« 最近オーディオの虫が・・・ | トップページ | ジャズ批評No.150、おめでとうございます! »

マイク・スターンのこれ知ってますか?

今日はマイク・スターンをいってみましょう。
tommy さんが日曜日に渋谷のヤマハでマイク・スターン&クリス・ミンドーキーのミニ・ライブを見たということをブログに書いていたので、私も便乗して書いてみようということです(笑)。私はマイク・スターンが好きなのに、まだブログで取り上げていなかったんだよね~。

P54 それでどのアルバムを紹介しようかと思ったのですが、一筋縄ではいかないのが私(笑)。これですよ。スティーヴ・スレイグル~マイク・スターン『ハイ・スタンダーズ』(1982年rec. ポリドール)です。メンバーは、スティーヴ・スレイグル(as)、マイク・スターン(g)、テッド・ソーンダース(p)、ハーヴィー・シュワルツ(b)、ヴィクター・ルイス(ds)です。

当時スレイグルはカーラ・ブレイのバンドで活躍中であり、スターンはマイルス・グループで活躍中でした。このアルバムのプロデュースはカーラ・ブレイ。自分のところのスレイグルの初リーダー・アルバムを作るにあたって、異色なスターンを組み合わせたんだろうと思います。この辺りのセンスがカーラならではです。

スレイグルはバップの伝統を色濃く残しつつ、8ビートもこなす柔軟性を持ち合わせた人です。音がギュッと詰まっていてなかなか良いです。フィルッズ系かな~と言うと、思い浮かぶのは悪しきリッチー・コールなのですが(笑)、テクニックで吹き倒す感じではないし、エンターテインメント性はリッチーほどありません。意外とオーソドックスに吹きます。でも今一華がないんだよな~この人(笑)。

さて、今日の主役はスターンのほうです(笑)。スターンはもともとロックから入って、バークリー音楽院でパット・メセニーに師事してジャズに来た人。このアルバム録音当時までの流れは、ブラッド・スエット&ティアーズ⇒タイガー大越(tp)のタイガーズ・バグ(フュージョン)⇒ビリー・コブハム・グループ⇒マイルス・バンド。ロック~フュージョンしてますよね~。

私がスターンを知ったのはジャズを聴き始めてすぐに買った『ウィー・ウォント・マイルス』。そこでのギンギンのロック・ギターが好きでした。私が好きになった最初のジャズ・ギタリストです。次に好きになったのはマイルス・バンドの後釜ジョン・スコフィールド。その次がパット・メセニー。私が正当派ジャズ・ギターの良さを知るのはもっと後なのでした。

そんなスターンが、このアルバムではタイトルどおりにスタンダード曲をいくつか取り上げて、4ビートでジャズを弾いています。とは言ってもスターンのこと、スターン節は随所に登場します。この人が繰り出す早いパッセージでのフレーズのドライヴ感が私は好きなのです。でもこれってメセニーにも共通していますね。さすがは師弟です。これを辿るとパット・マルティーノやタル・ファーロウへと行き着くようです。そして、これが私を捉えるポイントだということが改めて分かりました。

このアルバム全体のサウンドは、フュージョンを通ったうえでのバップにつきると思います。ベースのシュワルツにしても、ドラムのルイスにしてもフュージョンもやる人達ですから、何とも軽やかでポップ・ロックのニュアンスを含む演奏になっています。そこにカーラの選曲を含めたポップなセンスが見え隠れするところが◎。「バップ命!」な頭が硬い人には敬遠されるでしょうが、ほおっておきましょう(笑)。

私はA面ラスト《モーメンツ・ノティス》とB面ラスト《スピーク・ロウ》のアップ・テンポでの軽やかにしてグルーヴィーな演奏が大好きです。

余談ですが、数年前からスレイグルはギターのデイヴ・ストライカー(g)との双頭バンドで何枚もアルバムを出していますよね。これって、初リーダー作の本アルバムでのスターンとの共演のエコーではないかと思うのですが、どうでしょう?

アルバム名:『HIGH STANDARS』
メンバー:
Steve Slagle(as)
Mike Stern(g)
Ted Saunders(p)
Harvey Swartz(b)
Victor Lewis(ds)

|

« 最近オーディオの虫が・・・ | トップページ | ジャズ批評No.150、おめでとうございます! »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

この文章にトラバするのは、、ちょっと、気がひけますが。。
マイクスターン、、ご近所で誰も取り扱ってないんだもん。(爆)

マイキーって、すげぇ進化してるとか、ソンなんじゃないけど、停滞シテルわけでも、過去にしがみついてるわけでもなくて、その前向きなパワーに圧倒されました。

トラバします。

投稿: スズック | 2009年7月 3日 (金) 12時20分

スズックさま。こんばんは。

気が引けるなんて、そんな・・・(笑)。
ご近所さんはマイク・スターンを取り扱えないんですかね~?私としては多くの方に取り扱ってもらいたいんですけど(笑)。

私の知る最近のマイキーさんは2003年のアルバム『ディーズ・タイムス』なので、極近況は知りません。
前向きなパワーを持っているなんて素敵なことですね~。ライブを見に行ったスズックさまが羨ましいなあ~。

トラバ、どうもです。
私も後でトラバさせていただきます。

投稿: いっき | 2009年7月 3日 (金) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイク・スターンのこれ知ってますか?:

» その右手に、、触れるべからずぅ。 [MySecretRoom]
縁は異なもの味なもの、、って、思うのですが。。ライブもそうねッ。。去年、ブルーノートにランディ目当てでMikeSternバンドを聴きに行ったのですが、思ってた以上にかっこよかったのでした。ランディは還暦を過ぎたジイサマなのですが、、余芸に生きてるかもなぁ。。っ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 12時21分

« 最近オーディオの虫が・・・ | トップページ | ジャズ批評No.150、おめでとうございます! »