« とうとう「メグの会」へ行ってしまった(笑)! | トップページ | SJ誌の「読者通信」恐るべし! »

デヴィッド・マシューズさんの貴重なお話など。

昨日の「高野 雲の快楽ジャズ通信」
「アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ特集」でした。
ゲストはマンハッタン・ジャズ・クインテットのリーダーでピアニストの
デヴィッド・マシューズさん。大物ゲストの登場です!
番組の詳細は 「快楽ジャズ通信」 をご覧下さい。

今回はマシューズさんへの質問と回答を書きます。
番組を聴きながらのメモを元にしていますので
聞き逃しがありますし、かなり要約して書いています。
ご容赦願います。

Q.マシューズさんにとってのジャズ・メッセンジャーズ(JM)とは?
高校生の頃に、一番かっこいい音楽だったそうです。
ハッピーでエンジョイな音楽。
そのフィーリングをめざしてマンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)を作ったとか。

Q.雲さんが好きな曲JMの《モザイク》を聴いての感想は?
いつもMJQでやるレパートリーを決めるときはメロディーで選ぶそうですが、
MJQの新作に《モザイク》を入れたのは
この曲にエキサイティングな演奏を誘発する要素と
インプロヴィゼーションを掻き立てる要素があったからだそうです。

Q.JMの《モーニン》を聴いての感想は?
ベニー・ゴルソンから聴いた話ということで。
当時、ツアーのサウンドチェックの時、ボビー・ティモンズが、
この曲の始めの方のフレーズをよく弾いていたそうで、
それを聴いたゴルソンが、ティモンズにブリッジ(サビ)部を書けと言って、
この曲ができたとか。(私、初耳です!)

Q.MJQの新作から《モーニン》を聴いた雲さん。
  「演奏後半に出てくるフレーズはマシューズさんの作曲ですか?」
ブルージーなスタイルがこの曲に似合うだろうと作曲したそうです。
「ライブではこのフレーズところでお客さんが盛りそうですね。」と雲さん。

Q.JMの歴代ピアニストの中では誰が一番好き?
ホレス・シルバー。
どなたも素晴しいのですが、シルバーが最もクリエイティブで作曲が優れ、
ブレイキーとの組み合わせが良いとのことです。

<アフター・アワーズ編内での質問>
Q.今回なぜアート・ブレイキー・トリビュート・アルバムを作ったのか?
今まで、たくさんの偉大なミュージシャンに捧げたアルバムを作ってきたし、
ブレイキーの主要レパートリーも演奏してきたんですが、
今回はブレイキーのレパートリーのみのアルバムにしたかったそうです。

オフィシャルなので、マシューズさんは英語で回答していました。
続けてそれを訳して放送する形となりました。
実はマシューズさん、日本語も上手いそうです。
番組最初と最後に、「ヨロシクオネガイシマス」「アリガトウゴザイマシタ」
と日本語でしゃべっていましたよ。

収録は長時間だったそうですが、番組は1時間弱。
曲をかけながらとなると、番組中で紹介できるマシューズさんとの会話は
結構限定されてしまったみたいです。
編集の苦労も感じられる放送になっていました。

MJQの新作『25―アート・ブレイキー・トリビュート』から《危険な関係のブルース》
をかけて番組終了。

<アフター・アワーズ編>
貴重なマシューズさんと雲さんのセッション!
ブルース(キーはB♭)の演奏。これが凄く良かったです。
マシューズさんはタッチの強弱と抑揚に凄く雰囲気があるし、
フレーズもブルージーで心地良いことこのうえなし。
雲さんのベースとも凄くマッチしていました。
最後は途中フェード・アウトと思ったのですが、
そこのところでピタッと終わったそうです。
今度の木曜日にもう一度聴きなおします。

なるほど、フェード・アウトするところでピタッと終わっていました。
今回はヘッド・フォンできいたので、
マシューズさんの鼻歌もかすかに聞こえて楽しそうな様子が伺えました。

|

« とうとう「メグの会」へ行ってしまった(笑)! | トップページ | SJ誌の「読者通信」恐るべし! »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。

連休お疲れさまでしたでした。
今回は体調不良で残念でしたが、また遊びましょう!

投稿: tommy | 2009年7月21日 (火) 02時08分

いっきさん

じつは、あれフェードアウトじゃないんですよ。
「このあたりが潮時かな?」と感じて、私がベースから手を離したと同時に、マシューズさんも、キーボードからパッと手を離した。で、演奏終了。

ナイス・タイミングの一致!って感じでフェードアウトのところで、私のワハハとディレクター嬢のわ~!の声がはいっているんですね。

もとより、突然はじまったセッションなので、我々としても、なにかキメやオチをつけて終わらそうという意識は毛頭なく、終わりたいところで終わればいいや、って感じの「会話」のようなものでした。

オフィシャルな演奏は「スピーチ」のようなのもなので、ラストには「オチ」や「ごあいさつ」を設けるものですが、気軽に交わされる「会話」には、オチとか結論って普通はありませんよね?
それと同じノリです。

投稿: | 2009年7月21日 (火) 08時02分

こんばんは。

tommyさん。

先週は体調不調で大変でしたね。
はい。また遊びましょう。

雲さん。

>ナイス・タイミングの一致!って感じでフェードアウトのところで、私のワハハとディレクター嬢のわ~!の声がはいっているんですね。

うっ、私そこのところをちゃんと聴いていませんでした。
今度の木曜日にもう一度ちゃんと聴きます。

投稿: いっき | 2009年7月21日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デヴィッド・マシューズさんの貴重なお話など。:

« とうとう「メグの会」へ行ってしまった(笑)! | トップページ | SJ誌の「読者通信」恐るべし! »