« 今日の行方さんはノリノリでした。 | トップページ | ジャズ批評2010年1月号が発売されました。 »

「快楽ジャズ通信の2009年末ベスト!」

今日の「高野 雲の快楽ジャズ通信」「2009年、年末ベスト」
ゲストはタワーレコード渋谷店のジャズバイヤー吉村さんです。

番組の詳細は 「快楽ジャズ通信」 を参照願います。

数年前はクラブ・ジャズ、女性ヴォーカルなどの流行りがあったが、
今年は特に流行りみたいなものがなかったそうです。

最初は吉村さん選曲。
Manami Morita『Colors』から《ジャングル・ブック》
ジャケットはご自身が書いた絵だそうです。
お店ではポスト上原ひろみとして紹介。

これ、新宿のタワレコでもかなりプッシュしていました。
確かにポスト上原ひろみです(笑)。
ラフであっけらかんとした上原ひろみ?
エレベ・トリオというのも上原ひろみ意識なのでしょう。
これからに期待です。
上原ひろみのフォロワーが出てきたあたりが、
逆に上原ひろみの価値を上げていますね(笑)。
(以降緑字は曲を聴いての私の感想などです。)

「チビまるこちゃんが大人になったら弾きそうなピアノ。」と雲さん。
弾いているのが本当に楽しそうなピアノです。

次は雲さん選曲。
スガダイロー『坂本龍馬の拳銃』からタイトル曲

これはもうとにかく新感覚ピアノ・トリオだと思います。
和を感じさせる音使いとコントラストがはっきりした演奏が痛快。
先日このブログでアルバムを紹介したばかりです。

「笑うしかない。この迫力は。」と雲さん。
吉村さんによると若い人やコアなジャズ・ファンに売れたそうです。
メリハリがあってわかりやすい漫画チックなピアノ。

吉村さん選曲。
丈青さん率いるソイル・アンド・ピンプ・セッションズ『6』から《KEIZOKU》
丈青さんは椎名林檎の『三文ゴシップ』にも参加しています。

私、ソイル&ピンプは初めて聴きました。
若者受けしそうなジャム・バンドですね。
勢い任せなパワフルな演奏。
う~ん、荒っぽいだけな感じもしますが・・・。

「オーネットのプライム・タイムに通じる。質は一緒だと思うしカッコいいですよ。」
と雲さん。

雲さん選曲。
椎名林檎『三文ゴシップ』から《色恋沙汰》
下手なジャズの4ビートよりいい。

いいですよね~。この洒落た下世話感。なんだそりゃ?
私はカッコいいと思います。
オルガンの”ヒョロヒョロ”やストリングス&ホーンが最高!
ジャジーなアレンジなんですよ。
椎名林檎は私達世代にはたくさんのフックがあると思います。
実は先日のジャズ喫茶「いーぐる」のベスト盤大会で
私はこのアルバムを宣伝してきました(笑)。

「ジャズ売り場に置いておけば売れそう。声がジャズなんですよね。」と雲さん。
吉村さんによると椎名林檎はジャズ・ファンにも人気があるそうです。

趣を変えて、吉村さん選曲。
ブライアン・ブレイド『ママ・ローザ』から《アフター・ザ・リバイバル》
ブレイドが歌いギターも弾いています。

これは「いーぐる」の新譜特集でも紹介されました。
カントリー系のアルバムです。
ブレイドのファンにはオススメ。
私は今あまりカントリー系は聴かないです。
カントリーと言えば、
オリビア・ニュートン・ジョンの《ジョリーン》《カントリー・ロード》が好き。
リンゴ・スターの《マイ・スイート・ロード》も好き。
30年以上前の話です(笑)。

「クオリティーが高い洋楽。」と雲さん。
「70年代のニール・ヤングとかの雰囲気に近い。
”フワリ”とした感じが良いです。」と吉村さん。

次は4ビート、雲さん選曲。
クリスチャン・マクブライド『カインド・オブ・ブラウン』から
《ザ・シェイド・オブ・ザ・シダー・ツリー》
雲さんがライナーノーツを書いています!

