« フェロモン女性ヴォーカル! | トップページ | 「PCMジャズ喫茶」のゲストは星野秋男さん(後編)。 »

阿川泰子でも聴いて気楽にいきましょ!

ジャズ友tommyさんが凄いことを書いています(笑)。

スイングジャーナルの最終号が出たが 足りないものをブログは埋めているか?

それはちょっと波紋が大きいかもしれませんよ(笑)?

書いていることが当たっているだけに私は胸に”グサッ”ときました。

でも、私はtommyさんが好きだから許せます(笑)。

「PCMジャズ喫茶」で寺島靖国さんがどんなにとんでもないことを言っても

笑って聴けるのと同じです。

無視しようかとも思ったのですが、それではジャズ友として失礼。

ということでリアクションしてみました(笑)。

波風を立てるのは苦手なのでこの程度のリアクションになってしまいました(涙)。

さて、今日もマニアックなことを書こうと思ったのですがやめましょう。

P191 阿川泰子『レディー・セプテンバー』(1985年rec. ビクター)。阿川泰子は80年代の女性ジャズ・ヴォーカル・ブームに乗った人です。たぶん当時一番知名度が高かったと思います。テレビにもたくさん出演していました。

歌い方がカマトトというか(笑)、独特なので好き嫌いは分かれるところだと思います。私もあまり好きとは言えないのですが、これはこれで楽しい(笑)。

A面1曲目《ヴェラ(セプテンバー)》は当時コピー機mitaのコマーシャル・ソングだったはずです?YouTubeを探したんですが他の曲はありますが、この曲を歌っているCMはないんですよね~。う~ん私の記憶違いなのかな~。

ありました。後半のやつです。それにしても奇抜なCMですよね(笑)。

まるで白昼夢を見ているようなフワッとした曲です。で、メロディーは私のツボにピタリと嵌っています(笑)。阿川のアンニュイなボーカルにもマッチしていてかなりの快感。

全曲はコレ。埋め込めないので下記リンクをクリックして飛んで下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=mxP4jsy37hQ&feature=related

他にはサンバやボサ・ノヴァが入っていて、とてもリラックスして聴けるアルバムです。阿川のアンニュイ・ボーカルに身を任せると最高ですよ。ジャケットの絵のとおりで夏に合うと思います。

うん。やっぱりマニアックなネタですか(笑)?

tommyさんから以下のコメントをいただきました。

いっきさん、こんばんは。

はっははは。あれは自分に対する宣言なんだよ。
「よし!新しいことするぞ!」っという逃げ止め(笑)。
あれくらい書いて置いたら、戒めになるでしょう?

やっぱりねぇ、ジャズ聴きってコミュニティーにはならないって
思うんだよね。ジャズでも好きな事が違い過ぎるし、
目的をひとつには絞れないないんだよね。
ジャズ界隈では、大きなプロモーションは難しそうだからね。

こうなったらUstに参入して、キャラを売り込もうって思っていましす。
いわゆるメディアミックスってやつですよ。
はじまったばかりなので、ハードル低いし。元々映像スキルはあるからね。
そこから、「ジャズを聴こう」に持って行ければ良し!ツーことです。

日本全国のライブハウスからUstするぞ!!オーッ。

確かに落ち着いて読むと自分への戒めですね。
最初読んだ時はブロガーを挑発しているのかと思いました(笑)。

狭いコミュニティーでいいんじゃないですか?
無理して広げる必要はないと思います。
ジャズでメジャー感を出すなら今は上原ひろみ(笑)。
日本に居た間ですが、あれだけたくさんTVに出たジャズ・ミュージシャンは
他にいないと思いますよ。

Ustはどんな展開になるのかとても楽しみにしています。

さて、ブログの件ですが、
私は表現の新旧とかより、”楽しさ”を伝えることこそが大切だと思います。
何事でもそうですが、やっている人が楽しそうでないと、
「じゃあ俺も私もやって(聴いて)みよう。」とは思わないと思うのですが?

