« 最初に買ったジャズのレコード | トップページ | マイナー・ピアノ・トリオがマイ・ブームだった頃もある。 »

「PCMジャズ喫茶」のことを適当に。

先週の「PCMジャズ喫茶」は、ジャズピアニストの安井さち子さんがゲストでした。
安井さんの喋りって、なんとなく関西のおばちゃんなのです。
元マラソンランナーの松野明美さんの声を低くしてもう少し落着かせた感じ?
安井さんのファンの皆様、大変失礼なことを言いました。ごめんなさい(笑)。

さて、当然と言えば当然、安井さんの新譜『ライブリー』から2曲かかりました。
安井さん作《ナイト・ライド》ともう1曲はなんだたっけ?
ごめんなさい。忘れました(笑)。

私は安井さんのピアノはジャズ・エンターテインメントだと思っています。
明るく楽しく元気良くって感じでしょうか。

意外に思えたのは、安井さんがジョアン・ブラッキーンに師事していたことです。
何人かに師事した中で、ブラッキーンが一番長いそうです。
ブラッキーンと言えばお堅く知性派の女性ピアニスト。
そのイメージと安井さんのイメージがつながりません。
まあ、師事したからと言って同じ方向性の音楽をするとは限りませんからね。
ブラッキーンから、演奏する時は身だしなみに注意するようにと言われたとか。
これも意外、ブラッキーンって結構ラフな服装というイメージがありました。

安井さんの選曲で、ジョアン・ブラッキーンのピアノ・トリオ曲と
シダー・ウォルトンのピアノ・トリオ曲をかけました。

寺島さんは、例のスイングジャーナル7月号「読者通信」
ぼろくそに書かれたことを言っていましたよ。
安井さんの前アルバムの帯に書いた文章が好評だという話から、
ああいうのはバカじゃなきゃ(頭良さげに見せている人には)書けない。
なんて話になり、上記の記事の話へとつながりました。
寺島さんは「読者にあそこまで書く気持ちを起こさせたことが大事だ。」
と言っていました。それでジャズ界隈が盛り上がるなら良いというわけです。
ヒール(悪役)でも良いという寺島さんはエライっ!

続いて岩浪さんが韓国の女性ジャズ・ボーカルをかけました。
ジャケ買いなんだとか(笑)。
ジャズ批評150号「内外新譜」で岩浪さんが紹介している
ユン・サン・ナ『ヴォヤージ』
ACTレーベルなので、なかなかクオリティーは高いです。

1時間過ぎたところでゲストの人妻Aさん登場。
安井さんがゲストなのにこの方まで呼ぶなんて今までなかったパターン。
長澤さんが引退したので、盛り上げ要員として呼ばれたのかも(笑)。
Aさんはピアノも弾くらしいですねっ。
ピアノ教室の演奏会?があって、そこに安井さんがゲストで呼ばれた話も。
私はこの手の演奏会って・・・、ご想像にお任せします(笑)。

Aさん選曲はロバート・ラカトシュのピアノ・トリオ曲です。
ピアノ・トリオしかかけるのないんですか~(笑)?

寺島さんが珍しい選曲。
マイク・レズニコフのアルバムから《アイ・サレンダー・ディア》
クラリネットがなかなか良い味を出している演奏でした。
なかなか良かったです。
寺島さんはドラムのブラシの音が良いと言っていました。
いつものオーディオがらみ選曲(笑)。

ラストはアルト・サックス奏者吉野ミユキさんの新譜『ストレイトアウェイ』から。
吉野さんといえば、私が先月の「メグの会」に行った時にいらした方です。
このアルバムのライナーノーツは岩浪さんが書いています(笑)。
寺島さんは「吉野さんはバッパーなので、今こういう人はPRしにくいんですよ。」
みたいなこと言っていました。
単なるバッパー+αがほしいということのようです。なるほどね~。