ちょっとかげりがある渋い曲です。
ウォーレン・ウルフのヴァイブがクールでなかなか良いです。
アルト、ピアノのソロも気持ち良く。
やっぱりマクブライドのベースが気持ち良いですね。

キングの低音シリーズ。結構売れたようです。
「勢いがある4ビート。iPod向け、音色や曲調からアウト・ドア向け。」と雲さん。

ノラ・ジョーンズ『ザ・フォール』から《チェイシング・パイレーツ》
ファースト・シングルになっている1曲目です。
このアルバムは今回賛否両論あるそうです。
雲さん、吉村さん共に「聴けば聴くほどよくなるアルバム。」と言ってます。

頭が小説の途中から入るので気持ち悪いです。
なるほど、ノラ・ジョーンズの従来のイメージとは違いますね。
スモーキーでちょっとうらぶれた感じです。
ウーリッツア(だと思う)の粗っぽい音がサウンドのポイントですね。
私なんかはこういうクセがあるほうが好きです。

色々なものを聴くことができて楽しかったです。
最近ってやっぱりいわゆるジャズだけでは括れないですね。
今日の選曲は意外と今の状況を上手くあらわしていると思います。

<アフターアワーズ編>

今日は色々なお知らせ。

1.「快楽ジャズ通信」の公開録音(1/10、銀座アップルストア)があります。
2.「快楽ジャズ通信」の番組が「You Play JAZZ?」にUPされ、
  docomo携帯から見られるそうです。
3.雲さんの本が2月くらいに出ます。「超観賞力」だそうです。

|

« 今日の行方さんはノリノリでした。 | トップページ | ジャズ批評2010年1月号が発売されました。 »

ラジオ快楽ジャズ通信2」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。

Manami Moritaの『Colors』は、オイラもタワーで試聴しました。
タワーも、かなりディスプレイに気合いが入っていた。

いろいろと、オイラの好きな傾倒とは違うのがわかりました(笑)。
椎名林檎のコラム記事が昨日アップされていました。

http://npn.co.jp/article/detail/57919036/

ん〜、現実は厳しいようですね。

投稿: tommy | 2009年12月28日 (月) 03時08分

tommyさん

おはようございます。
記事読みました。
ドラマの視聴率低迷を「主演女優の神通力の無さ」という理由に導く、オヤジ週刊誌や夕刊紙チックな論法ですな。

>冴えない男を数人ひきつれて「東京事変」というバンドを結成し、全く毒気の抜けた駄作ばかりを発表するようになった。

あたりにも、なんだか最初から悪意を感じていやーな感じ(笑)。

ただ、書いた人はコアな林檎ファンではないと思われ、《本能》がブレイクした頃のミーハーファンだったのでしょう。

あの時の盛り上がりと人気のほうがむしろ異常だったと思われ、その前の『無罪モラトリアム』からのファンだった私の周囲のファンたちは、ライブに集まる看護婦のコスプレをした人たちのことを「なーんか違うよね」と冷ややかな目で見ていたものです。

「毒気」の有無で売上数字を分析していること自体、書いた人は《本能》の頃の林檎ちゃんのことをキワモノを見る色眼鏡で、彼女のことを観ていた証拠。
音楽ではなく、コスプレや雰囲気など、音楽以外の要素でファンしていた風俗ファンだったんじゃないかと思います。

現に、昔私は林檎オフ会を催していましたが、今でも生き残っている林檎ファンは、本当に音楽が好きな人が多いです。

つまり“売れてない”とされるぐらいの数字が、現在の音楽のクオリティについてゆけるまっとうなファンの数で、昔のブームの頃の盛り上がりのほうが、むしろ異常だったと私は感じます。

人は成長してゆくもんだし、生活も作風も変わるもの。ヒリヒリしたリアリティ(つまり「毒気」)は抜けたかもしれないけど、そのぶん歌唱も音楽も成熟してきていると私は感じています。


いっきさん

「大人になったチビまるこちゃん」は、実写版の上野樹里(→カンタービレ→歌うような)にもちょこっと引っかけています(笑)。

投稿: | 2009年12月28日 (月) 05時17分

こんばんは。

この記事を読むと、コルトレーンに風潮や精神性をオーバーラップさせて聴いていたジャズ・ファンの意見に似ているんじゃないかと感じます。
コルトレーンは亡くなってしまいましたが、後に出てきたコルトレーン派のマイケル・ブレッカーが洗練され、フュージョンをやったからと言ってダメだとレッテルを貼ってしまうのに似ていませんか?
今の椎名林檎をマイケルに喩えると、雲さんは「そりゃないよ。」と仰るでしょうが、あくまでイメージということでご了承下さい(笑)。
私は流行当時のコルトレーンも椎名林檎(流行った頃聴いていなかったし興味もなかった)も知らないわけで、後になって聴いたので純粋に音楽に接していると思います。
で、コルトレーンもマイケルも新旧椎名林檎も良いと思うわけです。
どうも時代の風潮と絡め過ぎて聴くと肝心なものが見えてこないようにも感じます。