まっ、私なりの信念でブログは続けてくということで。よしなに(笑)。

|

« フェロモン女性ヴォーカル! | トップページ | 「PCMジャズ喫茶」のゲストは星野秋男さん(後編)。 »

フュージョン・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。

はっははは。あれは自分に対する宣言なんだよ。
「よし!新しいことするぞ!」っという逃げ止め(笑)。
あれくらい書いて置いたら、戒めになるでしょう?

やっぱりねぇ、ジャズ聴きってコミュニティーにはならないって
思うんだよね。ジャズでも好きな事が違い過ぎるし、
目的をひとつには絞れないないんだよね。
ジャズ界隈では、大きなプロモーションは難しそうだからね。

こうなったらUstに参入して、キャラを売り込もうって思っていましす。
いわゆるメディアミックスってやつですよ。
はじまったばかりなので、ハードル低いし。元々映像スキルはあるからね。
そこから、「ジャズを聴こう」に持って行ければ良し!ツーことです。

日本全国のライブハウスからUstするぞ!!オーッ。

投稿: tommy | 2010年6月23日 (水) 03時35分

tommyさん。こんばんは。

本文のほうに追記します。

投稿: いっき | 2010年6月23日 (水) 20時05分

いっきさん

こんばんは。

いっきさんのコメント、


>狭いコミュニティーでいいんじゃないですか?
>無理して広げる必要はないと思います。


>ブログの件ですが、
>私は表現の新旧とかより、
>”楽しさ”を伝えることこそが大切だと思います。

には、
まったくもって同感です。

投稿: | 2010年6月24日 (木) 01時17分

雲さん。こんばんは。

>まったくもって同感です。

そうおっしゃっていただけると、私も心強いです。
”楽しさ”を伝えるのはなかなか難しんですけど、愚直にやっていくしかないと思っています。

投稿: いっき | 2010年6月24日 (木) 20時09分

>狭いコミュニティーでいいんじゃないですか?
>無理して広げる必要はないと思います。

たいがいそうなんだよね・・・そこでいつも終わる(笑)。

まぁ、個人の趣味の問題なので、仕方がないことですが。
それは認めつつも、多くの人の歓喜が見たいオイラ。
ジャズピクニックくらいフツーに開催されるようになるといい。
外国では、ジャズコミュニティー主催の開催が多いんだよ。
ジャズチャリティーも多い。社会活動にも結びついているジャズ。

オイラはそこまで夢みたいんだけど。現状は無理なんだよね。
ジャズ聴きは、そんなことまでやりたいとは思わないんだろね。
まぁ、そういうことを考えている分けです。

投稿: tommy | 2010年6月24日 (木) 21時57分

tommyさん。こんばんは。

tommyさんの抱かれている”夢”、私もわからないわけではないんですよ。

でも、それは日本人の国民性にも由来しているんじゃないかと思います。
この前の酒の席でも言いましたが、目先の流行を追いかけまわしているような文化では、なかなか難しいと思いますよ。その一方で個人の域を出ない”オタク文化”というのもあるわけで・・・。

「多くの人の歓喜が見たい。」でもそれって今開催中のワールドカップじゃないけれど、申し訳ありませんが”にわかファン”の歓喜でしょー。
私はそういうのが苦手です。m(_ _)m。

投稿: いっき | 2010年6月24日 (木) 22時30分

>今開催中のワールドカップじゃないけれど、
>申し訳ありませんが
>”にわかファン”の歓喜でしょー。
>私はそういうのが苦手です。m(_ _)m。

ボクもそういうのは、超苦手です。

投稿: | 2010年6月25日 (金) 01時00分

雲さん。こんばんは。

雲さんもそうでしたか(笑)。

そうは言っても”にわかファン”くらいが楽でいいと思う時もあります。
何事もマニアになるとめんどくさくなりますから(笑)。
でもそのめんどくささがないと物足りないのがマニア気質だったりするから困ります。

投稿: いっき | 2010年6月25日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿川泰子でも聴いて気楽にいきましょ!:

« フェロモン女性ヴォーカル! | トップページ | 「PCMジャズ喫茶」のゲストは星野秋男さん(後編)。 »