« たまにはオーソドックスなバップもいい。 | トップページ | ドルフィーのアルトは3つのキーワードで聴け! »

パオロ・フレスの映画音楽

パオロ・フレスについ反応して買ってしまいました(笑)。

P87_2 パオロ・フレス『7/8(SETTE OTTAVI OST)』(2010年、EMI)。映画のサウンドトラックだそうです。メンバーは、パオロ・フレス(tp,flh)、ティノ・トラカーナ(ts,ss)、ロベルト・チペリ(p)、アッティリオ・ザンチ(b)、エットール・フィオラバンティ(ds)、ゲスト:マックス・カーレッティ(g)です(カタカナ表記は参考程度)。

昨年のフレスのアルバム『キアロスキューロ』(たまにはこんな音に浸るのも良いです。)に気を良くしていたので、ついついこいつも買ってしまいました。

気持ち良いイタリアン・ハード・バップのアルバムでした。映画のサントラだけあって”ジャジー”な雰囲気に溢れる演奏が詰まっています。なんとなく場面が浮かんでくるところがサントラですよね。この曲は夜の酒場?この曲は街の雑踏?この曲は公園でのデート?この曲は警察の追跡?とか、勝手に想像して聴くとより楽しくなりますよ。

大人やな~っ(笑)。これは”女子ジャズ”に薦めたいアルバムです。こういうオシャレでオトナなサウンドこそ女子に聴いていただきたいのです。この辺りから入っていただき、出来ればジャズの底なし沼に引きずり込みたいのですが(怖~っ)、それは無理強いしないとして、100人に1人くらい勝手に落ちてくれれば良しとしておきましょう(笑)。

フレスのトランペット/フリューゲルホーンがやっぱりハイライト。優しくふわりと包み込む音が気持ち良いことこの上なしです。ミュートの切なげ&スリリングな音もいいですよね~っ。サックスもフレスにマッチしたトーンです。他のメンバーも皆なかなか良い出来だと思います。難しいこと抜きで楽しみたい良いアルバムでした。

ちなみにこちらがその映画のプロモーションビデオ。

なかなか渋い感じだけれど、今一な感じもします(笑)。

YouTubeにはフレスのインタビューがUPされていますが、
いかにもイタリアのハンサム・ガイって感じなんですね~。

発見!このアルバムの出だし、
マイルスの『カインド・オブ・ブルー』の《フラメンコ・スケッチ》の出だしに
雰囲気が似ています。
気付いて思わずニンマリした私。
さすがはマイルス、こういう雰囲気のある演奏を約50年前にやっていたのです。

アルバム名:『7/8』
メンバー:
Paolo Fresu(tp, flh)
Tino Tracanna(ts, ss)
Roberto Cipelli(p)
Attilio Zanchi(b)
Ettore Fioravanti (ds)
Max Carletti Special guest on Guitar

|

« たまにはオーソドックスなバップもいい。 | トップページ | ドルフィーのアルトは3つのキーワードで聴け! »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

これ、、買いました。
でも、、フレスのレギュラーバンド、、って、結構、、普通なんですよねぇ。。
いつも、、購入、、悩むのですが、、結局買います。

>難しいこと抜きで楽しみたい良いアルバムでした。

その通りです。
なんか、、いいですよね。。


投稿: すずっく | 2010年3月19日 (金) 00時23分

すずっくさま。こんばんは。

>これ、、買いました。

フレス・ファンは反応してしまいますよね(笑)。

>でも、、フレスのレギュラーバンド、、って、結構、、普通なんですよねぇ。。

普通ですよね~。
まあ、これはこれでアリです。

>なんか、、いいですよね。。

確かになんかいいです。ジャジー!

投稿: いっき | 2010年3月19日 (金) 01時14分

気持ちの良い夜に、、とってもぴったりでした。
あちらにも書きましたが、ほんと、あなたと夜と音楽と、、そしてシネマスコープ。。って、感じでござった。

でも、、何とかジャズ、って言われたくないなぁ。。
あ、年齢制限で大丈夫か!!おホホ。。♪

そうだぁ、、唐突ですが、、わたしもエリアレに一票!
って、最近買ってないなぁ。。。。。。

投稿: すずっく | 2010年5月 4日 (火) 23時17分

すずっくさま。こんばんは。

>気持ちの良い夜に、、とってもぴったりでした。

確かにそうですね。

私は今、
今井美樹の『フロー・イントゥ・スペース・ライブ』を聴いています。
オークションで落札しちゃいました。

>あちらにも書きましたが、ほんと、あなたと夜と音楽と、、そしてシネマスコープ。。って、感じでござった。

はいっ、おっしゃるとおりでございます。
私もまったく同じ感想です。

>でも、、何とかジャズ、って言われたくないなぁ。。
>あ、年齢制限で大丈夫か!!おホホ。。♪

はいはいっ、では、「女史ジャズ」と言うことで、
すずっく女史にこのアルバムを捧げます(笑)。

>そうだぁ、、唐突ですが、、わたしもエリアレに一票!

エリアレに3票集まりました。

>って、最近買ってないなぁ。。。。。。

私、HMVの¥1,500セールでマイク・ルドンがオルガンを弾いている『ザ・グルーヴァー』を買いました。エリアレ目当てで買ったのですが・・・。
エリアレはいつもどうりなのですが、1曲目がマイケル・ジャクソンで有名な《ロック・ウィズ・ユー》だったりして、何かが違うような・・・(涙)。

後ほど、コメント&トラバを入れさせていただきます。

投稿: いっき | 2010年5月 5日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パオロ・フレスの映画音楽:

« たまにはオーソドックスなバップもいい。 | トップページ | ドルフィーのアルトは3つのキーワードで聴け! »