« このCDはヒドイ音質です(笑)? | トップページ | 今日の行方さんはノリノリでした。 »

たまにはこんな音に浸るのも良いです。

クリスマスの夜。
私にとってはやっぱり平日です。
実は昨日、ケーキを買ってきて食べたのですが、
ついでに鳥のもも肉とシャンパンも。
ところが今朝早く腹痛で目覚めてしまいました。
今日はどうもお腹の調子が今一なのです。
めったに食べないケーキがいけなかったのでしょうか?
ケーキ好きなんですけどね~。
まっ、いいか(笑)。

そんなクリスマスの夜にはこんなアルバムを聴いて過ごすのが良いかも?

P16 ラルフ・タウナーパオロ・フレスのデュオ『キアロスキューロ』(2008年rec. ECM)です。ラルフ・タウナーはクラシック・ギター、12弦ギター、バリトン・ギターを弾き、パオロ・フレスはトランペットとフリュゲルホーンを吹いています。

私は基本的にはイケイケな演奏が好きですが、たまにはこんな落ち着いたアルバムを耳にしつつ、心安らかに過ごしたいと思うこともあります(笑)。

パオロ・フレスは『エンジェル』(1997年rec. BMG FRANCE)を聴いて好きになりました。このアルバム、エレクトロニクスも取り入れたなかなかお洒落でカッコいいサウンドなのです。メンバーもギエン・リ(g)、フリオ・ディ・キャストリ(b)、ロベルト・ガット(ds)と強力。お薦めな1枚です。

ラルフ・タウナーは、ご存じ老舗グループ「オレゴン」のギタリスト。私、「オレゴン」のナチュラルサウンドが好きです。イングリッシュホルン他のポール・マッキャンドレスとともに何とも爽やかな風を感じさせるサウンドを響かせますよね。

さて、そんな2人の顔合わせ、だいたい想像はつくと思うのですが、非常に爽やかでナチュラル、そして心穏やかなサウンドを響かせています。ある局面を切り取れば力が入ったアドリブを展開しているところもありますが、全体としてはゆったりした雰囲気。

フレスとタウナーの音楽性はグッド・マッチング。トランペット/フリューゲルホーンの音とギターの音が融合して、聴いているうちに夢見心地のまま昇天してしまいそうです(笑)。

《Punta Giara》の最初のギター・フレーズ聴いたら・・・、寺井尚子の《シャドウ・プレイ》の頭でリー・リトナーが弾くフレーズと酷似です(笑)。その後の展開は異なりますが、どちらも優雅で優しい曲というのは同じ。でも格調の高さはフレス&タウナーのほうが5割増し?

キターッ!《ブルー・イン・グリーン》です。マイルス/エバンスのこの曲が私は大好きです。フレスは当然ミュート。沁・み・ま・す。セミ・スウィート、程よい甘さと温もり。いやっ~大人ですわっ。これを聴けただけでも幸せ!

《ブルー・イン・グリーン》以外はタウナーが7曲作曲。タウナー/フレス共同名義のフリー・インプロビゼーションの短い2曲で終焉となります。

クリスマスの夜に
独り静かに『キアロスキューロ』に聴き入る
ウィスキーのグラスを傾けながら
目を閉じれば北欧の雪景色
見上げれば夜空には無数の星が瞬く

わっはっはっ、柄にもないことを。
お腹の調子がやっぱり今一なのでした(笑)。
今夜は甲州名物「ほうとう」を作って食べましたよ。
山梨のクリスマスは「ほうとう」!

アルバム名:『Chiaroscuro』
メンバー:
Ralph Towner(classical, 12-strings and baritone guitar)
Paoro Fresu(tp, flh)

|

« このCDはヒドイ音質です(笑)? | トップページ | 今日の行方さんはノリノリでした。 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。

オイラもラルフ・タウナーは「オレゴン」の頃から好きなギタリストです。
ECMの過剰な響きサウンドと合っているんですよね(笑)。
ちょっと宗教的な感じさえしますね〜、んでクリスマス?

オイラもケーキを食べました。
コージーコーナーの「ガトーショコラ」、オイラはこれが好きなんですよ。
んで、昨日から風邪気味なので、例の「トウガラシ・ウォッカ」の
タマゴ酒を試しているところです。
ウワ〜ッ、効いています、効いています。ヒエ〜ッ!!

