« ファブリツィオ・ボッソも気合いが入ってます。 | トップページ | 「快楽ジャズ通信」のポッドキャスト編にUP! »

CDショップで聴いて気に入りました。

CDショップへ行くと店内に曲が流れていますよね。これが販促に一役かっているのは皆さんご存じのとおり。CDを物色しながら聴いているのですが、時には物色する手が止まってしまう場合があります。流れている曲に耳が引き込まれ、演奏を聴いてしまっているからです。そんな場合は今かかっているCDを確認します。

でも、今かけているCDが置かれている前に行って、そのCDをじっくり見るようなことはしません。なぜって、店員さんが売りたくてかけているCDに、まんまと引っかかってしまった自分を見せるのが悔しいからです。う~ん、ひねくれ者です(笑)。遠くからCDジャケットを何気なく“チラッ”と確認してCD棚を探します。まあ、結局はそのCDをレジに持って行くわけですから、その時の店員さんの気持ちは“してやったり”なのでしょうね(笑)。

今日紹介するのはそんなまんまと引っかかってしまったCD。実はショップで聴いて気に入ったのに、買ったのは恒例のネット通販。店員さんごめんなさい(笑)!

P160 スティーヴ・デイヴィスfeat.ラリー・ウィリス『ライヴ・アット・スモールズ』(2009年rec. Smalls Live/Off Minor)。 メンバーは、スティーヴ・デイヴィス(tb)、マイク・ディルボ(as)、ラリー・ウィリス(p)、ジェラルド・キャノン(b)、ウィリー・ジョーンズⅢ(ds)です。

タイトルどおりニューヨークのスモールズ・ジャズ・クラブでのライヴ演奏を収録したものです。まとまって数タイトル出た中の一枚。クラブの空気をそのままパッケージしたような録音がなかなか良い感じです。

これは痛快ハードバップ・セッションです。まずはリーダーのデイヴィスのトロンボーンが熱くていいですね。トロンボーンという楽器はジャズの熱気を一番感じさせてくれます。熱いのですが比較的落ち着いたフレージングではあります。相方ディルボのアルト・サックスがこれまた“グリグリ”とエグくて気持ちいいです。ジャッキー・マクリーンと同じようなファナティックな匂いを発散します。

で、フィーチャーされたピアノのウィリスが素晴らしい。ホーンのバックでは美モーダルな音をぶつけて煽りつつスピリチュアル度を高め、ソロになれば美しさと熱さを兼ね備えた音で迫ってきます。私はウィリスがかなり気に入ってしまいました。そしてベースとドラムも演奏をきっちりバックアップしつつ盛り上げていきます。ジョーンズⅢの展開に合わせたドラミングもいい感じですね。

CDショップの店内B.G.M.は、ショップによっては全く引っかからない場合もあります。まあそれはそれで違った利用法もあるわけで(笑)。気に入った場合は素直に買ってあげましょう!

このCDショップとはどこだったのでしょうか?
そう、いつものディスクユニオン新宿ジャズ館ですよ(笑)。

アルバム名:『LIVE AT SMALLS』
マンバー:
STEVE DAVIS(tb)
LARRY WILLIS(p)
MIKE DIRUBBO(as)
GERALD CANNON(b)
WILLIE JONES III(ds)

|

« ファブリツィオ・ボッソも気合いが入ってます。 | トップページ | 「快楽ジャズ通信」のポッドキャスト編にUP! »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
買ったきっかけがまったく同じ(ただし、私はryan kisor盤でしたが)で、ユニオン新宿ジャズ館で店頭で鳴ってる音を聴いて気に入ってネットで購入してます。
なんだかおもしろいですよね。

このあと、一気に初回発売も2回目発売も全部買うことになるのでありました。

TBさせていただきます。

投稿: oza。 | 2010年5月15日 (土) 06時29分

oza。さん。こんにちは。

TBありがとうございます。
後ほど私からもさせていただきます。

>買ったきっかけがまったく同じ

oza。さんもそうでしたか。
ユニオン新宿ジャズ館で流しているCDは気になるものが多いです。
同じユニオンでも吉祥寺は私的にはダメなんです(笑)。

>なんだかおもしろいですよね。

ブログをやっているジャズ・ファンの行動パターンって意外と似ているのかもしれませんね(笑)。
特にブログで同じようなCDを紹介している場合は、だいたい通じるのものがあるように感じます。

>このあと、一気に初回発売も2回目発売も全部買うことになるのでありました。

それは凄いです。
私は初回分は今のところコレしか買っていません。
2回目はシーマス・ブレイクを買おうかと思っているところです。

投稿: いっき | 2010年5月15日 (土) 13時59分

トラバありがとうございました。
このアルバム高揚感たっぷりで、でも、頭痛くなくて、、
とても、楽しかったです。

シーマス、、買おうかなぁ。。

トラバしました。

投稿: すずっく | 2010年5月17日 (月) 18時34分

すずっくさん。こんばんは。

トラバありがとうございます。

>とても、楽しかったです。

ほんとに楽しいライヴですよね。

>シーマス、、買おうかなぁ。。

面白そうな予感がするのですが・・・。
今のところ私は買ってみようと思っています。

投稿: いっき | 2010年5月17日 (月) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CDショップで聴いて気に入りました。:

» Steve Davis Live At Smalls [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Live at Smallsと題したアルバム群がどどんとリリースされる情報は、結構早い時期から見つけて気になってはいたのです。  リリース情報は6枚分あったのですが、当初からRyan Kisor、Kevin Hays、David Kikoskiの3枚が上位にいて、  他の3枚は(知らない人だと言うのが最大の理由で)下位につけてありました。 が、なんとなく様子を見てからと静観しておりましたところ、リリース直後の店頭でRyan Kisorの音源が..... [続きを読む]

受信: 2010年5月15日 (土) 06時25分

» Liveatsmalls/SteveDavisQuintet [MySecretRoom]
FeaturingLarryWillis昨日、疲れと眠さと戦いながら、高速を飛ばしてるときにかけていたアルバム。「HighwayRider/BradMehldau」を聴きまくった頭とからだが自然と要求してたんでしょうねぇ。こう... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 18時33分

« ファブリツィオ・ボッソも気合いが入ってます。 | トップページ | 「快楽ジャズ通信」のポッドキャスト編にUP! »