« 分る人には分るし、分らない人には分らない? | トップページ | ビール会社が作ったジャズ・アルバム »

ということで超マイナーなこれ。

こんなのもありますということで、興味がある方はどうぞ。

P67_2 マニュエル・メンジス・グルップ6『ダルシト・クラッシュ』2008年rec. hatOLOGY)です。メンバーは、マニュエル・メンジス(tp)、レト・スーナー(as,a-cl)、ローランド・フォン・フルー(ts,b-cl)、フロ・ストッフナー(el-g)、マーセル・スタルダー(el-b)、ライオネル・フリードゥリ(ds)です。カタカナ読みは参考程度。スイスのコンテンポラリー・ジャズ・グループです。このグループの3枚目のアルバム。

ハットロジー・レーベルのジャケットは白黒写真にオレンジ色の字で統一されていて、ジャケットを見ても内容が全くわからないのがポイント(笑)。中には難解系のフリー・ジャズが含まれていて、どうも近寄り難いものがあります。千数百枚CDを持っている私ですが、このレーベルのCDはたった3枚しか持っていないのです。このCDとこのグループのファースト・アルバムとジョン・ゾーンの『ニュース・フォー・ルル』の3枚だけ(笑)。

今回このCDを買ったのはファースト・アルバムを聴いて良かったからです。とはいうものの、実はいつものディスクユニオン通販特価セールで購入(笑)。サウンドとしては躍動的な8ビートを基調としたロック的な演奏。エレクトリック・ギターがチープな感じでガレージ・ロックの匂いを漂わせています。全曲リーダーのメンジスが作曲。トランペットが3管をリードする構成が多く、曲によってサックスやギターのソロが入ります。

単純なテーマでソロを回す演奏というよりは楽曲重視。バラードでは哀愁漂うメロディーをトランペットが切々と歌い上げつつ熱く展開していきます。中にはギターがかなりロックしつつ、3管がフリーな咆哮をするアグレッシブな曲もあります。メンジスのトランペットは音色・奏法ともにデイヴ・ダグラス似。サックス陣もテクニシャンでソロになれば熱くブローしています。今時の無機的な部分が少ないのも良いところです。

スイスのグループなのですが、何の予備知識もなければアメリカのグループに聴こえるはずです。ロック・テイスト濃厚なコンテンポラリー・ジャズとしてはなかなかの出来だと思います。

アルバム名:『Dulcet Crush』
メンバー:
Manuel Mengis(tp)
Reto Suhner (as, a-cl)
Roland von Flüe(ts, b-cl)
Flo Stoffner(el-g)
Marcel Stalder(el-b)
Lionel Friedli(ds)

またパソコンの調子が悪いよ~。
3か月前に起きた現象が再現。一体なんなんだろう。
またリカバリーしなきゃならないのか?憂鬱です(涙)。

|

« 分る人には分るし、分らない人には分らない? | トップページ | ビール会社が作ったジャズ・アルバム »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ということで超マイナーなこれ。:

« 分る人には分るし、分らない人には分らない? | トップページ | ビール会社が作ったジャズ・アルバム »