« 寺島靖国の「PCMジャズ喫茶」は毎度の展開! | トップページ | アキコ・グレースさんの気さくな本音トーク満載! »

ブルーノートの行方均さんの番組が始まりました。

音楽専門・衛星デジタラルラジオ・ミュージックバードから

宣伝費をいただいているわけではありませんが(笑)、

今春から始まった新番組を紹介します。

「プロファウンドリー・ブルー」

パーソナリティは、レコード・プロデューサーの行方均さん。

ジャズ・レーベル:ブルーノートを”深~く”楽しむ番組とのこと。

ちなみに番組タイトルになっている《プロファウンドリー・ブルー》はブルーノート初期(1941年)のヒット曲で、エレキ・ギターの開祖チャーリー・クリスチャンが生ギターを弾く室内楽ジャズの名演だそう。

行方さんは「高野 雲の快楽ジャズ通信」

寺島靖国の「PCMジャズ喫茶」にゲスト出演していました。

その時の私のレポートは以下。

行方さんのジャズ入門も強烈です。
今日の行方さんはノリノリでした。

ゲスト出演では言い足りなかったんでしょうね(笑)。

とうとう番組を持ってしまったんです。

「All About Riverside」というリバーサイド・レーベルの番組もあったので、

「リバーサイドがあってなんでブルーノートがないんだ!」と奮起したのかも?

番組放送時間は、毎週土曜日日曜日(再放送)の13:00~14:00

ミュージックバードのJAZZチャンネルで放送しています。

今日の放送は「青い名曲PART2~ブルーノート4000番台篇」

渋いタイトル&内容の番組でした。選曲も激渋!

トークは必要最低限。曲をかけるのを主体にした番組です。

放送を聴いてみたい方は ミュージックバード からお申し込みできます。

今これを書くためにミュージックバードのホームページを調べていたら、

「ソングリスト」があることに気づきました。

その日かける曲が全て掲載されていたんですね!

これからは利用させていただきます。

とはいっても、曲名/演奏者/CD番号 しか表記されていないので、

アルバム名がなくて不便です。

CD番号記載があるのは、クラシック流儀なんでしょうね。

クラシックの場合、アルバム名は皆同じになってしまいますから。

ミュージックバードがクラシック主体で構成されたことがわかります。

でも、ジャズ/ロック/ポップスはアルバム名で探すのが普通。

誠に不便なのです!

パーソナリティーの中には、「演奏者名」のところに「演奏者名(アルバム名)」と、

気の効いた表記方法をする方もいます。

こういう方は尊敬しますね。

ちょっとした工夫と手間でリスナーへのサービスが向上するわけです。

ミュージックバードは”CS(顧客満足度)”って考えないんでしょうかね?

こういう地道な努力をしないとリスナーは増えないと思うのですが。

と、敢えて苦言を提しておきます。

|
|

« 寺島靖国の「PCMジャズ喫茶」は毎度の展開! | トップページ | アキコ・グレースさんの気さくな本音トーク満載! »

ミュージックバード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/34175037

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノートの行方均さんの番組が始まりました。:

« 寺島靖国の「PCMジャズ喫茶」は毎度の展開! | トップページ | アキコ・グレースさんの気さくな本音トーク満載! »