« 吉祥寺ジャズミーティング! | トップページ | 最近オーディオの虫が・・・ »

ウィントンはやっぱり凄い&クールな小川さん

昨日の「高野 雲の快楽ジャズ通信」「ウイントン・マルサリス特集」
ゲストは音楽ジャーナリストの小川隆夫さんでした。
番組の詳細は「快楽ジャズ通信」をご覧下さい。

小川さんと言えば、かつてニューヨークに留学されたこと(1981~3年)があり、
アパートの隣にはウイントン/ブランフォードのマルサリス兄弟が住んでいたことで
有名です。著書「となりのウイントン」もあります。
今回はウイントンに関する貴重なエピソードを聞かせてくれましたよ。

1曲目、「これ聴かなきゃダメ。」はないけれど、
小川さんが当時ウイントンを聴いた時の凄さを彷彿とさせるというバラード曲。
『ウイントン・マルサリスの肖像』から《フー・キャン・ターン・アイ・トゥ》

落着いて余裕を感じさせる演奏です。
弱冠19歳とはとても思えません。
(以降緑字は、私が曲を聴いての感想他です。)

小川さんは「単なるテクニックではない、バラードを聴かせる表現力がある。
当時これほど吹ける人はいないと感動した。」と言っています。

次はアップ・テンポの曲。
『シンク・オブ・ワン』から《ノーズ・モウ・キング》
小川さんはウィントンから「ドアから覗いている感じのジャケット写真を
撮りたいんだけど、どこか良いところを知らないか?」と言われたそうで、
アールデコ調の日本レストランの入口のドアを教えたんだとか。
そのドアがジャケット写真のものだそうです。

やっぱり最初はウイントンのテクニックに耳がいきます。
完璧なトランペット・コントロール。この人凄すぎます。
サウンドがクールなんですよね~。
ブランフォードもやっぱり凄いと思いますよ。
ウイントンが余りにも凄いのでブランフォードがちょっと損しているかも?
今日的なサウンドです。
これ今年発売されたといってもわからないんじゃないでしょうか?

小川さんは当時のウイントンをヴィレッジ・ヴァンガードで目の当たりにしている
そうで、凄かったようです。
この曲では凄いウイントンのソロのあとに、ブランフォードがちょっと緩めに
出てくるのですが、小川さんによると2人の性格の違いがここに出ているそうです。
ブランフォードは「ノーテンキ」らしいです。
この2人はデコボコ・コンビで相性が良かったそうです。

ここでウイントンについての話。
ウイントンはポップスも聴き、若い時にはフュージョンもやっていたそうです。
家ではマイルス命の時もあったとか。
「僕らの勝手なイメージで、アコースティック・ジャズについてばかりインタビュー
するから、ウイントンのまじめでジャズにストイックなイメージが世間に
広がったのではないか。」と小川さんは言います。そして、
「初めにイメージありきでジャーナリストは質問しがちで、それは問題あり。」
とも言っています。
その辺りにウイントンは不満があるようだとも言っていました。

小川さん著「となりのウイントン」に書いてある話の中から、
ブランフォードがマイルスの『デコイ』のレコーディングに参加した時の面白い
エピソードも話してくれました。そこにウイントンらしさがあると言っていました。

次はジャズ以外の2曲。
まずはウィリー・ネルソンとの共演『スターダスト』から
《マイ・バケッツ・ゴット・ア・ホール・イン・イット》

続いてクラシック、『くまん蜂の飛行』から《パガニーニ作曲 常動曲 作品11》

クラシックってやっぱり超絶技巧が必要なんですよね。
こんなのが吹けるジャズ・トランペッターってウイントンくらいなのでは?
循環呼吸を使った絶え間ない演奏です。凄いっ!

演奏を聴いたあと雲さんと小川さんが、
「後にいくほどクレッシェンドで大きい音になっていくのが凄い。
これに比べればジャズでバリバリ吹くのは楽勝。」なんて言っています。
この曲は元々バイオリン曲なのに、トランペットでやっているそうです。

ここでまたウイントンの話。
ウイントンはタバコを吸わないしお酒も飲まないらしいです。
ただの若者で、堅物のイメージはないということでした。
小川さんはそういうイメージになる前に知り合ったそうです。

次は雲さんの選曲。
『スタンダード・タイムVol.1』から《キャラバン》のさわりをかけて、
「《枯葉》のリズム・チェンジは難しい。10の力を出さず7の力で吹く。
余裕綽々で吹く。そこがクールでかっこいい。」と雲さんが話します。