>実写版の上野樹里(→カンタービレ→歌うような)にもちょこっと引っかけています(笑)。

なるほど。そこにも引っかけていたのですか(笑)。

投稿: いっき | 2009年12月28日 (月) 20時43分

いっきさん

こんばんは。

いや、まさにいっきさんの仰る通りだと思いますよ。

これを投稿した後、「あ、そういえば、かつての椎名林檎ブームと、かつてのジャズブームは相似形なんじゃないか?」と思いましたもん。

もちろん、私は“かつてのジャズブーム”は知りません。

ただ、当時の状況を読んだり聞いたりしていると、多くの“ジャズファン”がジャズ喫茶でコルトレーンを聴いていたわけでしょ?

本当にジャズの良さ(あるいはコルトレーンの良さ)を当時の若者が理解していたとしたら、今でもジャズを聴いているオジさんは、そこらへんに溢れかえっているはず。
しかし、そういうオジサンって少ないですよね。てか、tommyさんぐらいしかいないじゃん(笑)。

つまり、多くがミーハーファンだったんだろうね。
コルトレーン聴いている自分がカッコいい、ブームだから齧っただけ。
あるいは、痛い時分を鼓舞したり癒してくれる触媒だった。音楽として聴くのではなく。

たしか寺島さんだったっけかな? なにかの本か記事で書いていたけど、昔のジャズ人口が多いかったのが異常で、むしろ、今の人口のほうが適正。昔はブームに踊らされてジャズを聴いていた人が多かったが、今はそのようにポーズで聴く人がいなくなったから、本当にジャズが好きな人だけがジャズを聴いているのから、むしろ良い時代なのだ。
そんなことを書かれていたことを読んだ記憶がありますが、まさにそのとおりなんじゃないかと。

本でも、ベストセラーはなぜベストセラーになるのかというと、普段、本屋に行かない人が買うから(笑)。
雑誌「Number」が、ワールドカップのときだけ、普段の数倍も売れるのは、普段サッカーに興味がない人が買うから(笑)。
結局、ブームやベストセラーというのは、気まぐれミーハーな浮動票が一点の求心力を得たときに生じる瞬間風速的なことが多い。
コルトレーンも、林檎も、“かつては”そうだった。
しかし、今はそうではない。

では、これがいけないことなのか?
否。
ミーハーが淘汰され、本当に好きな人たちだけが生き残り、かつての周囲の雑音に気を煩わせることなく、堂々と思う存分楽しめるようになった。
聴き手としては、嬉しいことです。

売り上げの落ち込みは、レコード会社にとってはイタいでしょうが、かつてのブームによりかかった見積もりを出していたとしたら、それは読み違いというものでしょう。

投稿: | 2009年12月28日 (月) 23時56分

雲さん。こんばんは。

>結局、ブームやベストセラーというのは、気まぐれミーハーな浮動票が一点の求心力を得たときに生じる瞬間風速的なことが多い。

そうですよね。
人の意見に左右されがちな、人と同じことをしたがりがちな日本人ならではという感じもします。
何事においても、コアなファンというのは、ブームが去った後のほうが安心できると言いますよね。

>売り上げの落ち込みは、レコード会社にとってはイタいでしょうが、かつてのブームによりかかった見積もりを出していたとしたら、それは読み違いというものでしょう。

そういうことになるでしょうね。

私としては、椎名林檎は同世代の人に聴いてほしいと思います。

投稿: いっき | 2009年12月29日 (火) 00時57分

もともとミーハーな私は。。ブームの時は一歩下がるって、命じてます。じゃないと大変なのだ。それでも巻き込まれるわけ。
もともと、信念なんかなんもでないので嵐はじっとやり過ごす派ではあるんですが。。。
まぁ、巻き込まれることに快感もあったりしますね。

