« ジャズ喫茶巡り、下北沢「マサコ」 | トップページ | クリポタはやっぱりいいね~! »

祝い!第50回。「高野 雲の快楽ジャズ通信」

今日の「高野 雲の快楽ジャズ通信」「キース・ジャレット特集」でした。
今回で50回目です。おめでとうございます!
そしてあと2回で番組開始から1年を迎えます。

番組詳細は 「快楽ジャズ通信」 を参照願います。

キースのプロフィールはディレクター嬢から説明があります。新趣向ですね。
B.G.M.は『ケルン・コンサート』《パート2c》です。

キース・ジャレットの特徴はまずうめきながら弾くところ(笑)。
音楽的にはメロディーが湧き出る自由で奔放なピアニスト。

最初はチャールス・ロイド『フォレスト・フラワー』から《サン・ライズ》
出だしのチャールス・ロイドの眠たげな気だるいサックスから
キースのソロに変わると日が昇るように世界がかわる感じになるところに注目。
リーダーを食ってしまうほどのピアノです。

私もこのアルバムは大好きです。
キースの瑞々しいメロディアスなソロは誰しも良さを認めるところでしょう。
私はロイドのコルトレーン・ライクなサックスも好きです。
(以降緑字は、曲を聴いての私の感想などです。)

次は人気ピアノ・トリオ。
スタンダーズの『スタンダーズVol.1』から《オール・ザ・シングズ・ユー・アー》
ジャズのスタンダードをキースが瑞々しく蘇らせるところに注目。
アイデアが次から次に湧き出て盛り上がるピアノです。
途中からディジョネットのドラムが煽り、エキサイティングになります。

これは私が最初に買ったキースのアルバム(CD)です。
確かに最初はうなり声が気になりました。
私が自分の部屋のオーディオで聴いていたら、
母がやってきて「あんたが「う~う~」言いながら聴いているのかと思った。」と
笑いながら言ったのを鮮明に記憶しています。
そのくらいのうなり声です(笑)。
溢れ出る美メロの数々は凄いものがあります。
これを聴いているとうなり声はどうでもよくなります。
この頃のキースには手が付けられない感じですよねっ。
私はライブも見ました。
その時の印象は想像以上に感じたブルース・フィーリングでした。

ここで雲さんの興味深いキース考。
「キースはなぜうなりながら中腰で腰をくねらせて弾くのか?」

”アイディアの嵐”のせいではないかと言う事でした。
アイディアが次から次から湧いてくる”アイディアの嵐”。
ピアノを早く弾かないとアイディアを出力するのが間に合わない。
膨大なアイディアを表現しきるためには、
うなりそして腰をくねらせながら演奏する必要があるのではないか
ということでした。

もう1つのキース考。
「キースは即興演奏が得意なのに、どうしてスタンダードを演奏するのか?」

それは自分のアイディアの放出の行き過ぎにたがを嵌めるためなのではないか
ということでした。

どちらもなるほどな~と思いました。

次はクラシックのキース。
ミカラ・ペトリ『バッハ:リコーダー・ソナタ集』から
《6つのリコーダー・ソナタ集 ソナタ ハ長調 BWV1033 II.Allegro》
ミカラ・ペトリのリコーダーのバックでキースがチェンバロを弾いています。
キースのうねりのある気持ちの良いグルーヴを聴いて下さい。

軽快で小気味良い演奏です。
リコーダーとチェンバロが気持ち良いですね~。

次はヨーロピアン・カルテット『マイ・ソング』からタイトル曲
北欧出身ヤン・ガルバレクの透明感あるサックスを聴きましょう。
このカルテットのアルバムはたくさんあるのですが、雲さんが好きな曲。

これ、実は私も好きなんですよ。
切なく甘くロマンティックな美メロが堪りません。
北欧ならではのクールで泣きのサックスが奏でるのが良いんです。
もちろんキースも美メロを全編に溢れさせています。
結構泣かせる演奏なんですよ(笑)。

次はピアノ・ソロ。
慢性疲労症候群から復帰した後に吹き込んだアルバム。
『メロディー・アット・ナイト、ウィズ・ユー』から《アイ・ラブズ・ユー・ポギー》
暗い内省的な部分もあり、きらびやかさはないがじわじわ染みる演奏。
淡々さの積み重ねが高い感動にいざないます。

私は後藤雅洋さんの著書でこれが推薦されていたので買いました。
キースのソロ作の中では私も好きなアルバムです。
聴いて、アルバム・タイトル通りの演奏だと思いました。
「あなたとともに、夜のメロディー」って感じなのです。
たまにはこういうのを聴いて心を落着けるのも良いものです。
私にはこれっ、それほど暗くは感じないんです。
落着いた静かな演奏という感じが強いのです。

ラストは対極的なピアノ・ソロ。
『フェイシング・ユー』から《イン・フロント》
世間的には『ケルン・コンサート』が有名なのですが、クサイのでこちら。
確かにケルンはセンチメンタルで甘すぎるんですよね(笑)。
こちらは躍動感があり、強いエモーションが感じられる曲です。

こちらは力強い演奏で聴き応えがあります。
ここでもメロディーが溢れ出てくる感じです。
雲さんが言うように躍動感がありますよねっ。

<アフター・アワーズ編>

デイレクター嬢とのまったりトーク。
雲さんは多彩なキースは1時間では足りないと言います。
多彩な顔をもつキース、雲さんはどの顔が好き?
スタンダーズがはずれがないので好きだそうです。
ソロも良いのですが全部には付き合いきれないとか。
もう1つの好きな顔は?
マイルス・グループに居た頃のオルガン・エレピを自己陶酔の境地で弾くキース。
マイルスの『アット・フィルモア』や『ライブ・イビル』もかけたかったとか。
そこでの神懸かったキースが好きだそうです。
ディレクター嬢は《アイ・ラブズ・ユー・ポギー》が良かったとか。
これまでに番組で紹介したジャジーなピアニストとは違うなんて話もありました。