それを受けて、小川さんが当時ウイントンが考えていたこととして、
「ジャズのそれまでのイメージを変えたい。ジャズミュージシャンのイメージが悪い。
ジャズをソフィストケートさせたい。ソフィストケートされたジャズマンがいても良い。
自分の世代のハード・バップを強く意識いていた。」と話します。
そこがハード・バップ好きからは醒めていると感じられるのだろうとも言います。
続けて、そういうウイントンを好きか嫌いかは個人の感性の問題と言います。

以上に関しては是非こちら 「快楽ジャズ通信」 をお読み下さい。

以上の話は私も同意します。

でかけた曲は《スーン・オール・ウィル・ノウ》

さらっと吹いていますね。これがなかなか良いのです。

余談ですが、これって寺島靖国さんが一時期しきりにオーディオ・チェックに
使った曲(笑)。寺島さん著「JAZZはこの1曲から聴け!」の中で、
このアルバム&この曲を取り上げていて、そこには村井康司さんの
「ジャズの明日へ」の話題が出てくるという面白さです(笑)!

雲さんが「軽やかに高い音を吹き、日常感覚でサッと吹いている。」と言います。

ラストは『スター・ダスト』から《アイム・コンフェッシン》
ウイントンはサッチモのことを「ポップス」(これも通称)と言うらしいですね。
小川さんは「最初はポップスそっくりに吹いて途中からウイントンらしくなる。」
と言います。

「曲がかかっている間のエピソードを聞くとウイントンはいいやつと思った。」
と雲さんが言うと、小川さんは「ウイントンはちょっとおちゃめなあんちゃん。」
と言います。

これ気楽に聴けて良いと思いました。
ウィントン入門はこのアルバムが良いかもです。

今回はウイントンの魅力満載の番組でした。

そして、言うべきはきちっと言い、嫉妬されそうなことも嫌味なくサラッと話す
小川さん、トークの肌触りはウイントンのサウンドに近いのかも?と思いました。
小川さんはクールでカッコイイ人でした。

|

« 吉祥寺ジャズミーティング! | トップページ | 最近オーディオの虫が・・・ »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんにちは。
今日は、小川さんの「となりのウイントン」を読んでいます。小川さんがニューヨークに居た頃って、オイラが行った'81年、'83年頃なので、かなりニューヨークの状況や風景、気分が伝わって楽しめます。
オイラにとって、これはいい本です。ジャズ・エッセイとしては、真面目でかなりクオリティー高いです。ジャズが好きになる、前向きな本だと思います。
また、若い人にも観光、留学、ミュージシャンを目指すというところで、参考になると思います。

投稿: tommy | 2009年6月23日 (火) 17時36分

tommyさん。こんばんは。
お~っ、今度は小川さんの本を読んでいるのですかー。凄い読書量!放送を聴いていたら私も「となりのウイントン」も読みたくなりましたよ。なるほど若い人に参考になるというのは良いですね~。私はといえば雲さんから借りた「ジャズ解体新書」ボチボチ読んでいるところです。

投稿: いっき | 2009年6月23日 (火) 20時51分

「となりのウイントン」次合う時に貸します。
2〜3日に1冊のペースですかね。今はCDよりも本という感じ。本が山積み。
最近、オイラはアマゾンの中古の本を買っています。これは400円くらいだったかな?送料を入れて800円ほど。まぁ、読みたい本はクリックすれば1,000円以内で、2〜3日で届きます。できるだけ文庫、新書のサイズは避けオリジナルを買うようにしています。老眼だから(笑)。
日本経済に貢献していませんね。でも、送料340円は貢献しているかも?

投稿: tommy | 2009年6月24日 (水) 00時07分

tommyさん。こんばんは。
それでは「となりのウイントン」次回お借りします。
アマゾンの中古本を利用するのは賢いかもしれませんね。私も今度利用してみます。
私ももう老眼です。CDの字を読む時はほぼ虫眼鏡を使わないと読めません(涙)。
私もほとんどが輸入CD&中古レコード購入なので、日本経済にはあまり貢献していませんよ(笑)。

投稿: いっき | 2009年6月24日 (水) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィントンはやっぱり凄い&クールな小川さん:

« 吉祥寺ジャズミーティング! | トップページ | 最近オーディオの虫が・・・ »