« 今日の「快楽ジャズ通信」はマニア向けでした。 | トップページ | デカイ音で聴くとスカッとする1枚。 »

マッキャスリンもなかなかやってくれます。

最初に四方山話から。

NHK教育で「めざせロック・ギタリスト」という番組が始まったのですが、なかなか面白いですね~。ギターが弾きたくなってきました(笑)。もし楽器をやるならギターでロックが楽しそう。バンドを組むのは大変なんでしょうけど、ジャズよりロックがカッコいい(笑)。

今、HMVの通販で「輸入盤CD1000円/1500円セール」をやっています。数か月前に買ったのが1500円になっていたりしてショックでした(笑)。パット・メセニーの『オーケストリオン』や最近話題の女性ボーカルが1500円です。買いそびれていた話題のCDを買うチャンスだと思います。

P118 本日紹介するのはダニー・マッキャスリン『デクラレイション』(2009年、Sunnyside)です。メンバーは、ダニー・マッキャスリン(ts,alto-fl)、エドワード・サイモン(p,org)、ベン・モンダー(g)、スコット・コリー(b)、アントニオ・サンチェス(ds)、パーネル・サターニョ(per)、ブラス・セクション5人です。NY注目株勢揃い!プロデューサーはアルト・サックスのデビッド・ビニー。ビニーはこの周辺の人のプロデュースをたくさん手がけています。先月ディスクユニオンの1000円均一セールで買った中の1枚。

全曲マッキャスリンが作曲して編曲をしています。ブラス・セクションも加わったコンテンポラリー・ジャズ。クリス・ポッターもブラス・セクションを加えた『ソング・フォー・エニワン』を作りましたが、メルドーの『ハイウエイ・ライダー』といい、今時のジャズマンは編曲もこなせる人達が多いですね。

このアルバムでのブラスはあくまでサウンドに厚みを加える程度、基本はワン・ホーン・クインテットです。1曲目《M》はミディアム・テンポでマッキャスリンが熱いソロをかまします。ここでのフレージングを聴いて思ったのですが、この人はマイケル・ブレッカーとクリス・ポッターの中間くらいに位置していますね。マイケルからクリポタへの現代テナーの系譜がわかって面白いです。続くサイモンのピアノ・ソロはダーク・ビュティーです。

2曲目《ファット・キャット》は熱いラテンのリズムにのってマッキャスリンが飛翔します。この曲のみパーカッションが参加。この手のリズムでのサンチェスのドラミングは最高!ブラスが熱さを演出。3曲目《デクラレイション》は牧歌的で荘厳な感じも漂うバラード。マッキャスリンはなかなかスケールの大きなテナー・ソロを聴かせてくれます。

4曲目《アッパー・カット》。タイトルからいって何かカマしてくれそうでしょ(笑)。4ビートのコンテンポラリー・バップ曲です。コリーの歌うベース・ソロから入ります。バックでのモンダーのコード・ワークはセンス良いですね。キターッ!マッキャスリンのメカニカルで熱いソロが炸裂します。これはかなりマイケル寄り。私って結局この手のやつが好きなのね~っ(笑)。

5曲目《ロック・ミー》。これはタイトル通り8ビート。モンダーがギンギンのロック・ギターを弾きます。ブラス・セクションのチューバがいいアクセント。マッキャスリンのテナー・ソロにギターのバキングが加わると、さながらボブ・バーグ/マイク・スターンの双頭カルテットの雰囲気。これも好きです。テーマのブレイクを挟んで始まるモンダーのギター・ソロが気持ちエエ~ッ!バックではサイモンがオルガンで煽って、ロケンロー!その後ブラスが加わって牧歌的になり適度にヒート・ダウンして終了するのがユニーク。

6曲目《ジェニーナ》はバラード。メセニー風フォーキーな曲調でのモンダーのギターが素敵。となるとマイケルの影がチラチラしてしまうのはしょうがありません。7曲目《セカンド・アワー》は幾何学的なテーマ&変拍子が今時。こうなるとマッキャスリンはクリポタ寄りに。サンチェスの個性的なドラム・ソロもフィーチャー。ラスト《レイト・ナイト・ゴスペル》は、郷愁感漂うフォーキーなバラード。サイモンのピアノ、マッキャスリンのテナーがゆったり歌い上げた後、徐々に盛り上がって終焉へ。

私、イタリアがどうの、NYがどうのとか言ってますが、結局のところ、ジャズを聴き始めた頃に出会った80年代コンテンポラリー系。チックの『スリー・カルテッツ』、、「ウェザー・リポート」、「ステップス」、「クエスト」、ボブ・バーグ、マイク・スターン、カーラ・ブレイ、オーネット・コールマン・プライム・タイム・バンドとかのサウンドが好きだというのを、今痛感しています(笑)。

アルバム名:『Declaration』
メンバー:
DONNY McCASLIN(ts,a-fl)
EDWARD SIMON(p,org)
BEN MONDER(g)
SCOTT COLLEY(b)
ANTONIPN SANCHEZ(ds)
PERNELL SATURNINO(per) etc.

|

« 今日の「快楽ジャズ通信」はマニア向けでした。 | トップページ | デカイ音で聴くとスカッとする1枚。 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

ゲゲェ〜〜

これも1000円なんですかぁ。
って、反応遅すぎますね。(爆)

これ欲しかったんですけど、なんかのタイミングでキャンセルしちゃって、ソレッキリ忘れちゃってました。(爆)
メンバーみただけで、ヨレヨレに涎が出ます。ハイ。

投稿: すずっく | 2010年4月 9日 (金) 12時36分

すずっくさま。こんばんは。

>これも1000円なんですかぁ。

時々掘り出しものが出るんですよ。
なので、ユニオンのホームページをこまめにチェックしています。

>って、反応遅すぎますね。(爆)

いつでもぞうぞ。

>メンバーみただけで、ヨレヨレに涎が出ます。ハイ。

メンバーが凄いですよね。確かに涎モノです(笑)。
なかなか良かったですよ。
入手の機会が早く来ることをお祈りしています。

投稿: いっき | 2010年4月 9日 (金) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッキャスリンもなかなかやってくれます。:

« 今日の「快楽ジャズ通信」はマニア向けでした。 | トップページ | デカイ音で聴くとスカッとする1枚。 »