今日のキース特集。
私の好きな曲がたくさんかかったので◎(笑)。
そして、リスナーにキースの魅力はよく伝わったのではないかと思いました。

|

« ジャズ喫茶巡り、下北沢「マサコ」 | トップページ | クリポタはやっぱりいいね~! »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

ジャズ喫茶巡りご苦労様でっす。
あのねぇ。。実はねぇ。。この夏にね、、
四谷イーグルの目の前を通ったことがあるの。
ソン時、中のぞいてたら。。なんか、クリポタがかかっていた気がするの。。タブン、アンダーグランドの最新盤。でも、入れなかったのね。。。
実は、えらく気弱なんです。

同じような理由で(笑)高野さまのブログは、、えらく華やかでコメント書き込めないのですが(ここは?って、深く考えない)、キース特集は興味深くみてました。
だって、好きなアルバムならんでたから。
マイソングって、大好きで以前に好きな5曲ハ?って、聞かれた時にいれてました。

投稿: すずっく | 2009年9月18日 (金) 16時11分

すずっくさん

はじめまして。雲です。
え~、そんなこと言わずに書き込んでくださいよ~(≧д≦)b

華やかなのはサイドテーブルの写真に映る、素晴らしきジャズマンたちのポートレイトゆえで(だってジャズ喫茶には、だいたいマイルスやコルトレーンの肖像画やポスターの1枚や2枚ぐらいは貼ってあるものでしょう?それと同じようなものです)、ビジュアル除いた実態は、かなりお気楽なユルユルブログですよ~。

もし、敷居高くお感じになられるのでしたら、
ポッドキャスト編、聴いてくださいまし~

▼こちら
http://www.musicbird.jp/podcast/kairaku_jazz.xml

▼こちら
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=314363973

で聴けます。

これ聴けば、ストイックなイメージの強いジャズにあるまじき、なんてコイツはユルイやっちゃ!と呆れ果てていただけると思います(笑)。
そしたら、きっと書き込みやすくなるんじゃないかと(笑)。

よろしく!

↑……と書いて締めくくると、すずっくさんが入れなかった「いーぐる」の後藤さん調なブログの締めパターンになってしまうので(笑)、

ここは優しく、

よろしくねっ!d(▼∀▼)b


●いっきさん

>今回で50回目です。おめでとうございます!

ありがとうございます。
そして、50回もレポートを書いてくれた いっきさんは超すごいっす!

投稿: 高野 雲 | 2009年9月18日 (金) 16時48分

げげ!!

高野さま、、はじめまして。。
>これ聴けば、ストイックなイメージの強いジャズにあるまじき、なんてコイツはユルイやっちゃ!と呆れ果てていただけると思います(笑)。

すみませんが。。。
高野さまにストイックなイメージは持ってません。(きっぱり)

でも、あのブログはビジュアル的に、私のようなオバハンには、まぶしすぎちゃって。
私的には、スターさまのお写真がならんでるんですからねぇ。。

でも、今度、こっそり敷居またいでコメントさせていただきますね。はい。

投稿: すずっく | 2009年9月18日 (金) 17時20分

忘れた!
50回おめでとうございます。

いっきさま、
50回レポートおめでとう!!
根気強いねぇ。。
私には、、きっと、できないです。えらいです。

投稿: すずっく | 2009年9月18日 (金) 17時23分

すずっくさま。こんばんは。

>ジャズ喫茶巡りご苦労様でっす。

ハイッ!ありがとうございます。
実は次回ブログ・ウォーキングのネタのためのジャズ喫茶巡りなのですよ(笑)。

>四谷イーグルの目の前を通ったことがあるの。
>でも、入れなかったのね。。。
>実は、えらく気弱なんです。

その気持ちお察し申し上げます。
実は私も思い切って敷居を跨いでからも何回かは結構ドキドキしながらドアを開けていたんですよ(笑)。
でも一度入ってしまえば何とかなります。

>キース特集は興味深くみてました。
>だって、好きなアルバムならんでたから。

そうですか。私も同じです。

>マイソングって、大好きで以前に好きな5曲ハ?って、聞かれた時にいれてました。

《マイ・ソング》はいいですよね。私も大好きです。
雲さんも好きだと言っていますので、《マイ・ソング》愛好仲間として、ブログにコメントを入れてあげて下さい(笑)。
雲さんの返事コメントがこれまた面白いんですよ。

>50回レポートおめでとう!!
>根気強いねぇ。。

ありがとうございます。
自分で言うのも変ですが、なんなんでしょうねっ?この持続力。
私って一度やりだすと、とことんやらないと気が済まないやつなんです(笑)。

投稿: いっき | 2009年9月18日 (金) 20時51分

雲さん。こんばんは。

>そして、50回もレポートを書いてくれた いっきさんは超すごいっす!

ありがとうございます。
そう言われてみれば、確かにそうかも(笑)?
半年たったところで、これからは気が向いたら書くみたいなことを言っていたはずなのに、いつの間にか毎回それなりにきっちりレポートしていました(笑)。
今はレポート書かないと気分が落着かないんですよ。

投稿: いっき | 2009年9月18日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝い!第50回。「高野 雲の快楽ジャズ通信」:

« ジャズ喫茶巡り、下北沢「マサコ」 | トップページ | クリポタはやっぱりいいね~! »