« メセニー&マイケルのカッコいい演奏! | トップページ | 「PCMジャズ喫茶」で業界の裏話。 »

秋の夜長にこんなのはいかが?

最近夜はめっきり涼しくなりましたね。
今日はこんな秋の夜長に聴くと心があったかくなる1枚を紹介。

P109 タック&パティ『チョコレート・モーメント』(2002年rec. T&P records/ポニー・キャニオン)です。ギターのタック・アンドレスとボーカルのパティ・キャスカートのおしどり夫婦デュオです。ジャケ写のお2人です。

たしかオーディオアクセサリーの音源紹介コーナーに掲載されていて、紹介文に魅せられて買った1枚です。紹介文の内容はよく憶えていないのですが、書いたのは中川ヨウさんでした。このアルバムのライナーノーツも中川さんが書いています。

2001年の9.11同時多発テロの後、2人は心に傷みを感じていたそうで、そんな中翌年に色々な思いを込めてこのアルバムを録音したそうです。歌詞にも深いメッセージが込められています。愛を歌っています。

タックの繊細で軽やかなアコスティック・ギターだけを伴奏に、パティが太目のちょっぴりハスキーな声で優しく温かく歌います。二人のクールとホットの対比が絶妙に溶け合っていると思います。曲はバラード。歌詞が分からなくても、聴いていると心にほのかな温もりがじんわり込み上げてきます。センチメンタルな感じはその時の気分によっては泣けるかも?

中川ヨウさんが紹介するだけあってお洒落な演奏ですねっ。
そして癒しサウンドでもあります。
心がトゲトゲな時にこれを聴けば、
トゲが引っ込み心がほぐれてくること間違いなしです。

ネット検索したら、ジャンルは(コンテンポラリー)ジャズなんですね~。
私はロック/ポップだと思っていました。
まっ、ジャンル分けなんてどうでも良いことなのですが。

|

« メセニー&マイケルのカッコいい演奏! | トップページ | 「PCMジャズ喫茶」で業界の裏話。 »

フュージョン・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

タックの独りギターはすごいですよねぇ。。
何故か、クリスマスアルバムを独りギターでだしてるのねぇ・・。
2人で、クリスマスアルバムって、何故作らないのでしょう。。
あ。。何時も、クリスマスみたいに優しいアルバムだからですかねぇ。。

投稿: すずっく | 2009年9月 4日 (金) 17時48分

すすっくさま。こんばんは。

タック&パティも聴かれるのですか。
う~ん、嬉しいです。
私はこれと『ドリーム』の2枚を持っています。
もっと聴きたいのですが、なかなかそこまで手が回りません(笑)。

>タックの独りギターはすごいですよねぇ。。

はい、凄いです。
メロディー弾きながら、ベース・ラインも入れたりしていますもんね。
タッピング奏法をやっているらしいですね。
スタンリー・ジョーダンみたいだけど、テクニックをひけらかさない
大人のより洗練されたギターだと思います。

>何故か、クリスマスアルバムを独りギターでだしてるのねぇ・・。

そうなのですか。聴いてみたいな~。

>2人で、クリスマスアルバムって、何故作らないのでしょう。。
>あ。。何時も、クリスマスみたいに優しいアルバムだからですかねぇ。。

そう言われてみれば、確かにそうですね。

投稿: いっき | 2009年9月 4日 (金) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長にこんなのはいかが?:

« メセニー&マイケルのカッコいい演奏! | トップページ | 「PCMジャズ喫茶」で業界の裏話。 »