« エラ・フィッツジェラルドを聴きながら | トップページ | そろそろ新譜紹介 »

この人もたくさん集めてしまいました。

今日もいきます。私って軟派だよねっ!シリーズ(笑)?
最近のニューヨーク・ダウンタウンのジャズがどうのこうのと言っている人が
「こんなの聴いてるの?」なやつです。
新譜も買ってはいるのですが、レビューがなんとなくめんどくさい今日この頃。
では参りましょう!

木住野佳子(きしのよしこ)です。寺島靖国さんの本を読んで、新しいジャズはピアノ・トリオだと思っていた頃に聴き始めたのです(笑)。この人を知ったのはもちろん寺島さんの本で紹介されていたからですよ。

P34 こちらはファースト・アルバムの『フェアリー・テイル』(1995年、GRP)です。このアルバムについてはブログを始めて間もない頃に、「いい女ピアニスト2人」のうちの1人として紹介しました。もう1人のいい女は誰かって?イリアーヌにきまってるじゃないですか(笑)。
以下参照。
http://ikki-ikki.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_e73b.html

その時、ジャズを初めて聴く人にオススメなのがこれだと書きましたが、まあそれは一般の人がジャズに抱いていると思われる、お洒落で大人のカッコイイ音楽を体現しているからです。私は特に若い女性にオススメしたいです。エバンスではなくてコレねっ(笑)!

GRPからデビュー(日本人初で唯一)したんだから大したものです。このアルバムに収録された《オンリー・トラスト・ユア・ハート》は必聴。マーク・ジョンソン(b)ピーター・アースキン(ds)による極上ロールスロイス・リスムに乗った、激甘キミに胸キュンなナンバーです(笑)!

木住野さんはクラシックを学んでいてジャズに転向したのですが、中高時代は「ロック姐ちゃん」だったとか。大学ではクラシックを学びつつ、フュージョンも聴いたようですし、ヤマハのポプコンで「ベスト・キーボード賞」を受賞したこともあります。最初のジャズ・アイドルがオスカー・ピーソンで、ジャズへの傾倒はビル・エバンス研究という形で深まったとのことです。う~ん、色々な音楽をやってますよね。

P43_2 実は私が最初に買ったのはこちら『ユー・アー・ソー・ビューティフル』(1999年、UNIVERSAL VICTOR)。4作目です。メンバーは木住野佳子(p)、古野光昭(b)、安ヵ川大樹(b)、市原康(ds)、岩瀬立飛(ds)です。

このアルバムでGRPから移籍しています。前作はフュージョン系だったのですが、木住野さんはフュージョンが嫌で移籍したのかな~?

そして、このアルバムから弾いているピアノが変わっています。それまでのGRP時代はスタインウェイだったのですが、本作からベーゼンドルファーに変えました。この人のCDには使っているピアノが記載されている場合が多いです。使っているのはベーゼンドルファー#290インペリアル。ジャズ・ピアニストでベーゼンドルファーを使う人は少ないはずです。ベーゼンドルファーと言えばやっぱりクラシック。

木住野さんのピアノは女性らしくて深い情感を湛えています。最近の女性ジャズ・ピアニストはどちらかと言えば男のようにガンガンカラッと弾く人が多いので、逆に珍しいとも言えます。その深い情感がベーゼンドルファーの重厚な音によって生きてくるということで、ピアノを変えたのは正解だと思います。

弾くフレーズはとても分かりやすくて甘め、きっとポップやフュージョンをたくさん聴いてきたからだろうと思います。でもちょっと甘さ多目な感は否めません。糖尿病の中年おじさんは摂取を控えることをオススメします(笑)。この人、ジャズだけれど昔風に言えばカクテル・ピアノととれなくもない。かなり微妙なところにいるのですが、私はそれも悪くないと思っています。

さて話はちょっと変わって、ジャケ写について。この人のジャケ写はいわゆる「パネ○○」ってやつです(笑)。美人ではないと言っているわけではありませんよ。美人だと思いますが、もっとゴッツイお顔なのです。スイングジャーナル誌の表紙でお見かけした時にそう思いました。テレビでも見たことがありますが、むしろホワンとした雰囲気はジャケ写のイメージ通りです。

私は寺井さんだけでなくこの人もかなりCDを買ってしまいました(笑)。
2作目『フォトグラフ』、3作目『ランデブー』、6作目『テンダネス』、8作目『シエスタ』
デビュー10周年記念『タイムスケープ』『ハートスケープ』、計8枚!
『ハートスケープ』のみ中古CD、他は新品を買いました。
日本ジャズ界活性化のために貢献してますよね(笑)。

そういう私も2005年に『ハートスケープ』の中古を買って以来ご無沙汰です。
最近は若い女性ジャス・ピアニストがたくさん出てきたので、
木住野さんもなかなか話題になりませんね~。
私は秘かに応援していますよ(笑)。なら新譜買えって?

|
|

« エラ・フィッツジェラルドを聴きながら | トップページ | そろそろ新譜紹介 »

日本人ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/30143655

この記事へのトラックバック一覧です: この人もたくさん集めてしまいました。:

« エラ・フィッツジェラルドを聴きながら | トップページ | そろそろ新譜紹介 »