投稿: tommy | 2009年12月26日 (土) 02時02分

tommyさん。こんにちは。

>ちょっと宗教的な感じさえしますね〜、んでクリスマス?

雰囲気がクリスマスっぽいですよ。
私、クリスマス・アルバムは持っていないので、こんなので代用です。

>んで、昨日から風邪気味なので、例の「トウガラシ・ウォッカ」の
>タマゴ酒を試しているところです。

調子はいかがですか?
「トウガラシ・ウォッカ」は強力でした。
私にはあの辛さは耐えられません。
タマゴ酒は良いのではないでしょうか。

投稿: いっき | 2009年12月26日 (土) 12時05分

私、自分でクリスマス・シーズンにはいいかも、と書いたのを忘れていて、肝心の一昨日、昨日と、これを聴き逃してしまいました(笑)。今日の夕方にも改めて聴きなおします。実際この季節にはいいタイミングのアルバムでしたよね。

このアルバムにはお酒はウィスキーやワインが合うなあ、なんてことを考えながら、実際は日本酒の生酒(一升瓶)がありまして、短期間で飲んでしまわなければならないので、このところけっこうまわっています。

TBさせていただきます。

投稿: 910 | 2009年12月26日 (土) 14時09分

910さん。こんにちは。

>実際この季節にはいいタイミングのアルバムでしたよね。

おっしゃるとおりだと思います。
天上の音楽という感じも漂っています。

>このアルバムにはお酒はウィスキーやワインが合うなあ、

日本酒の生酒にも合うと思いますよ。
お酒を飲みながら、音に合わせて気分を漂わせるのが最高です。

>短期間で飲んでしまわなければならないので、このところけっこうまわっています。

あまり無理なさらないように(笑)。

TBありがとうござました。

投稿: いっき | 2009年12月26日 (土) 16時07分

フレス大好きなのです。
イタリアはトランペット王国なのですが、一番好きなのです。
エンジェル持ってるんですね。デビルもおすすめ。(笑)

静けさ漂う空間としてカートの新譜もあるんですが、
あちらは宇宙に直結してる感じ、、こちらは深遠なる心の空間に直結です。

家では、最近は赤ワインが多いのですが、、
このアルバムは、もっとすっきりしたものがいいかもしれませんね。
トラバありがとうございました。

いろいろ、、反応したいのですが、、またね。

投稿: すずっく | 2009年12月27日 (日) 14時18分

すずっくさま。こんにちは。

フレスいいですよね。
私もフレスが一番しっくりきます。
ボッソの凄さもわかるのですが、私はフレス。

>エンジェル持ってるんですね。デビルもおすすめ。(笑)

やんちゃなデビルも持っていますよ(笑)。
異色なP.A.F.『MORPH』も。

カートの新譜はもう日本盤しか入手できないようなので、昨日地元のCD屋さんで買ってきました。ポイントがたまるので(笑)。

>あちらは宇宙に直結してる感じ、、こちらは深遠なる心の空間に直結です。

なるほど、上手いことをおっしゃいますね。
カートはこれからじっくり聴きます。

>このアルバムは、もっとすっきりしたものがいいかもしれませんね。

白ワインでしょうか?工藤さんのように日本酒の生酒も合いそうですよね。

こちらこそトラバありがとうございます。

投稿: いっき | 2009年12月27日 (日) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはこんな音に浸るのも良いです。:

» Chiaroscuro/Ralph Towner/Paolo Fresu [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベルのCDが徐々に届いてきています。12月は発売が普通はないので、あと [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 14時02分

» Chiaroscuro/RalphTownerPaoloFresu [MySecretRoom]
新潟の冬は、大抵、人の幸せを脅かすように突然激しく降る霰で始まる。だから、あんなに嫌がっていた私にも、、霰と一緒に冬が来た。あっという間にとけちゃうけどね。そう、、人知れず刺さった小さな棘は、なかなかとることができない。霰みたいにあっという間にとけちゃ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 14時12分

« このCDはヒドイ音質です(笑)? | トップページ | 今日の行方さんはノリノリでした。 »