と、Manami Moritaは敏感肌なマイミクのマイミクさまに少し前から結構話題になってます。

と、コルトレーンってことではないんですが、、難解なものの何が悪い、って時々いいたくなる。
判りやすいもの楽しくとても好きだし、いいと思うときもある。
でも、何をやってっているのか、何が言いたいのか、わからんものももの凄い気持ちのいい状況を創り出してくれることもあるわけです。数学の先生の講義のように。
難解で説明できないものだって、感覚的に自分がよいと思ったら、それでいいと思うんだよねぇ。。
説明できないもの、自分に合わないものを排除する世界は嫌いです。

生まれてはじめて寺島さんのコンピを聴きました。

投稿: すずっく | 2009年12月29日 (火) 09時11分

すずっくさま。こんにちは。

私もミーハーですよ。

>ブームの時は一歩下がるって、命じてます。じゃないと大変なのだ。それでも巻き込まれるわけ。
>まぁ、巻き込まれることに快感もあったりしますね。

おっしゃるとおり、ブームに巻き込まれると大変ですが、巻き込まれたらそれはそれで楽しかったりします。

>Manami Moritaは敏感肌なマイミクのマイミクさまに少し前から結構話題になってます。

私は今のところあまり興味はないです。
上原ひろみだって良さが分かるまでにかなり時間がかかりましたよ(笑)。

>難解なものの何が悪い、って時々いいたくなる。
>判りやすいもの楽しくとても好きだし、いいと思うときもある。

私もどちらもありですよ。
もともと節操がないしあまり拘らないことにもしています。

>難解で説明できないものだって、感覚的に自分がよいと思ったら、それでいいと思うんだよねぇ。。

全く同感です。

>説明できないもの、自分に合わないものを排除する世界は嫌いです。

私も排除しようとは思っていません。
私の場合、説明できないもののほうが多いわけですし。
まっ、時々毒は吐きますが(笑)。

>生まれてはじめて寺島さんのコンピを聴きました。

私は聴いたことはないです。
というか、コンピ全般聴かないです。
寺島さんコンピの感想をブログにUPしてほしいです(笑)。

投稿: いっき | 2009年12月29日 (火) 12時27分

>寺島さんコンピの感想をブログにUPしてほしいです(笑)。

感想は素晴らしいとしかいいようがないです。
コンピはクリスマスコンピ以外は聴かないと思います。

まがりなりともレコーディングをするようなアーティストが勝負かけて作ってるアルバムの良い曲を集めたら、趣味が多少違っても良いに決まってます。
こういうのは感想を書くようなものではなくて、BGMにしたり、自分に合うアーティストを探したり、そういうものにつかうんじゃないかしら?
で、そういうアルバムがあっても別に良いと思ってます。

今の自分は自分では買いませんが、プレゼントされたらそれはうれしいものですよ。


投稿: すずっく | 2009年12月29日 (火) 16時22分

すずっくさま。こんばんは。

>まがりなりともレコーディングをするようなアーティストが勝負かけて作ってるアルバムの良い曲を集めたら、趣味が多少違っても良いに決まってます。

「感想をUPしてほしい。」なんて野暮なお願いでしたね。
失礼致しました。m(u_u)m

>で、そういうアルバムがあっても別に良いと思ってます。

もちろん私もコンピ・アルバムは否定していません。

>プレゼントされたらそれはうれしいものですよ。

それいいですね。
コンピ・アルバムをプレゼント!

投稿: いっき | 2009年12月29日 (火) 19時01分

あ!なんだか怖い文になっちゃいましたね。
怒ってるわけじゃないんですよ。
クリスマスアルバムのコンピはよくきくけど、やっぱり、アルバムとしては評価とか感想とか書けないな、って、ことだけなんです。
って、とらばしなくては。

投稿: すずっく | 2009年12月29日 (火) 19時26分

すずっくさま。

>怒ってるわけじゃないんですよ。

安心しました(笑)。

いえいえ、遠慮なさらずに忌憚のないご意見お待ちしております。

投稿: いっき | 2009年12月29日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「快楽ジャズ通信の2009年末ベスト!」:

« 今日の行方さんはノリノリでした。 | トップページ | ジャズ批評2010年1月号が発売されました。 »