに興味を持ってくれた人が共感してくれればいいと思ってきましたし、そういう人達にジャズを説明するというよりは、単に自分がどういうことに興味を持ってアルバムを買ったり、聴いたりしているかを身をもって示しているだけのつもりです。
それはある意味親が子に背中を見て育ってくれればいいと思ったり、先輩が後輩に俺の仕事を見て盗めと言っているのと同じようなものです。
ははっ、カッコつけすぎ(笑)。
本音はもっといい加減ですが。
気ままにブログに綴っているだけです。

で、中山康樹さんが「JaZZ JAPAN」No,5に書いていたような痴態を見せないようにはしているつもりなんですが・・・(笑)?

投稿: いっき | 2011年1月31日 (月) 23時39分

オイラは、どちらかというと「みんなで行こうぜ〜」って思うタイプだったのですが、現実にいろいろと傷ついたこともあり(笑)、
最近どうでも良くなった。キッパリッ!

また後何年生きていたいか?と考えたら、ジャズに構っている場合じゃなかった。ジャズ好きな自分に魅力を感じなくなった。
只今、ゆるやかなフェイドアウトを試みています(笑)。

投稿: tommy | 2011年2月 1日 (火) 00時27分

そうですか。
それは寂しいです。
でも、考え方は色々あると思いますので、それはそれでしょうがないと思います。
ジャズは薬にも毒にもなりますからね(笑)。

投稿: いっき | 2011年2月 1日 (火) 01時03分

みなさん熱心に私の本についてご意見を述べていただき、ほんとうに嬉しく思います。いっきさんもtommyさんもおっしゃっていますが、「感覚的なもの」と「思考すること」の区別は、日常生活ではほとんど意識しないので、一般に混乱しがちですね。

しかし、この二つの脳の作用を区別する簡単な方法があります。出来事と同時に、そして同時にしか起こらないのが「感覚」で、出来事の前でも後でも自由にその出来事について考えることを「思考」と言います。

スポーツのワザも職人の技術も、動作すると同時に発動する脳の作用で(もちろん「感覚」も脳の作用です)、極めて感覚的なもの(考えていたら間に合わない)です。「ジャズ耳」はまさにそうした「感覚的な」性質を持っているので、鍛えるにはスポーツや職人技の修練と同じ、反復訓練、つまり繰り返し聴くことが重要になってくるのです。

この説明でわかりにくかったら、『いーぐるノート』の方にでも再度不明点を書き込んでください。

投稿: 後藤雅洋 | 2011年2月 2日 (水) 09時45分

後藤さん

コメントをいただきありがとうございます。

>みなさん熱心に私の本についてご意見を述べていただき、ほんとうに嬉しく思います。

興味深い内容なので、みなさん色々な意見があるのだと思います。

>、「感覚的なもの」と「思考すること」の区別は、日常生活ではほとんど意識しないので、一般に混乱しがちですね。

はい、そう思います。
私は明確に分割できないものだとも思います。

>出来事と同時に、そして同時にしか起こらないのが「感覚」で、出来事の前でも後でも自由にその出来事について考えることを「思考」と言います。

なるほど。そう言われてみればそういう感じです。
でも「感覚」というのが出来事の前後でも自由にできないかというと、ちょっと違和感を感じます。例えば、ライブで感じた凄い瞬間、ゾワゾワするような肌感覚が記憶に残っているとか。スポーツなどでよく言われるイメージトレーニングとか。イメージトレーニングを思考としてしまっていいのか?疑似感覚みたいなものが関与しているようにも感じます。
たぶん”感覚”という言葉の使い方が違うのでしょうが、私には上記の「感覚」と「思考」の分け方に、今の段階では違和感を感じます。

感覚的なものが脳の作用であることは分かりました。
「頭ジャズ」=「脳ジャズ」的に感じてしまうところがあったので疑問に思ったのです。「頭ジャズ」=「論理思考ジャズ」とすれば良いことですね。

「思考」⇔「感覚」というのはことばの使い方でちょっと微妙な感じがします。「論理的な思考」「感覚的な思考」という使われ方もあるのではないかと思います。普通の使われ方は「思考」≒「脳の活動(作用)」のように思います。誤解があるといけないので触れておきました。後藤さんが意図されていることはだいたい分かります。

>「ジャズ耳」はまさにそうした「感覚的な」性質を持っているので、鍛えるにはスポーツや職人技の修練と同じ、反復訓練、つまり繰り返し聴くことが重要になってくるのです。

については異論はありません。

どうしても知りたい疑問が生じた場合は、『いーぐるノート』に書きこませていただきます。

投稿: いっき | 2011年2月 2日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/38673926

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズ耳の鍛え方」読了:

« 普通の黒いジャズ。これがいい! | トップページ | 『アフロ・ディズニー』を読み終えた。 »