今、ジャズ喫茶「メグ」http://www.meg-jazz.com/のライブ・スケジュールを見たら、
昨日が安井さち子さんのスペシャルライブで、
今日が吉野ミユキさんの新譜発表記念ライブでした(笑)。

最近の「PCMジャズ喫茶」は逐一文字化する内容ではないんですよね~(涙)。

|

« 最初に買ったジャズのレコード | トップページ | マイナー・ピアノ・トリオがマイ・ブームだった頃もある。 »

寺島靖国のPCMジャズ喫茶」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。

そうなんですよ。安井さち子さんはジョアン・ブラッキーンに師事していたんですよ。半年くらい前にプロフィール見て驚きました。
オイラはブラッキーンは好きなピアニストです。ニューヨークのクラブでブラッキーンとセシル・マクビーのディオを聴いて好きになりました。
でもブラッキーンはズ〜ッと、ハッパできめていてラリッていましたよ。
ちょこっと話したマクビーは呆れていましたが、ピアノは良かったです。

今回の安井さんのアルバムは、ピアノトリオに拘らずに管を1本入れた方がいいのに〜と思いながら試聴しました。
そうじゃないとサロンミュージックになってしまいます。管を1本入れる勇気も必要だと思いますよ。ピアノトリオでの勝負は厳しいでしょう。

さて、話は変わって、オイラこの頃「ジャズ禁止令」が出ていて、音楽が聴けないんです(笑)。
仕事がツマっていて、キクちゃんから「仕事中は音楽をかけないでください」と言われたからです(泣)。いつもは「JBS」に避難するのですが、クライアントも頻繁に出入りしているので、オイラも居ない分けにもいかない。
もう10日くらいそんな感じなのです。
ところが、発見があったのが、キクちゃんが帰った後に一人で1〜2時間聴くジャズがスゴク旨いんですよ。しかもレコードで!かなり幸せな気持ちになります。当然、メインシステムです。
仕事後のノドカラカラの時のビールのように旨い。これがCDだとそうでもないんですよ。
オイラ、ジャズのアルバムは、お気に入りのレコードを5枚くらい持っていればいいかも?と思いはじめています(笑)。
何か違う時間に連れて行ってくれるんだよね。

投稿: tommy | 2009年8月20日 (木) 02時01分

tommyさん。こんばんは。

ブラッキーンも見たんですか。
ラリッていたってというのも凄いですね(笑)。
私もブラッキーンは結構好きです。

安井さんについては、ピアニスト・リーダーのアルバムということだと、本人がどう考えるかは別として、製作サイドは管を入れるのはなかなか難しいんでしょうね~。売れ線はピアノ・トリオでしょうから。

>オイラこの頃「ジャズ禁止令」が出ていて、
>もう10日くらいそんな感じなのです。

それは大変です(笑)!

>キクちゃんが帰った後に一人で1〜2時間聴くジャズがスゴク旨いんですよ。しかもレコードで!かなり幸せな気持ちになります。
>オイラ、ジャズのアルバムは、お気に入りのレコードを5枚くらい持っていればいいかも?と思いはじめています(笑)。

それって、悟りの境地に入りつつあるんじゃないですか?
ハービー連続聴きで、日蓮上人に導かれてしまったとか(笑)?

投稿: いっき | 2009年8月20日 (木) 20時38分

こんにちはぁ。
ジャズ批評出ましたねぇ♪
特集になった2人のピアニストのイラスト表紙がとっても素敵でした。

いっきさま、高野さまの頁はすぐに読みましたよン。
しかし、ドラマーって、じいさまになっても老いて盛ん、、って、感じですよね。。
やっぱ、全身運動は、長生きと頭の回転がよくなる秘訣だろうか。。
ボクシングダイエットの次に流行るのは、ドラムダイエットだねぇ。。

