« マイク・スターンのこれ知ってますか? | トップページ | 今日はマイケル・ジャクソンでしょっ。 »

ジャズ批評No.150、おめでとうございます!

ジャズ批評No.150が発売されました。
「150号記念特別号」ということで、ブログ・ウォーキングなどの連載記事はお休み。

地味な表紙ですね~。
ブログ・ウォーキングがないので、
創刊150号記念大アンケート”私とジャズ批評”に寄稿しました。
88ページに私のアンケートを掲載していただいています。
八八とはこれまた末広がりで縁起が良いではありせんか(笑)。

ブログ・ウォーキングのお仲間、
高野 雲さんとSuzuckさんも寄稿しています。

いや~っ、それぞれ個性が出ています。
そして3人がブログ文体なので浮いている(笑)?

Suzuck(My Secret Room)さんは、「1/250」の軽 を目指しているとか。
250っていうのは、ジャズ批評誌のおおよその総ページ数。
つまりジャズ批評誌の中で、一番軽い文章を目指しているらしいのです。
こう言っちゃなんですが、軽い文章なら私だって負けてはいないはず?
よ~し、こうなったら軽さで勝負するしかないなあ~(笑)。

152ページと153ページに筆者索引が出ているのですが、
私「いっき」が一番画数が少ない。
どうだ参ったか(笑)!

寄稿した方々の中には、
中山康樹さん、寺島靖国さん、横井一江さん、
渋谷のレコード店「disclandJARO」の店主柴崎さん、
川崎のCD・レコード「TOPS」の店主渡辺さん、
吉祥寺のジャズ喫茶「サウンド・カフェ・ズミ」マスター泉さん、
など、一応面識がある方々もおりました。

対談「菊地成孔×大谷能生」が面白いです。
サブタイトル「ジャズ批評誌の未来の鍵は女性が握る」がこの人達らしいですね。
現在のジャズ批評の編集部が全員女性なんだそうで、
これからの期待は「女性視線でジャズを斬る」ということです。
今や”草食系男子”より女性のほうがたくましいのです(笑)。

この対談の中に書いてあって初めて気付いたのですが、
表紙裏の広告はなんと、大企業”資生堂”だったんですね~。
今まで全くノー・チェックでした。
表紙の裏なんて見ませんから~(笑)。

凄いのは「ジャズ批評創刊号」がそのまま付録として差し込まれていること。
裏から右開き(昔のジャズ批評は縦書きです)で全ページあります。
表紙裏の広告が資生堂「MG5」。なっ、懐かしい!
裏表紙の広告が日本楽器 渋谷店。
「●あなたもMODERN JAZZのスペシャリストになれます。」だそうです(笑)。

創刊号の最初の記事が油井正一さん。
書き出しからカッコイイです。
やっぱり油井さんはセンスがあります。
今いませんよね~っ、こういう文章を書くジャズ評論家って・・・。

次の平岡正明さんはお堅い文章が時代を感じさせますね。
でも熱意があります。
そして鋭い分析は現在にも通用するところがあるように感じます。
創刊号は1967年に出たのですが、
この年は村井康司さんが切断面と捉える年です。
平岡さんの批評にはそれを感じさせるニュアンスが漂っています。

次の植草甚一さん。
レコードをどこで買ったとか、それを売ったとか、悲喜こもごも。
これって、意外と私がブログに書いていることに通じています。
もちろん私の文章力は植草さんと比較にならない稚拙さですが、
ここで言いたいことはよ~くわかります。

ラズウェル細木さんのマンガも面白いです。
廃盤漁りをする方は心当たりがありますよね(笑)。

以上のような具合で、ジャズ批評No.150は大変面白いので
皆さん是非読んで下さ~い!

|
|

« マイク・スターンのこれ知ってますか? | トップページ | 今日はマイケル・ジャクソンでしょっ。 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。。

昨日に遊びに来たら、メンテ中でコメント&トラバがだめでした。

ご紹介ありがとうございました。
いっきさまの投稿の文章よんで、思い出しました。
私、、お誕生日に完全ブルーノト何とか、、って、いただきました。
眺めているだけでも面白いですよね。
あれが、ジャズ批評社のものだったなんて。。(笑)
ホント、間抜けなわたくしです。

トラバしちゃいました。
マイクスターンもトラバしちゃおうかなぁ。。。

投稿: スズック | 2009年7月 1日 (水) 18時23分

時間が。。狂ってません??

投稿: スズック | 2009年7月 1日 (水) 18時24分

スズックさま。こんばんは。

>昨日に遊びに来たら、メンテ中でコメント&トラバがだめでした。

そうなんですよ。昨日の午後からniftyがトラブッてました。昨晩はアクセス不能でした。

>ご紹介ありがとうございました。

いえいえどういたしまして、スズックさまこそ私を紹介していただきありがとうございます。

>私、、お誕生日に完全ブルーノト何とか、、って、いただきました。
>眺めているだけでも面白いですよね。

「全ブルーノート・ブック」は本当に見ているだけで面白いです。そしてブルーノート・レーベルってやっぱり凄いと思います。

>あれが、ジャズ批評社のものだったなんて。。(笑)

そういうちょっとした思い違いって私もあります。結構ぼけっ~としていて、人から「知らなかったの?」とか言われます(笑)。

>トラバしちゃいました。
>マイクスターンもトラバしちゃおうかなぁ。。。

トラバありがとうございます。マイクスターンもどうぞ。後で私もトラバさせていただきます。

>時間が。。狂ってません??

そうなんですよ。6時間くらい遅れています。でも修正のやりかたがよくわからないので、そのままです(笑)。

投稿: いっき | 2009年7月 1日 (水) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/30281521

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ批評No.150、おめでとうございます!:

» ねぢれて咲いて素直なり。。 [MySecretRoom]
捩花はねぢれて咲いて素直なり   青柳志解樹ヨシカワさまのブログから頂いてきました。歳なんて、、とるものではない。。。なぁ。。もともと隠れ泣き虫なのですが、「女たるもの人前で泪など見せるな」と言う実に明快な祖父の教えの元、泣くのは布団の中と決めていたの...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 18時21分

« マイク・スターンのこれ知ってますか? | トップページ | 今日はマイケル・ジャクソンでしょっ。 »