« アキコ・グレースさんの気さくな本音トーク満載! | トップページ | 今の私にフィットするピアノ・トリオ »

これは黒いです。そしてシカゴは熱いのだ!

昨年、ジャズ喫茶「いーぐる」「年末ベスト盤大会」で聴いた1枚を紹介します。

原田和典さんがかけたアルバムです。マスター後藤さんもかなり気に入っていました。で、このCDを購入したかったのですが、通販で入手難となっていました。それが先月末突然入手可能になっていたので、慌てて購入。

P126 エスニック・ヘリテイジ・アンサンブル『ママズ・ハウス・ライブ 35thアニバーサリー・プロジェクト』(2008年rec. KATALYST ENTERTAINMENT)です。メンバーは、カヒル・エルザバー(ds,per,voice)、コーリー・ウィルクス(tp,per)、アーネスト・カビーア・ドーキンス(ts,per)です。シカゴのライブ・ハウス「ママズ・ハウス」の35周年記念プロジェクトでのライブ録音です。

黒いです!熱いです!たった3人でやっているのにこの濃厚な味は何なんでしょう?アフリカン・アメリカンであるが故になせる技なのでしょうね。ジャズの醍醐味のひとつである”黒さ”が濃縮された演奏が詰まっています。快感です!

エルザバーのうねる反復リズムに乗って、ウィルクスとドーキンスが単にソロをとるだけなのですが、それで何が悪い!人が生きて行くという生命力に溢れているのです。頭で考える必要などないのです。感じるままに音にすればいい。それでジャズになってしまう。カッコいいじゃないですか?こういうのってアフリカン・アメリカンでなければできないのです。

CDを聴いて感じるお店の雰囲気からいくと、日本で言えば荻窪の「アケタの店」?それとも「新宿ピットイン」?地元に密着したジャズの匂いが強烈に香ってきます。シカゴ!ジャズの街なんだろうな~。行ってみたいです。

『Oof』『オール・ブルース』はエルザバーの親指ピアノを主体としたレイジー感漂う演奏。『オール・ブルース』はこのアルバムの中の唯一のジャズマン・オリジナル。ご存じマイルス作のこの曲が黒いブルースとしてゆったり演奏されるのを聴くと、「ブルースってやっぱり黒人の音楽だなあ。」とつくづく思います。そしてその先にアフリカの大地が見えてきます。途中で入るエルザバーの鼻歌が、これまた嵌まりまくり。

『Kari』『Barundi』ではエルザバーがドラムを叩きます。このアルバムを聴いていると、ドラムという楽器が近代的な楽器だというのを実感します。アーシーさが薄まり、都会性が感じられるようになるんです。リズムは腰に来るグルーヴ。

『Kari』は「年末ベスト盤大会」で原田さんがかけた曲。ウィルクスがトランペット2本同時吹きを、ドーキンスがサックス2本吹きを披露しています。ウィルクスのトランペット2本吹きはかなり異色。これが色モノに聴こえないところがシカゴのジャズ。熱さがほとばしりますよ。エルザバーのラフなドラム・ソロも最高。凄いパワーが詰まっています。このアルバムで一番熱くてカッコいい!

『ママズ・ハウス』『オーネット』はエルザバーのボンゴを主体としたアーシーでダウン・トゥ・アースな演奏。アフリカの大地の匂いがします。『オーネット』はタイトルから想像できるルーズで浮遊感のあるテーマの曲。エルザバーの掛け声が何ともいい感じ。火を囲んで周りで歌い踊るような感じの雰囲気がいいんですよ。相手がソロをとっている時のウィルクスのギロ、ドーキンスのホイッスルや笛もなかなかいい味を出しています。

黒いジャズが聴きたい人にオススメします。

アルバム名:『ETHNIC HERITAGE ENSENBLE』
メンバー:
KAHIL EL'ZABAR(ds,per,kalimba)
COREY WILKES(tp,flh)
ERNEST DAWKINS(sax)

実は「年末ベスト盤大会」でちょっと面白い話がありました。

P127 私と高野 雲さんは同じテーブルで聴いていて、上記アルバムと益子博之さんがかけたトニー・マラビー『VOLADORES』のどっちが好きかと言う話になったのです。

マラビーのアルバムはニューヨークならではの非常に考えられた理知的な演奏です。対して上記のアルバムはシカゴならではの体から溢れる演奏。雲さんはマラビーの知性が好きだとのことでした。対する私はというと?どちらも好きなのですが、敢えて言うなら上記アルバムと答えたのでした。

アルバム名:『VOLADORES』
メンバー:
Tony Malaby(ts, ss)
Drew Gress(b)
Tom Rainey(ds)
John Hollenbeck(ds,per, marimba, vib, xylophone, glockenspiel, melodica,
small kitchen appliances)

ジャズ喫茶「いーぐる」に集う皆さん、良いアルバムを知ってますよね。

|

« アキコ・グレースさんの気さくな本音トーク満載! | トップページ | 今の私にフィットするピアノ・トリオ »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん

こんばんは。
予告ですけど、来月のスタン・ゲッツ特集にて、このマラビーのアルバムかけます(笑)。
というか、もうだいぶ前に収録しちゃいました。
早いでしょ~(笑)。

なぜに、ゲッツにマラビー?
それは放送をお楽しみに(笑)。
5月の2週です。

で、3週目は、あなたよ、あなた!(笑)

もう番組の終わりに予告入れちゃってますからね~。しかも、その回の編集は完パケってますので、変更ききませ~ん!(笑)

投稿: | 2010年4月14日 (水) 01時09分

そうそう、オイラも楽しみにしています。
あれっ?それっていつものジャズミーティングじゃん!
ジャズミーティングのスタジオ版?(笑)。
ジャズミーティング in ミュージックバード。

投稿: tommy | 2010年4月14日 (水) 01時17分

こんばんは。

雲さん。

>予告ですけど、来月のスタン・ゲッツ特集にて、このマラビーのアルバムかけます(笑)。
>なぜに、ゲッツにマラビー?
>それは放送をお楽しみに(笑)。


傾向が異なるサックスですよね。どういう流れでかけるのか、本当に楽しみです。

>というか、もうだいぶ前に収録しちゃいました。早いでしょ~(笑)。

早いですね。

>で、3週目は、あなたよ、あなた!(笑)

ハイハイッ、了解しております。
ちゃんと準備して?収録へ出向きますので、よろしくお願い致します。


tommyさん。

>そうそう、オイラも楽しみにしています。

楽しみですね。

>ジャズミーティングのスタジオ版?(笑)。

そうなってしまいますよね(笑)。
なんか緩いオヤジ・トークになりそうなのでやばいかも?
堅く成り過ぎない程度に何か考えて収録に臨みます。

投稿: いっき | 2010年4月14日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは黒いです。そしてシカゴは熱いのだ!:

« アキコ・グレースさんの気さくな本音トーク満載! | トップページ | 今の私にフィットするピアノ・トリオ »