わたくしは、ヘンナこだわりとかあまりないんだけど、、凄い意固地なのネ。。(性格が悪いとも言う)
一度嫌だ思うと、意地でもソッチを向かないの。
でね、絶対、どんなことがあっても買わないぞ、って、決めたレーベルが二つあるんだけど。。
まぁ、、高野さまのお言葉で、もう一回くらいチャンスやるか、って、気分になってしまいました。(爆)
つうか。。ほしいアルバムが出たのネー。(爆)

>ナ・ユン・ソンの『ヴォヤージ』

わたくしも持ってるんです。
ジャケ買いでなくて(笑)、、大好きなベーシスト、ラーシュダニエルソンがプロデュースしてるから。
彼のオリジナルも歌ってますから。
実は、150号で岩浪さんがこのアルバムを紹介シテルノみて、驚いたのです。

投稿: すずっく | 2009年8月26日 (水) 16時35分

あぁ!!まだ、変態時間だ!!

投稿: すずっく | 2009年8月26日 (水) 16時35分

すずっく様。こんばんは。

返事が遅れてすみませぬ。本日地元に大西順子さまがいらしたので、ライブを見てきました。疾走する機関車の如きピアノにやられました。

>ジャズ批評出ましたねぇ♪
>特集になった2人のピアニストのイラスト表紙がとっても素敵でした。

そうですね。
表紙にイラストが使われたのは久しぶりですよね。
なかなか良いイラストだと思います。

私もすずっく様のページは最初に読みましたよ。
一応軽さを競っているわけですし(笑)。

紹介されているアルバムのスティーブ・キューン&ジョー・ロバーノのコンビには、私もちょっと意表をつかれました。気になるリストには入っていますので、中古で見つけたら購入すると思います。私の好きなキューンのアルバムは『トランス』や『モストリー・バラッズ』かなっ。

>ボクシングダイエットの次に流行るのは、ドラムダイエットだねぇ。。

それっ、面白いです(笑)。是非やりたい!

>凄い意固地なのネ。。(性格が悪いとも言う)

そうなんですか?そんな風には感じませんが・・・。

>絶対、どんなことがあっても買わないぞ、って、決めたレーベルが二つあるんだけど。。

そのうちのひとつはACTレーベルですか?
ヤン・ラングレンの新譜も買われていましたよね?
もうひとつは何なのか興味深々です。

>大好きなベーシスト、ラーシュダニエルソンがプロデュースしてるから。

ダニエルソンの深いベースは私も結構好きです。
にしても、岩浪さんの評価軸はいまいちよくわかりません(笑)。

変態時間、ご勘弁下さい。

投稿: いっき | 2009年8月27日 (木) 00時34分

おはよぉ。。ございます。
とりあえず。。

>そのうちのひとつはACTレーベルですか?

いいえ。(キッパリ)
ACTは、ダニエルソンのアルバム沢山出てるし、最近はラングレンも居るし。お気に入りダイ。

日本のレーベルよぉ。(笑)
名前は言わないけど。。。ね。。

大西さまは新潟でもかなり気合い入ってようです。
無料のジャズフェスだったけど、タイミング悪くていけなかったのね。

投稿: すずっく | 2009年8月27日 (木) 08時21分

すずっくさま。こんばんは。

>いいえ。(キッパリ)

勘違いしてしまいました。
ヤン・ラングレンのやつ紹介されていましたもんね。

>日本のレーベルよぉ。(笑)

なるほどVレーベルとTレーベルですね(笑)?
私もジャズ&オーディオの良心に問うと、なかなか買えないんです。
とは言っても、Vレーベルは何枚か持っています。

>大西さまは新潟でもかなり気合い入ってようです。

そのようですね。
すずっくさまのブログを読んで、期待が高まっていました。
昨日もかなり気合いが入っていましたよ。
で、色々なものが見えてきたライブでした。
レポートをお楽しみに!

投稿: いっき | 2009年8月27日 (木) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PCMジャズ喫茶」のことを適当に。:

« 最初に買ったジャズのレコード | トップページ | マイナー・ピアノ・トリオがマイ・ブームだった頃もある。 »