« 雲&まなのホンワカ・トーク。思わず笑ってしまいました。 | トップページ | 時々黒いジャズが聴きたくなるのです。 »

たまには落ち着いたピアノ・ソロでも。

昔はピアノ・ソロなんてあまり聴きませんでした。
そういうしんみりしたものよりは、ピアノ・トリオ。
いやっ、管入りの元気なやつが好きでした。
歳のせいなのか?最近はしんみりしたものも良いと思えるようになりました。

P23 これなんかどうでしょう?
ハンク・ジョーンズ『ティップトゥ・タップダンス』(1978年rec. Galaxy records)。このアルバムは、後藤雅洋さん著「ジャズ・オブ・パラダイス」に掲載されていたものです。何度も書きますが、この本掲載アルバムのコンプリート蒐集を目指しています。

このアルバムも中古盤を探していたのですが、見かけたことはありませんでした。HMVを検索していたら、CDが出ているじゃないですか!こんな地味なアルバムまでCD化されていたとは・・・。OJC盤です。

「ジャズ・オブ・パラダイス」にも書いてありますが、地味~なハンクの地味~なアルバムです(笑)。ほとんどスロー・テンポの演奏で、じっくりとピアノを奏でるハンク。鍵盤と戯れながら曲のメロディーの美しさの髄を抽出してくれます。

ホテルのラウンジにこんな上質なピアノが奏でられていたなら、ホテルのグレイドは数段UPするはずです(笑)。まっ、それではあまりにもったない、というか贅沢ですが。全9曲37分強。ハンクの優しく上質なピアノにうっとり聴き入っていると、アッというまに終わってしまいます。

後藤さん曰く「毎日食べても飽きない白米の味のようなピアノ」。いいです!
ジャズ喫茶マスターはやっぱり良いアルバムを知っていますよね。

|

« 雲&まなのホンワカ・トーク。思わず笑ってしまいました。 | トップページ | 時々黒いジャズが聴きたくなるのです。 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんにちは。

ハンク・ジョーンズと云えば、オイラの家のヤマハのピアノは自動伴奏機能付なのですが、ハンク・ジョンズの演奏データを持っていて、自宅にハンク・ジョーンズがやって来て、自宅のピアノを弾いてくれるんですよ。生ピアノです。鍵板もフットペダルも動くので幽霊のようです(笑)。
まぁ、もう20年くらい前に買ったのチョー高級アップライトピアノ(自慢)なのですが、オーディオ好きのオイラとしては参ってしまいました。アップライト&データーとは云え、本物のピアノを弾いて鳴らしてくれるのですから・・・勝てません(笑)。

そう、このデータでハンク・ジョンズに演奏させながら、ボ〜ッとコーヒーなんか飲んでいると、上質なピアノに幸せな気持ちになりました。まだ、使える思うんですけど・・・最近は聴いていません。ナマ録の練習もした記憶が。

投稿: tommy | 2010年1月 5日 (火) 06時59分

ハンクジョーンズ新潟に来るんですよ。

残念ながらこのアルバムは持ってませんが、私の大好きなハンクジョーンズはヘイデンとのデュオです。Steal Awayです。
毎日食べれるかなぁ。。。

これも聴いてみたいな。って、リクエスト、って手があるね。

投稿: すずっく | 2010年1月 5日 (火) 18時57分

こんばんは。

tommyさん。

自動伴奏機能付ピアノって、面白いですよね。
ハンクのピアノそのものが自宅で聴けるなんて凄いです。

でも、最近のピアノ録音はかなり良いので、高級オーディオで実物並みの音量が出せれば、かなりの音が出せるのかもしれませんよ。一流グランドピアノの音。

親戚の家にあるカワイの(多分安い)アップライトピアノの音を聴いて音の悪さに唖然としたことがあります。あの音よりは自分のオーディオで聴いたほうが絶対良い音だと思いました(笑)。

>そう、このデータでハンク・ジョンズに演奏させながら、ボ〜ッとコーヒーなんか飲んでいると、上質なピアノに幸せな気持ちになりました。

それいいですね~。贅沢です!

>ナマ録の練習もした記憶が。

なるほど、ピアノのアタック音を録るのは、録音レベルの設定とか難しいのでしょうね。


すずっくさま。

>ハンクジョーンズ新潟に来るんですよ。

ネット検索しました。2/28新潟市民芸術文化会館。
今年92歳になるんでしたよね。
よく日本までやってきてくれます。感謝!

『Steal Away』は持っていませんが、これも渋そうですね。
上のtommyさんはヘイデンが好きなので、これを持ているかも?

>これも聴いてみたいな。って、リクエスト、って手があるね。

リクエスト。いいですね~。

投稿: いっき | 2010年1月 5日 (火) 19時52分

ハ〜イ、持っています。

『Steal Away』は、オイラのベースの音色練習参考CDなんですよ。
《Danny Boy》は、ヘイデンのソロを採譜業者に頼んで、完全コピー楽譜を作って貰った馬鹿モノです(笑)。
おかげでヘイデンのG弦のCまでしか弾かないソロと、E弦がDチューニングだと分かったんですが・・・。
あっ、ハンク・ジョーンズの話でしたね。一緒に練習しているピアノのMacotoが「ハンク・ジョーンズは、歳とらないと弾けないピアノ」だと云っていました。
まぁ、若ゾ〜の自分には渋過ぎて、真似てもそうはならないってことですね。

あの、カクテル・ピアノ寸止めのジャズ・ピアノって、実はスゴク難しいらしいんですよ。かなりのテクニシャンで、歌心がないと無理なんだそうです。ヘタな人は、もろカクテルピアノになってしまうらしい。
昔、ホテルオークラのバー・ラウンジでピアノトリオで仕事をしていた、池ちゃん先生から聞いた話。

投稿: tommy | 2010年1月 5日 (火) 21時56分

tommyさん。

やっぱり持っていましたか。
その上、音色練習参考CDとは。

>あの、カクテル・ピアノ寸止めのジャズ・ピアノって、実はスゴク難しいらしいんですよ。

そうなんでしょうね。

>かなりのテクニシャンで、歌心がないと無理なんだそうです。ヘタな人は、もろカクテルピアノになってしまうらしい。

ハンクのピアノは上質です。

投稿: いっき | 2010年1月 5日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまには落ち着いたピアノ・ソロでも。:

« 雲&まなのホンワカ・トーク。思わず笑ってしまいました。 | トップページ | 時々黒いジャズが聴きたくなるのです。 »