« 「快楽ジャズ通信」の公開収録 | トップページ | 西山瞳さん作曲コンペでの受賞おめでとうございます! »

昨日は「快楽ジャズ通信」の公開収録を見に行ってきました。

パソコンの再セットアップもなんとか終了。
快調に動いています。

昨日は「快楽ジャズ通信」の公開収録を見てきました。

久々に東京へ出かけたので、ついでにいつものディスクユニオンへ。まずは吉祥寺のジャズ&クラシック館から。最近新譜CDはネット通販で購入しているので、中古レコード&CDを物色。今回はレコードを重点チェック。定番ものはほとんど持っているので、マニアックなものをさがします(笑)。

P181 ジャ~ン!こんなのが見つかりました。トーマス・スタンコ『パープル・サン』。ランク”A”、盤質”A/B”ならば問題なし。ジャズ喫茶「ジニアス」で聴いてから探していました。⇒ジャズ喫茶「ジニアス」にて〆。CDも出ているのですがジャケットがN.G.。ということで、このレコードを探していたのです。見つけたときには心の中でガッツ・ポーズをしていました(笑)。こういう出会いがあるから中古レコード探しはやめられませんよね。で、この後お会いするジャズ友の皆さんに自慢するんですから、しょうがないやつです、私(笑)。値札には店員のおススメ・コメントも書いてありました。

この『パープル・サン』はフリー・ジャズのところに分類されていましたが、エレクトリック・マイルス&ウェザー・リポートに対するスタンコの回答という感じです。1973年の録音。エレクトリックなのはエフェクターをかけたバイオリンだけですが、サウンドは上記のような雰囲気です。アコースティック・ベースなのにマイケル・ヘンダーソンのようなエレベに聴こえてきます。怪しさと洗練が同居した私的には”ツボ”なサウンドなのです。バイオリンも出てきます。こんなのを知っているのはジャズ喫茶のオヤジだけですよね。

他には、ビリー・ハーパーのスピリチュアルな『カプラ・ブラック』と後藤雅洋さん著「ジャズ・レーベル完全入門」でチェックしていたジョン・サーマン『ウィズホールディング・パターン』を購入。CDには収穫なし。というか、例の”アレ”以外は探しませんでした。

気分よくお店をあとにした私は御茶ノ水のユニオンへ。中古レコード売り場を見たのですが残念ながら収穫はなし。そこから歩いて秋葉原へ。秋葉原では私が愛用している「はんだ吸取線」を3個まとめ買い。真空管アンプをちょこっといじる時に重宝しています。

今日は遅めの出発だったので時間はあまりありません、ショッピングはこのくらいにして「快楽ジャズ通信」の収録会場へ。

P182_2 銀座は歩行者天国。かなりの人が出ていましたよ。今iPadで話題騒然の銀座アップルストアーは大変混雑していました。ここの3階にあるアップルシアターが収録会場です。

開演20分ほど前に入ったわたしですが、雲さんとtommyさんは収録の打合せや準備の最中。それでも顔を見れば合間にはジャズ・トーク(笑)。ゲストのジャズ・トランペッター原朋直さんもトランペットの準備に余念はなく、楽しそうにしていました。

番組収録開始です。3人の紹介の後ディスカッションへ。今回はレギュラー・ゲストの tommy さんも参加しています。右に座っているのがゲストの 原朋直 さん。

P183_3
原さんはトランペットについて話し出すと止まりません(笑)。トークもとてもわかりやすくて滑らか。滑らかさは原さんのトランペット・プレイそのものといった感じです。次から次へと出るトークは初めて知ったことも多くて楽しいものばかりでした。

P184_2
ミュートについては実演を交えてとてもわかりやすく解説してくれました。各ミュートの音色の違いを実感するとともに、ハーマン・ミュートの音が出た途端、マイルスが頭に浮かんできたあたりは、ジャズ・ファンにとってのマイルスのアイコンの刷り込みを実感した瞬間でありました。

P185
原さんのトランペットと雲さんのエレベでデュオもありました。原さんは次々ミュートを変えてはそれぞれの特徴を生かして吹いてくれました。忘れずに言っておきたいのは原さんの(オープン)トランペットの音です。とても温かくて柔らかく滑らかです。tommyさんが「原さんはトランペットの音が柔らかいので、フリューゲルホーンはいらないですね。」と言ったら、原さんもフリューゲルホーンはあまり好きじゃないと言っていました。トランペットの音色にかける原さんの拘りをトークの端々から強く感じましたよ。

P186
YAMAHAで発売されているトランペットの”原朋直モデル”についての拘りの話がありました。写真はマウスピースについて熱く語る原さん。マニアックな話なのですが、これがとても面白い話でした。

45分があっという間に過ぎてしまうとても楽しい収録でした。

収録の後は じゃこのめ さんとtommyさんのお嬢さんにしてとてもかわいいユーストリーヌ Ayano* さんも交えて打上げへ。毎度のことながらコアなジャズ論議他が交わされたのは言うまでもありません(笑)。パソコン再セットアップの疲れなのか?いつもよりからみ酒になってしまいました。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン!

収録した番組は 「快楽ジャズ通信、ポッドキャスト編」 にUPされますので、チェックしてくださいね。雲さんのブログ:jazz blog「快楽ジャズ通信」 にもインフォメーションが出ると思いますので要チェック!

原さんの新譜も是非!

雲さんの本も好評発売中!

|

« 「快楽ジャズ通信」の公開収録 | トップページ | 西山瞳さん作曲コンペでの受賞おめでとうございます! »

ラジオ快楽ジャズ通信3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は「快楽ジャズ通信」の公開収録を見に行ってきました。:

« 「快楽ジャズ通信」の公開収録 | トップページ | 西山瞳さん作曲コンペでの受賞おめでとうございます! »